[PR]弁護士検索 無料 アクセスカウンター

自閉圏にこにこママのブログ♪ 

幼児教育・自閉症療育などの失敗、成功を書いています。当ブログから得た情報をさくらいちご幼児教室・松尾香の書面による事前許可を得ずして出版・公開活動および電子メディアによる配信等により一般公開することを禁じます。(著作権)

Category: 療育方法

子どもの脳が向上するとき♪ 

2016/12/25 Sun.

書くことがまとまっていませんが。

1歳以降で、歩けるようになった子どもの、脳が活性化するときはいつでしょう?

「危機感を感じたとき」

です(^^)


親に虐待されるとかそんな危機ではありませんよ。

24日に、子どもらと県民の森に行くと、・・・数時間人っ子一人いない(;・∀・)
気温も高く晴れていましたが。。土日や気温が高い日は結構な人が来ます。

どこへいくのだ?
と考えると・・・・・・
おそらく無料のクリスマスイベントでしょうね。
わざわざ人込みにいって、何が楽しいのかしりませんが。
冗談ですよ(^^)たまには人込みも良いですね。

しかし、大人数が集まるだろうイベントに、価値はあるのかしら。クリスマスは毎年ありますし。

私は外で遊びこめる気温であることのほうが価値が高いです。

どうぜ完成形が予測できる終わり方で、時間をかけて答えは知っているようなものに取り組むだけですよね。
知能が平均以降の子どもはたぶんあまり楽しくないかもしれません。

健常児は一緒に行ってくれる大人への慈悲で、楽しく過ごしているだけで、本来はなにもないところでも親と語り合ったり一緒に走ったりする事の方が、子どもの思い出に残るんですよね。
といっても、その価値感は、全て周りの大人の言動で決まるのですが。


障害児は、つまんない!などと無慈悲な意見が(^^ゞ
直接言わなくても、あれ食べたいこれ食べるとか違うことをする方向にもっていくかもしれません。
人間て暇になってくると、食に走りますよね(笑)


広い広場でかくれんぼすることも、幼児には”危機感” を感じることになります。

もう少しでお話しができそうな子に、
「お口で言ってくれないとわかんな~~~い($・・)/~~~しーらないっ♪」
とわからないフリ(笑) も、”危機感” ですね。
いつもはなんでも応答してくれた私が(笑)


チャイルドシートが嫌な子には・・・
「チャイルドシートにのらんと、子どもは車にのれないから、じゃあ、先に帰るね。」とエンジンをつけ、私が先に車にのる。

(必ずPにし、手ブレーキもかけておくこと。Dにしない!)


脅す危機感や、嫌味をいう危機感ではありません。
そんなもんで教育できるわけがないですからね。


逆に、脳が活性化しないときとは。。
反対のことですね。人工的な遊び場で、安全が確保されすぎている場所などです。





























edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: 療育方法

つながらない知識 

2016/11/27 Sun.

だんだん書くのもまた面倒になってきました

IQがやはり知的ボーダーであるとか、70前後ですと、塾無しで中学校のテストで点を取ることは難しいと思います。
しかしそこは親御さんの考えに基づけば良いかなと思います。

塾と学校を併用して、点を確保することも良いと思いますよ。

ちょうど長男の話題になっていたのでついでに・・・
知識として習得はするんです。
しかし、それが未だつながっていないのです。だから点が取れない。
バラバラな知識です。
まず英語ができなくなります。

話し言葉も、まだ発展途上。同級生と話すくらいでしたら問題はありません。
また、聞いた言葉を受け取るとき、相手の意図とはまるで違う受け取り方をすることがあります。

そうそう、「会話・受け答え」
が苦手でしたよね。自閉圏内は。
きちんと教育されてないと、未だできないようですね。
これが苦手だと、国語が難しいです。

そういえばさくらいちごでもこういったことを強化して教育している子がいます。
5歳ですけどね(;^ω^)5歳の子と長男が同じ困り感とは

また、他人の言葉に影響されやすいです。というか信じ込んでしまう。
「証明は難しい」
と学校で訊いたのでしょう。
思い込み、自分にはできないと暗示をかけているようなものです。
なので自閉圏内の人には、余計なことは口にしないほうが良いのです。
先生は、”みんな”に対して言っているので、鵜呑みにすることはないのです。そこをしっかり理解させないと本人がたいへんですね。なので幼児期にしっかり教育を始めることが大切なのです。

