FC2ブログ

自閉圏にこにこママのブログ♪ 

幼児教育・自閉症療育などの失敗、成功を書いています。転載OKです😘💕💕

Category: 自由保育(実践していること)

作られたものより、自然に近い遊び 

2013/11/04 Mon.

DCIM1617.jpg

DCIM1629.jpg

あえて検索に入らない題名にしました。
八○○越えに行ってきましたが・・・確執があったのですね
全然わかりませんでした。うちの岐阜の方も、合掌作りの町が大々的な観光地になり、住民の困った声も聴いてはいましたがいざ観光にいくとそんな雰囲気は感じたことはありませんでした。もちろん汚さない、駐車場もきちんと守り・・・という当たり前な事もしているのですが。

ネットで検索してみると、旅行者に向けて、迷惑をかけて楽しいですか・・・のような看板も沢山あるそうでしたが・・・さすが自閉圏、気づきませんでした
看板があるのは分かっていましたが、一部はがれていたりし、行政への言い分だと思っていました
しかしちゃんとはっきり書いてあるのもあったそうで。
正直言いまして、疲れでそんなことも目に入らない状態でよく、他の登山客は気づいたなあ~?と不思議です。。。
看板はあるのは分かっていましたが、内容が全く頭に入ってないのです。(これが自閉圏)

地元の人にも挨拶をしたり、されたり・・・悪い雰囲気は感じませんでした。まあ、四日市と大して離れてませんからね。しら~っとすり抜ける方法は獲得していますから

しかもこの道は、参拝?とかの意味もあったのですね
創価学会なのに…社会の偏差値45でしたので仕方ない。

6~7キロくらいの道のりでしたが、傾斜がものすごく登山用の恰好をしていかないといけないです。
ずっと何時間も2階に上がり続けている状態でした。のぼりは心臓破り、くだりは足の前の筋肉ばかり使ってがくがくになります。ジムに行っていてもこうですから。普段の生活環境にもよると思いますが。。
山奥ですし、確執もあり?で、お地蔵さんも沢山あり、お客もうちらだけ・・・霊感もあり怖い雰囲気もありましたが、ほぼ疲れで怖いというより、疲れたえらい
な感情しか、なくなりました。

霊感もくそもなくなりました

とてもきれいで子どもにはもってこいなちょっと高度な遊びですよ。
体力がよほどなければ小学生でも多分無理です。
うちの子らは、ぴんぴんしていました走って登っていましたからね。
動物は、いくつか出会いましたがおしゃべりな人と一緒であれば鈴はいらないでしょう。
多分看板も疲れで目に入らないとは思いますが、確執がなくなったらまた行きたいですね。


※ネットで再度検索したら、八○○越えは12㌔コースでした・・・
地図の読めない男性脳。






edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: 自由保育(実践していること)

熊野古道へ 

2013/11/03 Sun.



20キロは歩けるだろうとみていましたが、始神峠ですでにダウン気味になってしまいました~

体調が悪かったのかな?

しかも熊野古道と思って入った道が旧×10の国道だったりとか、方向音痴もええとこ。
コンパスも忘れ、子どもらに思考してもらいました。
お分かりでしょうが、こういう失敗には子どもはとても思考しますよ。
不完全なものが、子どもはよく成長します。
親が楽しむ姿勢があってのことですよ。親が嫌がったら、子どももずぼらになっていきます。


edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: 自由保育(実践していること)

IQ・社会性・運動能力を引き出す遊び 

2013/09/23 Mon.

DCIM1547.jpg DCIM1552.jpg DCIM1551.jpg

ついでにお金がいらない遊びです。
夫婦得意分野で分担し、遊具たっぷりな決まりきった外遊びだけでなくどろどろぐちゃぐちゃ遊びを取り入れると、子どもは能力以前に、とても素直になります。

こういった遊びをするには事前準備がいりますね。
着替えなしでできるわけがありません。
外遊び用の靴も数足用意。
当たり前な事が、できない現代。
と言っても、できない親御さんは、そう育ってきているからでもありますけどね。
そればかりでなく、「みんなと一緒でないと気が済まない」親御さんもですが・・・

車が汚れる・しんどいことしたくないetc・・・などを最優先することと、その時期にしか引き出せない潜在能力を出してあげるのとのと、どちらがお得でしょう。。



edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: 自由保育(実践していること)

夏の思い出 2013 

2013/09/01 Sun.

