FC2ブログ

自閉圏にこにこママのブログ♪ 

幼児教育・自閉症療育などの失敗、成功を書いています。転載OKです😘💕💕

Category: くだらない話シリーズ

自閉脳で良い 

2013/10/05 Sat.

困り感さえなければ、自閉症で十分だと思いますが、楽天すぎますかね。
私の周りでは自閉脳で、困り感はあるけれど社会生活をしっかり送っている人ばかりだからそう思うのかもしれませんね。

しかし、初期の困り感はない方がいいです。
困り感があると、せっかくの自閉脳がいかされませんからね。
そういった困り感を、さくらいちご教室では就学までになくしてあげる=潜在能力を引き出す教育をしていきたいと思っています。

多動児だった?うちの子らも今日は家に缶詰で(私が寝たかっただけ)昼3時くらいまで家でゴロゴロできるようになり、こういう時に幼児期に一生懸命やってきた特権だな~と思います 笑
主人も単身赴任中なのでごはん以外はごろごろ寝ていました・・
誰も文句も言わず、騒がしくもなく各々が家にあるもので堪能していました。
BSもついてないですが、今やっているTVを久々に見入っていました。

多動出身の私も、歳を重ねると疲れて出たくない日もあります あれ、どうでも良い?


日曜は水泳の大会があるので勝敗にこだわりがある私は前日から憂鬱でもあります。
自分が出れれば一番なんですけどね。子どもの成果を自分の成果にしたいわけでもなく、とにかく上位でないとすごくイライラします
上位でないと叱るなどはしませんが、落ち込みで体調がおかしくなるので困り感がまだあるのです。
こういうのは、実業団とかに入った方が良いのですけどね。
引退したらコーチとか。
当の子どもらは、普通にやっていて私からしたらこだわりがないので、気持ちがわからないですね 笑

成績が悪くても次の日平気な顔して学校に行ける気持ちがわからないですある意味スゴイ。
取繕っているのだろうと最初は思っていましたが、どうやらこだわりがあるのは私だけらしいです

こういう困り感がない人は、割り切れる・ということでしょうか。

でも逆に、こういうこだわりがなければトップにはいけないと思いますね。

長男はそんなにできないのであれですが次男なんかは運動神経も実年齢より上なのに、分析して速くなろうと思ってないようで、驚きです。自閉脳がなくなってしまうのも、さみしいものですねえ。
一応思考タイプでしょうけど。。
こだわって体調崩してまでトップへいき、こだわりがなくトップにもいかず、楽しく続けることは、本人が選べばいい事ですけどね。




関連記事

edit

CM: 1
TB: --

page top

コメント

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます☆

松尾 香 #- | URL | 2013/10/07 15:34 - edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

2019-07