FC2ブログ

自閉圏にこにこママのブログ♪ 

幼児教育・自閉症療育などの失敗、成功を書いています。転載OKです😘💕💕

Category: 療育方法

早期療育の大切さ 過去記事 

2013/12/19 Thu.

幼児期の自閉症スペクトラム・知的障がいの困り感・特徴

先日の記事でも書きましたが、どうして早期教育が必要か・・・というと、自閉症や知的障がいなどの精神障がいというのは、脳の機能性の問題と言われていますし、先天的に決まってはいるけれども赤ちゃんの時からその症状・困り感があるわけではないと思っています。
赤ちゃん時代から、小学生まで、全く同じ困り感や症状がある子も中にはいると思いますが。。
その程度も様々だとは思います。

私は、その成長過程で、~ならざるを得ない状況を少しでもいい方向へと教育できたら、先天性と言われている精神障がいであっても、軽減できたり、治ったりすると思っています。
~ならざるを得ない状況を、この子は障がいがあるからと決めつけて何もしないでいるから、そうなっていくんですよね。
そこに目を向けています。

なので、3歳で診断されたとしても支援するだけではなく、教育をしてあげたいと思います。
診断されて終わるわけでも、良くならないわけでもありませんよね。
というか、早く教育を意識し始めて、悪くなることはないと思います。

診断されない地域でも、もしかして・・・?と気づいたら、そう思いながら、教育、沢山の遊びの工夫をしていけばいいのですよね。
そして何もなければ(治れば)万々歳で就学を迎え、もともと何もなければ、教育により高知能へといくだけですから、幼児期の療育と教育は同じです。
生活の工夫・遊びの工夫で成長した脳は、一生もので、一時の暗記のように作られた知能ではないのです。



しかし、第四の発達障がいということも、視野に入れなければいけないなと思っています。



「よくあるご質問♪」
「見学・予約の流れについて」
「さくらいちご教室のご案内」
「療育ブログです♪」

関連記事

edit

CM: 0
TB: --

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

2019-09