FC2ブログ

自閉圏にこにこママのブログ♪ 

幼児教育・自閉症療育などの失敗、成功を書いています。転載OKです😘💕💕

Category: 教育観

名前の前にくるものしか、見ないか、中身を見るか? 

2013/06/15 Sat.

世の中、色々な人がいますが・・・
また統計を出したくなってきました。

男性は、肩書で人を判断・評価する人が多い。
女性もそうですが、それほどでもない。
だからなんなんだ・・・ですけど

結局、人は、「名前の前に、何がくるか」
これだけで、人を判断しているのです。
以前に紹介記事にも書いてありますが、そういった人は、

「自分も、自分の名前だけでは自信がない人
ということですね。

肩書や資格ももちろん大切だと思いますが、それ以上に人間の本質を理解すること・自分を認める(認められるくらい頑張る)の方が大切だと思います。
20代や30代なら、それが通用しても、それ以降困ってくるのは本人らです。
自分の名前だけでも、堂々と言える人生にしないと。。


ちなみに日本では、「お母さん・主婦」
という肩書が、一番下にくるようですね。
下に、したいらしい

こういう流れ?がわかれば、悩むことも少なくなるはずです。
いかに小さなことで悩みが発生するのかがわかるので。



また、「自分より、幸せな人、成功している人を素直に認められない人が多い」
「子育ての成果」ばかりに目がいく人。

だから、教育関係では、「先生」らが、私独自の教育をしたのち子どもが色々できるようになると、
「教師でもないのに、できるわけがない・できてほしくない」
という感情が生まれるのでしょう。

しかし、境涯がしっかりしている人・心が豊かな人は、そうは思わないはずですね


【「普通」の子どもが、プラスアルファで色々できるようにさせる事と、
「障がい」のある子を、生きやすくするために、できるようになる環境を用意することとは、
わけが全く違ってきますね。】


私の周りでも、私を憎らしく思っている先生方と、そうでない先生、色々います 笑
すぐ、わかりますよね。顔に全部書いてありますので。
子どもも、解っているようです。子どもは特に敏感なので、軽はずみに自分のみっともない感情を出さないようにした方が、学級はまとまりますよ。
(ごく一部のことですので、全国的ではありませんよ!)


なれ合い記事ばかりでは意味がないかな・・・と思い、いつも厳しい記事ばかりで申し訳ありません。
しかし、読んでくださっている方は、心が乏しい人ではないことは確かなので、記事中の人々のようではまずないですのでご安心を。。
当事者が読んだら今後一切読みたくなくなりますからね
関連記事

edit

CM: 0
TB: --

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

2019-11