[PR]弁護士検索 無料 アクセスカウンター

自閉圏にこにこママのブログ♪ 

幼児教育・自閉症療育などの失敗、成功を書いています。当ブログから得た情報をさくらいちご幼児教室・松尾香の書面による事前許可を得ずして出版・公開活動および電子メディアによる配信等により一般公開することを禁じます。(著作権)

Category: 療育方法

子どもの遊びとは、バタバタするだけではない 

2013/06/20 Thu.

よくある勘違いや、イメージの違いですが。。
「子どもの遊び」=
・バタバタ動き回る
・きゃあきゃあ言って遊ぶ
・遊具を決められた使い方で遊ぶ

よくあるイメージですが、違いますよね。
1人目だと気づきにくいですが。


・黙って遊ぶこともある
・その場の空気を感じてじっとしていることもある
・何かを観察している
・空を見る
・ベンチに座る

これらも、立派な遊びです。
これを遊びじゃないと決めつけるのは、誰でしょう?

そして、決めつけていたら残念な遊び方ですね。
外遊びだけでも、こんなに遊ぶということですね。


無意味な時間だと思う方は、それまででしょう。
実際色々な人がいますから、それはそれで、遊びが豊かな子らが際立ちます

遊びに乏しい子ども時代を過ごすと、自分が親になった時にも、遊びがわからない・乏しいままになりがちです。また、その逆のパターンもありますね。
育児の連鎖です。

連鎖も、自分が「変えたい!絶対に変えるんだ」
と強く思えば変えることもできます。まずは自覚ができるかどうかです。


子どもにゆっくりさせてあげたい・・・
これも、家でなくても、できるんですよね

田舎暮らしの人ならわざわざ出かける必要もないでしょうけど、マンションや都会暮らしの方は、子どもが平日休みがあればプチ旅行でも行ってあげると、安く行くこともできますし家でなくても、「ゆっくり」はできます。
うちのように主人の許可が中々おりない人は無理でしょうけど
ご自分の仕事の融通もきく方だけになりますけどね。

土日祝日に出かけると、人ごみで中々子どもが思い切り遊ぶ・・・という状況は作りづらいですからね。

こういう生活をしているから、ゲームの必要がなくなるのです。
関連記事

edit

CM: 0
TB: --

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

2017-09