FC2ブログ

自閉圏にこにこママのブログ♪ 

幼児教育・自閉症療育などの失敗、成功を書いています。転載OKです😘💕💕

Category: メンタルな話

人間ドラマ バイト編 

2013/06/24 Mon.

職場の人が見ていないことを祈り。

一人になれる土日は老人ホームにバイトにいっています。
先日もたったの2日間、主人に子ども等を任せたら、三男が熱(-_-)/~~~ピシー!ピシー!

熱を出す方が難しいのに、よくできたのもだと思いました 怒


特別養護老人ホームで、ショートステイの方もいる所です。
なので寝たきりの人は少なく、車いす、自力歩行できる人色々います。

まずチームワークが悪い。
次回はいつ行けるかわからないので心配になってきましたので全部上に報告しようと思っています。

コミュニケーションするときは、椅子に一緒に座りますが(リーダーの指示)、一人の精神がちょっとおかしい職員さんが、イケメンな異性と正職員さんがいない時はコミュニケーション中にも、椅子に座らないようにやじを飛ばしてくるようになりました。
その方は多分私と同じ36くらいでしょうけど。。。なので話かけたいのだけど、めちゃめちゃシャッターをおろしています。笑
イケメンの異性、上の正職員以外にはぎゃんぎゃん怒りまくって仕事をしています。何かあると、すごい顔でにらみつけています。本当に、良く吠える犬のようです。

女の怖いのは美容部員時代に経験しているし、本当に怖いのは冷静に叱られることなのでね 笑
あんまりうるさいこと言ってきたらいい返しますし。

最初は本当に怒られている子がトロイのだろうと思っていましたが、何か違うような気もしてきたところです。

しかし、若い正職員さんたちが心配になってきたのです。私のようなパートさんはあまりいなく、正職員の20代前半とかの人が多いです。
ストレスから間違いを犯さないかなと。
そういう人を野放しにしている上も、悪いのです。イケメン異性の職員は見て見ぬふり。若~い♥のですけどね。
女性の上の正職員さんがいる時はぎゃんぎゃんほえないようです。

2人介護の時にほえると、びっくりして動揺しますし、大事故が起きるのは目に見えているように思えてきました。
私はまだ食事介護だけなのであれですが。。
確かに、「安全」を重視しているのはわかるのですが、極端すぎるのですよ。
老人は、ロボットではない。感情もある。時間時間で過ごすのは人間には大変なんですよ。
臨機応変という言葉がこの施設には足らない。
またはその能力がない人が多い。
私に言われたらおしまいだ。

初めての食事介助もすんなりできてしまい、ますます怒り奮闘のようでした。。

「私やと怖いで食べれんか~~??」
などと大声で怒って介助していました。それでは余計食えんよ。

赤ちゃんと一緒でしたから、数人子育していれば誰でもできる感じですね。。。
当たり前ですが赤ちゃんと違うのは、嚥下機能をしっかり観察しながらです。



看護師の暴言。耳が聞こえないのが前提なので、言いたい放題の看護師が数名います。
よく、看護をやっていられるのもだと呆れてものもいえません。看護師なので、パートでも私より時給も良いはずです。
私は一切そういう人とは挨拶も会話もしません。


耳が遠い人と、聞こえる人、色々いますよ。

特養で従来型なので、閉鎖的です。場所も病院のようですし、外出もダメ、フロアをでるのもダメ(副施設長は良いと言った)。入居者は、半分はこの生活を受け入れて来ていますので少しの方が、帰宅願望などに陥るようです。
問題なのは閉鎖的なのは、入居者だけでなく職員もなんですよね。
これって、変えられるものでもないこともわかりますがこの中で楽しく仕事をしていくような努力も必要になってきます。
死期が近い人も多く、そういう「気」もあり、閉鎖的になってしまうのだと思います。

コミュニケーションを大切に、価値を置いている職員てどのくらいいるでしょうね。
自分の業務だけを重視して老人は視界にも入ってない印象です。だから会話もはずまない。
会話できる人しか、コミュニケーションしようとしない職員。
これはコツがあるので、こういうことはしっかり指導しないといけないことです。
誰も、指導しないから、会話できない人は放りっぱなし。

仕事しながら、会話もする職員は今のところ一人だけ見ました。
それって当たり前な行為ですよね。
めちゃくちゃ怒られる標的の職員です。
この人を失ったら施設はどうなるか。

業務をこなすことだけが、カッコイイのではない。


ほぼ会話ができないと言われている方とこの2日間は歌の本で盛り上がり、最終的には1時間以上歌わせることになってしまいました。様子を見ても楽しそうだたので、長い間歌わせてしまい、ちょっとのどが心配ですけどね。沢山の歌を、歌詞もほぼ間違わないで歌ってくれました。
途中、泣かせてしまいました。。普通に会話ができるようにもなってしまいました。
切り上げる時は楽しい歌で終わるようにしました。



ショートの人も多いということは車いすの人からすると、歩ける人は、「憎らしい」
のですよ。
入居者同士のいがみ合いもあるようです。

車いすの方が、よく歩く95歳の方に、「ここでじっとしていろ!」
などと言うときもあり、その方は認知もありますが頭も良いのでいちいち言い返さないので、でも怒りがたまるようです。怒っているときは目の周りが真っ赤になっていることに気づきました。

私がいるときは少しでもすっきりできるように秘密の会話をしています。

ここでは歩く=いけないこと
という方式。それって本当に正しいのか。

自分がずっと一日中座っていれば、すぐにわかるのですが。

これがわかっている職員もいるので私がいるときは散歩は公認になっています。
そもそも副施設長が施設内散歩もOKの指示を出してくれたから、ここでバイトをしようと決めたわけで。
缶詰の施設では働きたくないですから。


新入生の18歳も、3か月くらいたち、段々上の人のやり方に似てきている所がとても心配です。
36のただのパートの私の助言を素直に聞いてくれる、まじめ過ぎず応用が利く珍しい18歳です。

2人だけちゃんとした指示を出せるリーダー核がいますがそれ以外は指示が下手なので、仕事を自分で増やしているようなもので、イライラしなくて良い場面でイライラ焦って仕事したりしていますのでとても危ないです。

帰りに、視野を広げること・ここが本当に正しいのか??という事など言っておこうと思いましたが他の職員も休憩室にいたのであまり伝えられず。。その方には絶対に染まってほしくないです。まっすぐな職員でいてほしいです。
関連記事

edit

CM: 0
TB: --

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

2019-12