FC2ブログ

自閉圏にこにこママのブログ♪ 

幼児教育・自閉症療育などの失敗、成功を書いています。転載OKです😘💕💕

Category: 教育観

勉強を苦痛にしない ② 

2013/03/22 Fri.

の続きです。

よく、ご褒美に○○を与えるなどとありますが、これではすぐに限界がきますよね。
やってみた親御さんは、どんどん価格が上がっていき、ものを大切にしなくなる子どもに気づいているはずです。または気づいてなく、子どものせいにしている方もいるかもしれません。

スポーツでもそうですが、「ベストをだしたら、○○を買う」
などと言うことはやめた方が良いと思います。
ベストを出す努力って、買えるもの程度の価値ですかね。違いますよね。
もしコーチでそういうことをしているなら、もう少し教育についても学ばなければいけません。

たまには、そういうABA方式も良いかもしれませんが、常にすることではない気がします。


子どもは、特に幼児は、一日室内では楽しめません。
元気が有り余る・・・という単純な話ではなく、それほど元気に走り回ることが当たり前なんです。
しかし、走り回る場所が今度は必要になってきますね。ここが、今の時代難しいのです。

外遊びと、室内遊びを適度に取り入れるから、机に向かって集中できるのです。
それも、集団の規律正しくするスケジュールよりも、「その子」に合わせてあげると120%の潜在能力が発揮されるでしょう。

一見、遊びたいように遊ばせる行為は、「わがままになる」
と思いますよね。私も、1人目の時は、そう思っていました。
でも、違ってました 笑

まず、しつけより先に、子どもと一緒に思い切り広い場所で遊んであげたほうが、手っ取り早かったのです・・・笑~
子どもとの時間を取るのも、大変な方もいるとは思いますが。

幼児期は、ゆっくりと過ごし、子どもとの時間を必ず作り1時間でも2時間でも思い切り子どもが遊べる場所で大声を上げて遊び、良く食べ、それから家に帰っても子どもは全くわがままなんて言わないと思います。
早寝早起き、遊ぶ時間などはある程度大人の誘導が必要だと思います。
なるべくDVDやゲーム機を使うことは避け、一通り遊んで(年長児は少々の学習)したあと、家事の時間にDVD・ゲームの時間に充てるなどの工夫をすれば、子どもと一緒に過ごすのはそんなに苦痛でもなくなってくるはずです。
あっという間に、聞き分けがよくなりなによりお互い絆が深まります。

関連記事

edit

CM: 0
TB: --

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

2019-10