FC2ブログ

自閉圏にこにこママのブログ♪ 

幼児教育・自閉症療育などの失敗、成功を書いています。転載OKです😘💕💕

Category: 教育観

一人一人の大人の、遊びの概念が全くちがう 

2013/10/19 Sat.

一口に遊びといっても、一人一人の考え方や常識が全く違うのですね。
なのでネットで検索しても、うまくいかないパターンもあるんですよね。


子どもと二人きりで公園に行ってもつまらないと思っている親御さん
そんなことないですよね子どもの初期の要求は親御さんを独占したいことや、親御さんに認めてもらいたいことですよね。それがなかったら、集団にいけませんよね。なので入園式で大泣きするのです。
泣いて当たり前ではないと思います。
外野が、「お母さんだけではつまらないだろう」とか言うと思いますがその時は馬耳東風?だったかな?違っていたらすみません。余計意味が分からなくなるかも・・


遊具がないと子どもの遊び場と認めない親御さん
コメントのし様子がないです。。

ベビーカーや車による、直行直帰
子どもの遊びは公園だけではありません。
ただし、下の子が赤ちゃん時代では、これでないとしんどすぎますね。臨機応変で。
工夫してやると、きょうだいがいてもそれぞれが遊びを満喫できます。


上級者向けでは・・・

雨の後の公園にはぬれるからいかないのが当たり前と思われている親御さん

いつも混雑している公園に、こういう時にいくとすいているので遊びやすいですね。
洗濯も洗濯機がやってくれますのでね。
ぬれることを恐れているうちは、外遊び上級者ではありません。
上級者にならなくても良い?そんなこと言わんと・・

ぬれていると滑りやすいので、運動能力向上にもなりますよね。
何歳になってもどんくさちゃんでは・・・
小学生になって習い事をさせればいいだろうと思われているでしょうが、小さいうちにしっかり外遊びをしていかないと、どれだけお金をかけて習ってもあまり成果はないと思います。
どちらが節約になるかという事です。


遊びが乏しい地域では殆ど通らない道路等で遊んでいても標的にされがちです。なので・・
思い切り遊べる場所を早めに見つけておく
車を出してでも遊びが保障されれば安いと思います。

関連記事

edit

CM: 0
TB: --

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

2019-09