FC2ブログ

自閉圏にこにこママのブログ♪ 

幼児教育・自閉症療育などの失敗、成功を書いています。転載OKです😘💕💕

Category: 教育観

子どもの伸びしろがある分は伸ばしてあげたいです 

2013/09/22 Sun.

障がいがあるから、仕方ない、諦めるのですか。
障がい児は、伸びしろはないのでしょうか?それは、どうやって計ったのですか?

言葉が話せないから、ずっとこのままって、どうしてわかるのですか?
未来の知り方を教えてほしいくらいですね。

医師の診断もないのに、どうして未来がわかるのですか?
診断があったとしても、どうして未来がわかるのです?

未来が判る人・・・恐れ入りましたよ。(小久保風)


ずっとそのままのレベルになる教育しかできないから、そうなるんじゃないです?
と言って敵を増やす私


支援をすることは、大切です。
でも伸びしろはありますよね。あるのに、伸ばさないってどういうことかお考えになったことあります?


長男は、2年生以降の勉強がついていけなくなると医師に言われ、教育者からは、勉強に力をいれても無駄・他の長所を伸ばしなさいと言われました。
特別支援学級に行き、高校にも入れるかはわからないと予言されました。


が・・・6年生の勉強に普通についていってますが。。
学力テストも、言語類以外はそこそこでした。そんなに難しい問題でもなかったですが。。
悪いですが、予後を当てる事はいくら資格があろうとお偉いさんであろうとそうそうできるものではないと思っています。
長男が自閉圏内とわかったのは、1~2年生のころで、幼児期をとうに過ぎた頃です。
なので、凹の部分はありますが、致命的ではない状況です。そして1年生の頃も、支援学級的な子には見えない・・・と思っていました。母親の目線は信用されませんから、私がそうと言っても誰も信じてくれませんでしたが、今は大威張りですが
そしてうるさい外野は去る・・・伸びたことは、素直に認めてくれない人も多いです。
人の不幸は蜜の味?
残念でした~。


日本は、苦手が多い人を応援する風習でもありますよね。それって本心ですかね。
関連記事

edit

CM: 0
TB: --

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

2019-09