今年は忙しい夏で、あっという間に過ぎてしまいました。


DCIM1445.jpg
暴走族。
来年はバギーをやりたいと言っていました。一番好きそうだったのは三男でした。
三男は、一番ロハスに生活していますし、自転車や三輪車も持っていません(乗ってでかける場所がないため)が一度タイヤに衝突していましたが、うまかったです。

遊園地のゴーカートより面白ですね。遊園地のは規制があり過ぎてつまらない。

DCIM1459.jpg
何とかという有名な川でしたが、深いようでした。川魚が数匹死んでいて、泳ぐ気になりませんでした。
釣りの人が捨てていったのかな?いずれにしろ、要らない魚を釣らないでほしいです。
傷つけずに逃がしてやればいいのに。

DCIM1336.jpg
天然水族館は、春しか見れません。
大きく引くのが春しかないので。。
ナメクジと思ったらさわりたくないのですが、しっかりこれはウミウシ~と思えばさわれますね。
なんだか猫みたいでかわいいのです。

来年の夏はもっとゆっくりしたいですね( ^^) _旦~~

edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: 自由保育(実践していること)

夏の終わり 

2013/08/29 Thu.


15時過ぎたら一気に涼しくなり、うちと他の3兄弟・友達連れのみになっていました
遊び仲間がいると、どんな条件でも盛り上がりますね。
頭から滑れるスライダーはいつまで在るんだろう。将来が不安です。

ここにいると、懐かしさがあり、ホットするな・・・と思っていたら、やはり子ども時代に戻ったような同じ雰囲気があるのです。学校で楽しみだったのはプールと給食でしたからね
当時は学校の水泳で進級したくてしたくて、スイミングの選手をやっている子にへばりついて練習したものです。

みんな真っ黒に日焼けして海水パンツ一丁の中、全身防備・腕に浮き輪をはめている3歳くらいの男の子がいまして、目立っていました。
あんな小さなうちから、完全防備で、感覚機能をどうやって鍛えるのでしょうね。
親自ら、自分の子どもに感覚を感じなくさせているようなものです。感覚統合の逆をしているようなものです。気温も30度ないくらいでしたが。日差しもね。
どうして、怖い事ばかりするのだろうと、本当に疑問です。
その子が、訳ありの子であればそうするのもわかるのですが。



DCIM1343.jpg
一日プールを満喫し、周囲を散策しました。
夢中になり過ぎて写真をとり忘れました。自然がいっぱいな地域は生き物が多くて面白いのです。

遊具がなくても、観るものがなくても、私と子ども等は何時間も楽しめます。

でもゴミも多く、本当によくこんなきれいな海に捨てられるものだと呆れてものもいえませんね。
吸い殻を捨てるの、本当にやめてほしいですね。

一を聞いて十を知る次男は、
『人間以外はエコだ』

と言っていました。

この辺りのカニは落ち葉を食べるようです。そこにあるものを食べている。

人間はそこにあるもので我慢できない。

edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: 自由保育(実践していること)

遊ぶ時はしっかり遊ぶ 

2013/08/19 Mon.

でないと、子どもは言う事を聞いてくれませんし、絆も深まりません。
「ついで」では、ダメですね。

子どもと一緒に出掛けるようなうちは、必ず日程に子どもスケジュールを組んであげると今すぐに「結果」が見えなくても、必ず「良い結果」「報い」はあると思います。

きょうだいそれぞれの個性を尊重して遊ぶことも、結構難しいのですけどね。

絆が深まる夏休みに、将来人を思いやれる想像力のある人間になりますよう、しっかり遊んであげてください。

edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: 自由保育(実践していること)

遊びがうまい子は真っ黒黒&運動能力が顕著 

2013/07/21 Sun.