このことが偶然私がわかったので、家で、「証明なんて、暗記するだけ・点稼ぎサービス問題」
と再度暗示を掛け直せたのですが。
それこそ、学校の出来事なんか話さない子ですよね。自閉圏内の子は。だから学校でどんな話題をしているかなどはすごくわかりにくいんです(>_<)

答案を見ると、空白で出しているんです。まずここから自信のなさと空白を埋めるというスキルがないことがわかります。
空白で出さないことや、図形などで長さを問う問題で、忘れてしまったら、目分量で書くなどできますよね。

また次回に。







edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: 療育方法

知的障害がある子の教育♪ 

2016/11/24 Thu.

自閉症が全く加わっていないタイプの子向けです。
少しでも自閉症があると、あてはまりません。

乳幼児期、幼児期から、何でも食べますので太りやすいです。
自閉症が入ってないということは、せっかちではないということです。
なので、食べるだけ食べて、動かないのでそういった要因から、太りやすいです。
太るといっても、ぽっちゃりではなく、平均的な子どもの2倍~3倍の体になるまで食べ続けてしまうんです。


大体幼児は、野菜が嫌いだったり偏食もありますし、好き嫌いがあります。
しかし、ほぼこういったことがないのが知的障害の子らです。

早い時期から、食べる量やカロリーを調整し、好きな外遊びを見つけることです。食事を忘れるような遊びを見つけるのです。
そして、体を動かして遊び、感覚統合をしていきます。
そうすることによって、満腹中枢も正常に近づくかと思います。

edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: 療育方法

なるべく園に入れないことを勧める理由♪ 

2016/11/21 Mon.

可能であれば、2年、1年保育をと進めています。
また、好きに休める園、行事の少ない園を・・・ということも言っています。
遊びの時間を確保したほうが、成長するからという理由からです。

しかし、結局入れてしまうと、いくら行事が少ない園でも、園以外で伸び伸びしている子どもと比べると・・・
どうしても動く範囲も、することも、限られてきますよね。
園の敷地内でしか、動けないんです。ましてや勝手に園庭に出て遊んでいい園は、かなり少ないですよね。
みんな一斉に外にいったり、やることは決まっているのがほとんどでしょう。

園が100坪しかなければそこでの範囲で動くことになりますよね。
田舎で、500坪ほどある園では結構遊べるかもしれません。
しかし、親と自由に遊べる環境とは、やはり比べることができません。

思いついたときが、絵を描くときなんですよね。
外遊びは、運動神経を鍛えるだけではないんです。
あっという間に伸びるのが幼児期であり、大変な中、しっかり育児していくと後悔することはあまりないですし。
寝顔をみて謝るくらいなら、日々もっと頑張ることですね。先日の講演じゃありませんが。
本を読んだり、動いたり、暑ければ川に逃げたり、年齢が上がれば習い事同様に専門的なことも教えたりもできます。
まあ、自分の子どもと四六時中一緒にいるのも、きついでしょうけどね(^^)

能力を出し切る時期であり、やったことは1つも無駄にならないということを実感しているから私はできたのでしょうけどね。
中々目に見えない成果を期待して、すすめることは難しいでしょうけど。

なので園に入れると、運動能力は家庭で鍛えないと伸びないと思っておいた方がよいです。

ヨコミネ式や、バディでしたっけ?あのような園であれば、かなり頭と脳も鍛えられるでしょうね。親御さんのサポートも要ると思いますが。
ヨコミネ式に50m走で負けた次男ですが、体格が-2SDということを考えるとまあ、勝てたかなと今は思います(;^ω^)

三男は、就学前にしっかり教えることが次男より少なかったので、足遅っという印象ですね(;^ω^)
正直、1年生の運動会で、ほぼドベのほうでありしかも負けるなとわかっていると無駄な力を出していない価値観にもびっくりでしたね~(;^ω^)
正直、人生のうち一番遊びが充実していたのは三男ですし、3~4歳の頃は足も速かったのですが、就学1年前にお仕事を始めてしまったので、その1年間は三男のために動いたことが少なかったです。
5~6歳の1年間も、重要な時期だったのだなと、実感しましたね。
たったの1年さぼっただけであんなにも差が出るとは思ってなかったですから。

