FC2ブログ

自閉圏にこにこママのブログ♪ 

幼児教育・自閉症療育などの失敗、成功を書いています。当ブログから得た情報をさくらいちご幼児教室・松尾香の書面による事前許可を得ずして出版・公開活動および電子メディアによる配信等により一般公開することを禁じます。(著作権)

Category: メンタルな話

くだらない話 パート2 

2013/11/02 Sat.

夫婦喧嘩は犬も食わないでしたっけ・・・?
物忘れが激しい私です。
十数年前、両家の顔合わせで主人の両親をこちらに呼び寄せ、食事をしているとき、
「こっちは赤みそなんだねえ~」(福岡は赤でない)

「そうなんだ、汚いだろ」

このやり取りから、全ては始まったんですよね 笑

文句を言えばきりがありませんが私にはこういう人と巡り会うべきだったようです

でもできるだけ、こういう風に育たないように、してあげたいですよね。やはり幼児期の育ちと関係があると思います。

三重って何味噌でしたっけ・・・?味噌汁も塩分を気にして半分残すので残すくらいでしたらつくりませんからね。



この歳になり、ねたまれることが多くなった私です。
そんな、ねたむほどの人生ではありませんよ?

私は一人っ子でしたので、実家にはペットが沢山いました。野良ばかりです。私も動物が好きで、獣医になりたいと思っていました。
しかし、大学院までいかないといけないので、母にやめるように言われていました。
(大体、子がなりたいと志したことは応援するのが親ですよね。機能不全家庭の始まりということです)

結局?英語が好きになり得意だったのですが、英語科のある県立高校にも行かせてもらえませんでした。
交通費がかかるのと、(関市にすんでいたので)県立なので授業料が少し高くなることで。
本当は、私立の関西創価学園に行きたかったのですが、もちろん推薦でもなし、ふつう入試?でしたし受かってもお金は出さないよと言われていましたので、英語以外の偏差値も70にできなく、不合格。

面接官にもそのことを話したら、苦笑いしていたのが印象的でした。

今考えると、この偏差値にするために保護者というのは多額のお金をつぎ込んで養育するわけですね。しかし私の親は偏差値がよかろうと、そこに価値を置かなかったようでした。(塾もほぼ行ってませんでしたので)
そういうところは今考えてもショックで嫌な過去です。
このまま勉強していく環境であれば、今私はここにはいないだろうと思う時がまだあります。


市立が一番安いのです。
なので、関商工高等学校という所に行きましたよ。ひと月13000円だったと思います。
父は、母への恨み故私にお金を出さなく、母は、とにかく子どもにお金をかけたくない思いからこうなりました。
ここが、隠れ機能不全家庭でもあります。

商業高校はパソコンばかりでしたが、パソコンは簡単でしたよ。でも、仕事にしようとは思いませんでした。
今も、動画を入れれませんからねそれよりもやりたいことがあると言うか。
パソコンを買ったのも、1年前ですよ。文字で会話とかすることに、興味がなく・・・
なのでツイッターもしないのです。1行で何が伝わるのかな?と。

当時の近所の友達は大手に行った子もいますし、国立しか言ったらダメという家も、まあありましたね
私立の大学ですとやはりお金がかかりますから、きょうだいが何人もいれば仕方ないですね。

教育熱心だった同級生はきょうだいで医者になっていて、驚きました。
まあ、自分ばかりがしんどいわけでもなく、他人が妬ましいわけでもなく・・・ですね
というのは、小さい頃からスパルタで勉強も欠かさずにやっていてたくさん遊んではいましたが、たくさん勉強もしていたようです。よく、反発する声が聞こえていたものですから


こんなに深い話をしなくても、そこそこのコミュニケーションがあれば、ねたむ事もなくなるはずです。
知らないから、ねたむ。コミュニケーション不足は誤解を生みます。
特に四日市の方は、それに陥りやすいですよね。

楽しいはずの人生を楽しめないようにしているのは、誰でしょう。

資格がほしくても、学歴で取れないことも沢山あります。幸い、3月で専攻科を卒業できそうですので短卒にはなります。それこそ、自動的に大学行っている人を見ると、妬みたくなりますが
しかし、私も自動的に大学へ行っていたら、勉学を愛することを本当にしたのか?と言われれば、??ですね。笑

学歴・・・とは何でしょうね。今、高卒だ というと、お金がなかったか、勉強できなかった としか、人には思われません。またはお金を出してもらえなかったほど、横着をしてきたと思う人も居そうです。しかし大卒といえば、しっかり勉強した と勝手に思われますね。
結局、その人のフィルター越しにみられるのです。そのフィルターも多種多様ではなく、単純で変化のないものです。

人生なんてそんなもんかもしれませんね。でも、子どもには大切な事を教えたいですよね。
然るべきときに、勉強をすることを。
生涯学習とか言ってますが、あれは時間とお金とヒマがある人でないと、無理です。
勉強は、しかるべき時にするものだと、実際今学生の身になって切実に思います。


関連記事

edit

CM: 0
TB: --

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

2018-11