暑さがマチマチですね

スイミングや大会やその他もろもろで学校のプールを申込みませんでした。
兄弟年齢差も色々含めると数年利用してません。
私が小学校の頃は毎日学校のプールに友達と行っていましたけどね。
時代は変わる~

節約の旅へ行きました。
プールや海では、地元の子らが子どもだけで男女で来ていました。
うちらより、真っ黒・・・
すでに負けています
誰もDSなどもってきていません。当たり前ですね・・

そう、地域の環境差が子どもの環境に大きく影響してきますね。

どこのプールも飛び込み禁止なのですがうちらが行くプールは禁止ではありません。
なので、他の子らはバクテンで飛び込んだり、1回転して飛び込んだり、普通にしていました。
昔、そういうことやっている男の子を見たきりな気がしました。

そう、次男さえもこれはできないのでした。。負けた・・・
というか、これができる環境がここしかない。

遊んでいるだけで勝手に、運動能力を上げているようなものですね。
顕著なのは運動能力ですが、結局は脳にも影響されているということでもありますからね。


「どこから来たの?」

「四日市」

などとよく海水浴場のおじさんに話かけられますが、子どもが答えるたびに
「あぁ・・・」
などと。。

記憶に新しい出来事で四日市も変に有名になってしまったのかもしれません。

自分の周りの子育て環境はどうなのか、長い目で見た子どもの育ちを考えないといけないかもしれません。

育児の連鎖は、親や近所と殆ど同じになるか、真逆になるかという所が多いのですが、変えたいのだけどどうやって変えていいかわからないという人が、悪循環に陥る事となるような気がします。

真逆になる人は、そこですでに絶対に変えるぞ!
という気持ちが出来上がっているから出来るのであって、良くなるパターンが多いことと思います。

しかし大概は、自分の育ってきたように、子どもにもしてしまいますね。
それが、自分の中での常識になってしまっているので。
自分以外は、非常識 になるのです。

でも少しは環境を変えたい・・・と自覚していながら中々実行できない・・・
という人はあともう少し思考を振り絞って考えていただくと良いかなと思います。



国立公園・・・と書いてある所の山に登っていったら、片道6~7キロの山道でした。。。。
水筒なしで行ってしまったので汗をかきやすい長男が脱水になるかとドキドキでした。
たどり着いた先は断崖絶壁・・・山水が出ていたので私が毒味をし、全員水分補給をし、再度戻りました。
山水のたまっている所に、イセエビの子どもがいました。
海水でなくても生きられるのですね?

あらかじめ決められたことをするのは、「冒険」ではありませんね。
わかっているのだけど、いざそうなるとかなりドキドキしました。
でも無事にたどり着いた時は、とても達成感がありました。日ごろから全員鍛えていて良かった~~と思いました。
早朝から10キロ以上の山道・・・

edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: 自由保育(実践していること)

海水浴でわかる遊びの上手い家族 下手な家族 

2013/07/07 Sun.

猛暑といえば海水浴でしょう。

素足で遊べる・濡らしても平気・体力も付きますね。おまけに全部が感覚統合。


家族観察をしてみました。
目立つのは・・・お母さんは全身防備し、水着にもなってなく入る気なしでテントにこもっている。
混雑している海水浴場では、波打ち際で全身防御で立ち並んでいる母親ばかりが想像できます
うちが行くところは、有名な所でなく穴場なので混雑しない所ばかりです。
砂遊びの時に、たばこの吸い殻が落ちているのが許せないので。
普段の鈴鹿の海は一番近い所なので仕方ないですが。

ものは考えようで、「自分も楽しみを見つけたら?」ということ。

この気温で防御服で、余計イラッとしませんか。
泳いで頭を冷やした方が良いかもしれませんね。

子どもも、「お母さんとも一緒に泳ぎたい~」
と言いますね。でも、拒否る。お父さん任せだし、長時間の引きこもりも暑さでできなく、よって十分遊べないまま終わる。
上手い家族はその逆ですね。

でも、海に子どもを連れていこうと思うだけでも素晴らしいことですが。

自分も子どもと同じようにしないと、泳ぐとどれくらい涼しく感じるのか、疲れるのか、暑いのかがさっぱりわからないと思います。子どもの体調管理ができないということです。
日によって気温や体感は違ってきますので。

遊び上手な親御さんの子どもたちは、深い海でも子どもだけで進んでいったりできます。
きょうだい、または一人っ子でもテンション高く遊べるのです。


この気温で、長袖長ズボンで現れる家族。
泳がない予定たっだか知りませんが、何も用意してないようでした。
やはり、7月7日ということで人目を気にするのでしょうか。
人に合わせる生活って、大変だろうなと思います。

うちが全員泳いでいるのを見て、最終的にその子らは服のまま泳いでいました。
私も泳ぐというよりダイビングもどきをしますので、泳がない親御さんからしたら珍しいのか、長袖長ズボンお母さんも泳ぎはじめました。。

