FC2ブログ

自閉圏にこにこママのブログ♪ 

幼児教育・自閉症療育などの失敗、成功を書いています。転載OKです😘💕💕

Category: 教育観

教えたい大人たち 子どもの予後は・・・? 

2013/08/25 Sun.



海ではあまり見かけませんが、プールや川に来ると、泳ぎを熱心に教える親御さんによく会います。
またはスイミングをやっている子が今はほとんどなので、泳ぎをみんなの前で披露してほしい親御さん。

子どもが、「教えてほしい・泳ぎたい」
と思っているなら、良いと思いますよ。

レジャーで来ているのに、レッスンばかりだと子どもはどうでしょうね。

あげくに、「みんな努力している・いっぱい練習するからできるようになるんだ」
とあまり説得力がない説明を水上で延々とし、子どもには徹底的に拒否されて盛り下がっている家族。。。


全て教えないという事ではなく、ある程度大きくなってくると「遊ぶ」時間と、「インプット・レッスン」の時間をしっかり分けた方が吸収が良いですし、それが心(やる気・優しさ・想像力)と体(知能・運動能力・病気に負けない)を教育するという事です。将来親を困らせない子にする(変な言葉ですが)、将来関わる人に迷惑をかけない人間にする・・・という事だと、思います。

大人が、「これくらい遊んだからこれでいいだろう」

というのも、一人一人の子どもによって違います。同じ腹から生まれても違います。
きょうだいを平等に育てるのも、少しは我慢させるのも、なにもかも周りの大人の力量です。

それがうまくできる親御さんのもとにいる子は、やはり良い成長を遂げていくのでしょう。
それこそ、発達障がいがあっても言える事ですね。


結局、そこには「大人が、子どもの目に見える成果・評価(周りの人にすごいねと言われるような事)がほしい」

こういった心理が働いている証拠です。
確かに、「結果」は必要です。
しかし、8歳(もっとゆっくりでも良いかも)まではそういったことで「見返りを求めない教育」をしていった方が良いと思います。
見返りを求めなくても、しっかり遊んだ子はしっかり成長していきます。



『海』でそういった親御さんがあまりいない理由として、海まで行こうと思う事自体、親御さんも遊び上手なところがあるのでしょうね。
日焼けしたくない、夏でも涼しい所がいい、車内に砂がついてほしくない
これらが先に来るか、来ないかの差だけですけどね。
関連記事

edit

CM: 0
TB: --

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

2019-11