FC2ブログ

自閉圏にこにこママのブログ♪ 

幼児教育・自閉症療育などの失敗、成功を書いています。転載OKです😘💕💕

Category: 教育観

託児をする際の注意! 2 またうるさい記事です 

2013/04/05 Fri.

春休みや、夏休みなどの長期休暇に託児を利用する人も多い時代ですね。
共働きの多いこちらでもそうです。
ファミリーサポートやその他託児所はもっと子どもとの遊びの研修をした方が良いのでは・・・と思います。

こういう現場は、役所や管理職だと本当に想像できない人も多いことでしょう。
現場をもっとみてから、ものを言わないと。

「広い公園に連れてきて、大人は携帯を見ている」

また遭遇しました。

お子さんがいない夫婦なのか、自宅にいるのを避けるために来ているようにも見えました。
うちらより、長時間いたからです。うちもぼちぼち仕事も入っているので毎日長時間は子どもと遊べませんが、それでもうちより長い時間の子ども連れは会うことがないので。


預かられている子は、小学生二人でしたが、ネタが尽き、うろうろしているだけで、ベンチでしゃべるだけになりました。挙句に、うちらに遊んでほしそうに近づいてきました。

うちの子どもがその夫婦のそばの遊具を使うと、ゲラゲラ大声で笑いだし、精神的にも早熟なので気分が悪くなります。笑うのなら、気分悪くしない笑い方もあるのですが、面白い事をしたわけでもないで、???

離れたところで遊びました。

うちらはなんやかんやしていて馬跳びをすることになり、芝生へ移動。
次男も進化していて、105センチくらいの高さを飛んでいたのでもうすぐ私の馬跳びができなくなってしまいます。。
三男も、4~5段くらいのはできるようになっています。


ミミズをアスファルトから芝生へ移動させるのにすったもんだしたり、鬼ごっこ、抱っこ、ぎゃあぎゃあ騒いで、私をおんぶするゲームなど。
運動神経が良いと、力も、あるのですね。次男の細さで私がもうすぐおんぶできそうですので。
※私は痩せてません

うちらの遊びに圧倒されたのか、笑いが静かになり、夫婦は子どもたちの相手をするようになっていました。


確かに、この辺りでは子どもを公園に連れてくるだけで、携帯をいじったり相手をしない親御さんが殆どです。なので、それが子育て・・と、伝染してしまっているんですよね。

でも、子どもを見ればわかってきますよね。素直に、健全に育ちにくいことを。
だから、何歳になっても大変で手がかかるのですよ。
少しずつでも、変えていかないと。
関連記事

edit

CM: 0
TB: --

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

2019-12