FC2ブログ

自閉圏にこにこママのブログ♪ 

幼児教育・自閉症療育などの失敗、成功を書いています。転載OKです😘💕💕

Category: 自由保育(実践していること)

作られたものより、自然に近い遊び 

2013/11/04 Mon.

DCIM1617.jpg

DCIM1629.jpg

あえて検索に入らない題名にしました。
八○○越えに行ってきましたが・・・確執があったのですね
全然わかりませんでした。うちの岐阜の方も、合掌作りの町が大々的な観光地になり、住民の困った声も聴いてはいましたがいざ観光にいくとそんな雰囲気は感じたことはありませんでした。もちろん汚さない、駐車場もきちんと守り・・・という当たり前な事もしているのですが。

ネットで検索してみると、旅行者に向けて、迷惑をかけて楽しいですか・・・のような看板も沢山あるそうでしたが・・・さすが自閉圏、気づきませんでした
看板があるのは分かっていましたが、一部はがれていたりし、行政への言い分だと思っていました
しかしちゃんとはっきり書いてあるのもあったそうで。
正直言いまして、疲れでそんなことも目に入らない状態でよく、他の登山客は気づいたなあ~?と不思議です。。。
看板はあるのは分かっていましたが、内容が全く頭に入ってないのです。(これが自閉圏)

地元の人にも挨拶をしたり、されたり・・・悪い雰囲気は感じませんでした。まあ、四日市と大して離れてませんからね。しら~っとすり抜ける方法は獲得していますから

しかもこの道は、参拝?とかの意味もあったのですね
創価学会なのに…社会の偏差値45でしたので仕方ない。

6~7キロくらいの道のりでしたが、傾斜がものすごく登山用の恰好をしていかないといけないです。
ずっと何時間も2階に上がり続けている状態でした。のぼりは心臓破り、くだりは足の前の筋肉ばかり使ってがくがくになります。ジムに行っていてもこうですから。普段の生活環境にもよると思いますが。。
山奥ですし、確執もあり?で、お地蔵さんも沢山あり、お客もうちらだけ・・・霊感もあり怖い雰囲気もありましたが、ほぼ疲れで怖いというより、疲れたえらい
な感情しか、なくなりました。

霊感もくそもなくなりました

とてもきれいで子どもにはもってこいなちょっと高度な遊びですよ。
体力がよほどなければ小学生でも多分無理です。
うちの子らは、ぴんぴんしていました走って登っていましたからね。
動物は、いくつか出会いましたがおしゃべりな人と一緒であれば鈴はいらないでしょう。
多分看板も疲れで目に入らないとは思いますが、確執がなくなったらまた行きたいですね。


※ネットで再度検索したら、八○○越えは12㌔コースでした・・・
地図の読めない男性脳。






関連記事

edit

CM: 0
TB: --

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

2019-11