まあ、園に入れるよりは成長したとは思いますが、次男と比べれないので(笑)
遅くもないですが、特別早くないという感じですね。お勉強もですね。1年も先のハイレベルはできないですしそもそも知っていることはもう勉強したくない人ですからね(笑)
ユングのタイプ論で、三男は外向型直観タイプなんです。
次男は外向型思考、私が外向型・内向型思考で、ほぼ次男と一緒の考え方をしています。つーかもう頭は次男に抜かされてますよ(;'∀')

まあ直観の子の勉強の仕方といったら、こんな面白いことはありませんね(笑)
スゴイ・・・としかいい様子がないです。
長男は外向型感覚タイプです。美しいものは好きですね。

口から生まれた口太郎の能力はそのまま残り、過去の栄光でない事、挙手ができること、堂々としていること、係りの仕事に責任を持てることなど、負けてもいいのだという価値、私とは正反対の能力でみんなと仲よくできることに感謝はしていますけどね♡

次男も三男も、私が見ていないところの説明はとてもうまくできます。
学校での様子などですね。なので筒抜けですみません。
子どもらは落ち着いていますので安心してくださいね。特別嫌われる子もいないようです。
でも入学して数年たち、人数も少ないので仲間意識が出てきているなと5年生は思います。習い事でもそうですが、男の子は、友達同士でも素直であること、少しくらい言われてもすぐ立ち直れる強さ、正義とは・・のような能力がないと中々友達と仲よくできないかもしれません。そういった子は、親を見るとよくわかりますね。

他者に伝える力というのも、大切だと思います。おそらく高学年くらいにならないとできない子が多いと思います。


話を戻しまして。
さくらいちごで関わっている親御さんでは、園に行っていてもうまくいっているケースが多いです。
やはり、「子どもと家庭が主体」で通っているからですね。
世間がどうのこうので通っていないんです。
なので休んでも何も言われない園であること、療育しながらの園生活であるので午後から登園してもOKであったり、寛容的な園にしてしまっていると言いますか。
月の半分休みながらのおうちもありますしね。こういった子は、運動能力が落ちないですね。
運動能力が落ちない=頭脳も落ちない
ということですからね。

また、少々休んでも、幼児期にはあまり関係ないですね。しっかり親御さんと遊んで、心を強く養い、再び集団に戻ってもなんともありませんよ。むしろ休みたいときは休んだ方がよいかもしれません。親御さんと一緒に遊んで、過ごして・・・能力があがらないわけがありませんよ。親と一緒にいても成長しないなどという産業があるようですが、真逆です。
休んだあと、その次の声掛けが、大切になると思いますが。

幼児教育が義務になったら、もっと人間の能力(頭と精神)が下がるだろうなとは思います。
そのころに、子ども10人につき先生が1人という配置になっていれば未だ大丈夫だと思います。

これは教育に関係ないかもしれませんが・・・休む理由が、海外旅行・・・と、わざわざ言うから、問題になるんですよ。
黙っていけば、問題にならないんですよね。なぜ、言うのかな?と本当に不思議なのですが。
もう少し、親御さんも強く、しっかり思考しないといけない時代かも、しれません。

















edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: 療育方法

自分の意志がない教育されていない自閉症の予後 

2016/10/26 Wed.

しっかり教育されているおうちは、関係ないですし、この記事がよく理解できるかと思います。

知能が平均以上で、自閉症の症状もあるけれど、勉強はできるから教育しなくていいや。
と、受容できないまま育ってしまった子。

小さいころ、他人のものばかりほしがっていませんでしたか?
自分が好きな物・・・ではなく、そこに居る他人がしていること、モノが気になってしょうがない。
自分が本当に好きか嫌いかも理解せずに。

