FC2ブログ

自閉圏にこにこママのブログ♪ 

幼児教育・自閉症療育などの失敗、成功を書いています。転載OKです😘💕💕

Category: メンタルな話

各家庭で学習時間・概念が違う 

2013/12/20 Fri.

勉強ができる環境って、私からしたらやはりいい環境だ・・・と思ってしまうのですが、親が何に価値をおいているかによりますけどね。

見栄だけで勉強させて子どもの成果は自分の成果なおうちは、いつか破滅するでしょうase.gif

私の実家では、父親は成績がよかったですが母親があまり・・・でしたし、そんな父親もほとんど海外にいましたので私の教育は母がやっていたんですよね。
なのでもう少し勉強したかったなあ~とはいつも思います。
勉強するという概念がない、大人もいるんですよね。
でも、子ども(私)を自分色に染めたい母親でもありましたし、人からの評価に価値を置くような心が出来上がっていないところもありました。
そもそも、私は父親似で母親とはタイプも違っていましたから、無理なんです。

私も、次男とは似ているけど長男、三男はタイプが違うな~と思っていて、無理に合わせようとはしません。

それが、人 ですからね。

以前の記事にも書いた、私の体に何の障害が出てもおかしくないということも・・・
私の発語の時期や、歩き始め、多分母はごまかしているようです。事あるごとに、私は健常児を生んだ!!
と言っていましたからね。何もなければ、そんな発言自体出ないはずです。
浅はかです~
1歳で発語・歩き始めと言ってましたがうそっぽいです。おそらく私もだいぶ遅かったでしょうね。
こだわりも強そうでしたし。。
少しは喋らないほうがいい・・という声が・・?



周りの優秀だった友達を見ても、親もまた優秀な人が多かったです。
親はPTAを買って出たり、地域行事にも率先して出ていましたね。
私の母の浅はかな行動を、正してくれている人も、いました。
親に言っても無駄とわかると、私にだけこっそりと大切なことを教えてくれる友達の親御さんもいました。

英語だけはほぼ負けなかったですが、それでも偏差値80は行かなかったですから・・・まず母集団がね。。
トップ校だと80・90なんてのが常識・・・になっているんですね。。。
上には上がいるんです。
それもその筈、そんなに勉強もしてなかったですからね。田舎で、せいぜい平均65あればいいわくらいで、
カエルでしたから。
(といっても、5やトップをとろうと思ったら毎日2~3時間の勉強はしていました。)
でも、先を見る優秀な親のもとにいれば、それで満足したらいけない・・・ということを、
子どもが学生のうちから言っているんだろうな~と思いました。
また、奨学金のことも、知れたかもしれませんね。

今で言うチャレンジをとっていた、今お医者の同級生が、私がひと月だけとったチャレンジに喜んでいて、どこまでやった??などと会話したものです。ついていけばよかった~~ときすでに遅し(ほとんど平仮名)

こんなこと書いたら、うちの教室に通うこと、さらに主人に反対されるわっと思われる方もいるかもしれませんね。。
すいません~

で、行きたくない高校に入り、1年生の頃は勉強はしていましたが、進学もできないことになってからは勉強をしませんでしたk-07.gif
周りの環境って、重要ですね。先生自体も、熱心じゃないんですよ。勝気の私にとって、これほどつまらない毎日はなかったです。
ネチネチしていて申し訳ないのですが、私立の関西創価高校に行きたかったのです。
しかし、よくある体験では、子供が行きたくないのだけど、親が行かせたいパターン。
うちは反対ですから、子供が行きたがって、親が行かせたくないというパターンにアドバイスできる先輩も、当時はいませんでしたから。
まあ終わったことはもう忘れましょう。


そして・・?勉強を全くしなくなっても、最下位になることもありませんでした。
下には下がいるらしいです。

イヤミブログに変わって行っている気もしますが・・・
イヤミではなく、勉強はやはり大切であるし、親もまた優秀な人が多いというお話です。
教育熱心でない学校は、先生も熱心でないという嫌なループがありますのでね。



関連記事

edit

CM: 0
TB: --

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

2019-12