お母さんが引きこもりの所のお父さんには、うらやましそうな目で見られていました。
夫婦どちらかがアウトドアで、片方が違うと、本当大変ですからね。


上級家族は、、ボードに釣りセット?かなんかをセットし、銛?洩り?もりを片手に親子3人(5~6年生2人、お父さん)、いました。。
スゴイです。釣りでなくて、もりで魚を取るってすごいです。
長男に、友達になっとけと言っておきました。
うちより黒いし、負けた感が・・・

やはり周りの家族に触発されるのか、こういう所に来て、ぎゃあぎゃあうるさい事をいう親御さんはあまりいないですね。というか、無意識に私がそういう人がいない所を選んでいるのかもしれません。
有名な御座白浜も、砂浜はかなりごみが目立ちます。
駐車場も利用しにくいですし、子どもと一緒に楽しむには、駐車場がどうであるかなども必要になってきますね。子どもとストレスなく楽しむには、できるだけ駐車場が近い所が良いと思います。


今は子どもだけで外で遊べない時代ですね。言うまでもないですが。。
これから夏休み。
お父さんの休日を待たずに、お母さんだけでも連れて行けたら、子どもはもっと成長するでしょうね。
そこだけ、時代遅れと言いますか、平日の遊びは近所の公園で散歩。という法則がまだあるので、
子どもをとりまく環境が悪循環になっていると思います。
全て私のようにはできなくても、私も他の人のまねもできませんし、自分なりに今の状況を受け入れ、微調整していけば、良い結果が表れるだろうと思います。

edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: 自由保育(実践していること)

子どもの想像力とは生活習慣と同じ所がある 

2013/06/26 Wed.


雨ですね~
ランナーズハイの状態になるまで運動できなくなった私です


DCIM1287_20130626094230.jpg
粘土遊び。
三男一人の時は今は私は勉強を優先したいので1人で遊んでもらっています。
ですが自分で色々工夫してやっている所が良いですね。
こういう飴、売ってますよね。
三男がよく買う飴です。
お菓子も1人目だったらなしで生活できますが、2人目以降は難しいと思います。
禁止ばかりしなくても、死ぬまでお菓子生活ではないはずです。禁止して、IQや社会性が上がるなどの根拠もなく、しかし上げ過ぎはいけませんが。うまく利用する程度で誘導してあげると良いと思います。


DCIM1286_20130626094229.jpg

次に、他の色の飴を作っていました。
紙粘土も、最安値でいっぱい売ってますからね。

edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: 自由保育(実践していること)

類は友を呼ぶ 友達と20時まで外遊び 

2013/06/14 Fri.

広い公園で知り合いになった、三男と同級生のお友達とおばあちゃんとでなんと、20時まで遊ぶことになりました

三重県に越してきて、外遊びは乏しいけれど、優しい人が多いな・・・という印象で、自分の意見をあまり通さない人も多いので、公園で会ったとしても他県にいた頃のように友達にまでならないようにしてきました。
人に合わせる人が多いので、うちにわざわざ合わせてもらうのもなんだか・・・な話ですしね。

しかし、その子とうちの兄弟が意気投合し、最終的に20時まで暗闇で遊ぶことになり・・・
おばあちゃんとも話し込んでいると、、、
「うちと感覚が同じ」

だったのでした

「体裁よりも、子どもの今の笑顔を大切にすること」
「遊びの価値が高い」
「遊び方」
「子育てに完璧を求めない」
「怪我してなんぼ」


これらが合うと・・・すごい遊びに展開
友達は自転車で来ていたので、プチ暴走族に変貌し(いまどきのお子さんでしたが・・)、すごい技を見せてくれました。うちの子顔負け状態~

やはり外で遊び慣れている子だと、機敏で暴走族になっても怪我せずに遊べますね。
運動神経が発達しているということです。
年長さんでここまで運転できる子は、今はどのくらいいるでしょうね?

そのおばあちゃんの娘さんも、転勤族だそうで、関東などでは子どもはほとんど外遊びし、友達に困る事はない・・・とのことでした。わかるわ~
公園に行けば、だれかいる・・・状態ですもんね。
しかし、いない地域は、転勤族は地獄です

この辺りの土地も探していた時期もあったんですよね。
この地区に家を建てれば遊びに苦労しなかっただろうな~~なんて思ってしまいました。

edit

CM: 0
TB: --

page top

2019-07