親御さんに、「○○したい・ほしい」
と自己主張だけは一人前ですから、気づかない親御さんは、それが本人の意志だと勘違い。

本当の理由は、
「あの子が○○してるから・あの子が持っているものがかっこいいもの」
「あの子の食べているお弁当が食べたい・同じものがほしい」

と思っているだけなんですよね。これが行き過ぎていると、困り感となります。幼児特有のほしがる感でしたら、5歳以上になればまねっこはしなくなります。
無理に思い込む感じです。自分の好きな物を選択できないままですから。
2歳や3歳でしたら、まあカワ(・∀・)イイ!!だけで終わりますが、これが30歳や50歳の行動だったらどうします?
15歳の受験生が、自分の置かれた立場が分からず、友達が○○しているから、自分も○○する。

KY・・・ですね。
そして自分の人生を、大切に生きることができない。

少しの脳の癖を、しっかりと親御さんが受容し、教育を始めないと治りません。
治るものも、治らないんです。

障がいは治らないと言われていますが、実際に検査で特有の数字がでないこと、日常の行動がしっかりできるようになれば、私は治ったと表現しています。普通に学校に行き、周りともうまくやり、知能を生かしていれば、もともと障がい出身であろうと、関係ねえ~ですよね?
何か違いますか?


また周りにいる友人は、どんな思いをするか?
やはり・・・「うっとおしい・迷惑」
でしょう。

大人になっても自分で選択したものに、責任を負えなければ、結婚出産育児なんてできるわけがありません。
男でしたら、結婚仕事育児ですね。


edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: 療育方法

発達障害(自閉症)と、知的障害、精神病はそれぞれ違う 

2016/07/06 Wed.

発達障害、
多動性障害、
知的障害、

第四の発達障害、精神病、精神疾患

は、それぞれ独立したものです。

あえて言えば、病気ととらえていいものは、精神病でしょう。

あとは、脳の癖、というようなものかもしれません。

自閉症と、知的障害の症状も、似ているようで違いますよ。
併発している人もいます。
併発していない人もいます。

精神病と言われるもの、第四の発達障害は、自閉症の症状とよく似てしまっています。
ですが、違います。

自閉症と言われる脳の癖は、癖なのですから、赤ちゃん時代からあるのです。

精神疾患は、赤ちゃん時代はありませんよね(笑)
成長するにつれ、また大人になるにつれて、

成長段階での歪みゆえ、自閉症のようなことになってしまった状態

であると思っています。



また、ただの自閉症だったはずが、気づかずに(受け入れられずに)いて、工夫した教育をしないままでいると、症状が増えます。なので、診断名も、増えるということです。
また、症状が強化されていきます。


知的障害だけの場合、女性であると、お給料が少ない仕事に就く確立は上がってしまうかと思いますが、結婚できないわけではありません。
仕事をしていれば出会いもありますし、何しろ、「普通」に見えますし、大人になってしまえば周りの人はみんなIQ100・・・とみなされますよね。
また、男性は女性に対する許容範囲も広いですし、そういった要因から、結婚はできますね。

しかし、子どもを育てるときに、問題は顕著に表れてきます。
知的障害がそのままあり、精神的にしっかり育っていないと、過去の嫌な歴史を自分の支配できる子どもに向かうということが起きてきます。また、人間を育てるということは、知的障害がそのまま残っている女性には、とても難しいことです。


教育されていない知的障害の方は、物事や起こった事象に対する思考の癖がついていない状態でありますから、とても単純にしか、考えません。
このような状態で、人間を育てたら、その人間はどんなふうに育つか、想像できますか?













edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: 療育方法

SSTにおいておすすめ 

2016/06/19 Sun.

汚い庭ですみません(´;ω;`)

わざわざお金を払っていただいて、来てもらい・・・本当に感謝感謝です。
普通は、”外側”からきれいにして営業するのでしょうけどね。


5歳以降で、SSTにとても良いのは、
「ドラえもんのマンガ」です。
プラスでなくて、従来からある1巻から45巻のやつです。

TVやDVDより、マンガのが未だましですね。

マンガも、立派な教材になるんですよ。


詳しくは後日書きますね(;^ω^)



edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: 療育方法

ハイハイでどこでも移動できるようにしておく 乳幼児~2.3歳 

2016/03/27 Sun.



