FC2ブログ

自閉圏にこにこママのブログ♪ 

幼児教育・自閉症療育などの失敗、成功を書いています。転載OKです😘💕💕

Category: 脳科学

発達障がいと舌癒着症 

2013/09/26 Thu.

舌癒着に関しては、生まれた直後に診察されるものと思っていたのですが、地域により違うようです。
癒着していても何もしなくて良いと言われる所もあるとかないとか・・・

舌癒着症と言えば、良く知られているのは母乳を飲むことがうまくできないとのことですね。
出産後退院するまでの1週間で大体は飲むことも上手になっているはずですが(1か月くらいかかる子もいる)まずそこで気づくはずですよね。
もしかしたら、母乳を推進していない産院だと何も言われず気づかず・・・かもしれません。

「外科で治せることは、治さないと

さくらいちご教室では、外科で治せない事を時間をかけてじっくり教育しているのです。
医療機関へ・・・治せることを放置して、外科で治せない事を増やさないでください。


民間の療育施設は、しっかりした所でもお値段がものすご~く高かったり、公的な所だと結果がいまいちだったり・・・しますよね。どこもこんな教育はしていないから、値段も抑えやっているのです。補助金も断られ


舌癒着症の症状としては、
・舌の位置や状態が悪いので呼吸がしづらい
  ↓
母乳が飲みにくい
  ↓
酸素確保のため、動き回る
  ↓
呼吸が常にきついので精神的に余裕がない
  ↓
母親との初期のコミュニケーションが取れない
  ↓
子どもは胎児期から母親とのコミュニケーションで社会性を学んで行きます。
当たり前と言われることが、舌癒着症があるとできなくなります。
その結果、2~3歳になってコミュニケーションが正常にならなくて気づくケースも多々あると思います。

そのほかも様々な症状があります。

母乳が飲めない
  ↓
曲線に合わせて成長しているなら心配ないですが、栄養不良でも発達障がいは引き起こします。


後天的に自閉症にしていると思えて仕方がありません。
脳がだんだん決まってくる3歳6歳までそのまま様子を見てしまったら、その子自身も支える方も、大変ですよね。


自閉症に関しては、先天性のものは遺伝的なものも大きいと思います。
自閉症児は舌癒着症であると言われていますが、遺伝は変えられないかな・・・とは思いますが、教育と環境次第でいい方向に行けると思います。でも息を吸いやすくするだけでも助けてあげる事ですね。
関連記事

edit

CM: 0
TB: --

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

2019-07