FC2ブログ

自閉圏にこにこママのブログ♪ 

幼児教育・自閉症療育などの失敗、成功を書いています。転載OKです😘💕💕

Category: 教育観

義務教育5歳から検討、「4・4・4制」可能に ~子どもの理解がないお役所~ 

2013/10/26 Sat.

お役所はすごいと思っていたのに、こんなニュースがありました。

この案の元は・・・
「小1プロブレム対策」
という事で、早くから椅子に座って静止できるようにする、おまけに学習も前倒しするようなことを書いてますね。

小1プロブレムは、幼児期に思い切り遊んでないから起こる
遊ぶ場所自体が保障されてない
遊園地などの作られた施設は、幼児の能力が上がるような遊びには入らない



大体、幼児期にすでに読み書きはデキル子ばかりの現状なのに、何を前倒しするのでしょう??
教育に熱心でない親御さんのもとに居る子でも、園で周りがそうしている状況だったら、自力で覚えることもあるでしょう。
理由がばかばかしいです。

幼児期の生活を保障すると、保育指針にも、厚生労働省のHPにも書かれてあるのに、結局は
静止
させる事が目的ですよね。

子どもに静止させるだけとか、ものを一瞬だけ覚えさせることなんかは、誰でもできますよね。
簡単なんです。でも、将来自分で切り開いていけるように教育することは、一瞬の暗記ではないはずです。

小さなどもがすらすら有名な文章を暗記していると、いかにも賢そうにみえますよね。
でも、そんなことはいつもやってないとすぐに忘れますし、暗記できたからといって、その後の学力が保障されるわけないですよ。
暗記ばかりさせられてきた子は、低学年ですぐに挫折感を味わう事になります。
自分で考えるという事を、十分に幼児期にしてこなかった子は、就学したからといってすぐにできないですよ。
すぐにわからない~と諦める
他人のまねをするしかない
になります。自閉症でもないのに。

こういう政策を考える人って、甘やかされてきた人ではないですか?
思い切り遊んでなく、遊びに価値を見いだせない乏しい心。
すぐに目に見える評価をしたがる、短絡的思考能力しかない。

25年度の保育士試験にも、レジリエンス?でしたっけとか生きる力みたいな問題が沢山でているのに、つじつまが合ってない。
生きる力を、幼児期に静止させてつけようとしているのでしょうか。
そんなに、幼児教育に能力がない人がこの政策に携わっているとは、知りませんでした。

正直言いまして、自分の子どもが幼児期にこういう政策に当たらなくて本当に良かったと思います。


子どもが自分で考える
ようになるには、


毎日せかされずに時間をゆっくり使うことができる環境であること
(園ではなるべく沢山遊ぶこと、行事を少なくすること)

一日一回、2~3時間以上広い場所で思い切り走り回ったりできる環境が保障されていること
(土日だけではありません)

電動でないシンプルなおもちゃが用意されていること



こういう生活をしていれば、就学の頃には、すでに勉強モードになっていますよ。
そんなことも知らないなんて、驚きです。
関連記事

edit

CM: 0
TB: --

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

2019-10