20160327_202657.jpg

現代では中々上半身を使う動作が限られているようです。
赤ちゃんの時期から、ハイハイで色々な場所に移動できるようにしておくと、同時に上半身も、体全体もバランスをとりながら成長できますからね

階段を上ったり下りたり・・・する動作も、まずはハイハイからスタートです。
転ぶ確率は少なくなりますね。
上に歳が近いきょうだいがいれば、言われなくてもハイハイで必死に移動するのですが、長子の場合・歳の離れたきょうだいである場合は、親御さんが見本となって教えないとできない場合があるようです。
保育園でどこでもハイハイで行かせてくれるのであれば、良いのですが、保育園に行っていても融通が利かないところが多いようです。

平均台のような遊具も、手をつないでばかりでこなさないで、2~3歳あたりから自分で行けるようにしておきます。
時間がかかっても良いので、自分でできるように2~3歳で誘導してあげてくださいね。4歳を過ぎると中々次のステップに行かせるのが難しくなります。
しかしきちんとできるようになるまでは、あめとムチを上手に使って、厳しくするときはして、甘やかすときは甘やかす・・・ように工夫しましょうね。

なので両手の使い方がぎこちないまま・・・ということが起きてきます。
しかし気づいた時から工夫して生活していけば、すぐにこなせるのが幼児期ですからね。

そしてなるべく素足で遊ぶことをお勧めします。
大人が素足で遊んだところで何もかわりませんが、幼児期にはとても良い成長につながりますからね





edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: 療育方法

上半身が弱い現代の子ども 昭和な遊び方をすること 

2016/03/27 Sun.



DSC_2050.jpg
このように、閑散としている公園では必ず逆上りをできるようにしないといけません。
今、これをさせたからといって、集団生活でこればかりする子にはなりません。
KYにもなりません。
外遊びをしながら時を見て言い聞かせをしていきます。
閑散とした公園がない場合、10時前に行くこと、土日でも8時に公園についている状態であればいくら都心や都会でも閑散としているはずですね。子どもの遊びとは、それほど大切なことなのです。


DSC_2083.jpg
網の中をくぐるものですが、いちいち決められた使い方をしないのがコツです。
遊び方を、いろいろ考えて自分たちで決めるのも頭を使いますよね。

特に自閉症が少しでもあると、4~5歳までに高いところでの遊びをしっかりしないと、「怖さ」が出てきたときに、全く高さのある遊具やものができなくなります。
だから、小さいうちにいろいろな動きで慣れておくのです。そうすると、高さの自覚が出てきたときにはすでに脳がバランスを保てるようになっているため、怖いどころか自信満々になんでもこなせます。
健常児でもそうですね。


DSC_1911.jpg
最近はブランコを撤去する保育園や幼稚園があるそうで(゜o゜)
まさに缶詰になってます。

まず、これに人の手を借りずに乗れるか。今の子はそれがまず重大な課題となるでしょう。

DSC_1913.jpg

乗れたら、渡ります。
渡れたら、はしります。
落ちるときは左右に飛ぶことを教えます。
ちなみにこの子は幼児期からこんな遊びばかりしてきましたが学校で、「神対応の〇朗君」と言われているそうです。
ちなみに私はできません( ;∀;)



edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: 療育方法

母親のいうことを信じない人、女にダメ出しする人とは縁を切る 

2016/02/17 Wed.



女性にダメ出しする男性とは、縁をきりましょう♪

でも、女性も女性らしくしていることが条件ですね(^^)


子どもの困り感や、障害についてはお母さんのカンが当たることが多いです。
男性は、「教えたがり」
ですから、それだけの人では療育はできません。
お母さんのいうことをしっかりと聞いてくれる、療育の先生にしましょうね。

自分の話ばかりしてしまう先生ではだめです。
ま、精神科医でそんな男性はまずいませんが(笑)


療育施設でもそうですが、きちんとお母さんの話を聞いてくれるところにしましょうね。
というのは、「その障害の専門性があるところ」
ということですね。

わからないことを、わからないといえる、「先生」はあまり居ませんのでね。
そういう視点からすると、お母さんのほうにも専門性が必要になってくるということですね。

早めの障害受容と、お母さんの明るさ、これにかかっているかもしれません

私も日々、お母さん方や子どもたちに元気・ヒントをもらっています♪
ありがとうございます






edit

CM: 0
TB: --

page top

2017-11