FC2ブログ

自閉圏にこにこママのブログ♪ 

幼児教育・自閉症療育などの失敗、成功を書いています。転載OKです😘💕💕

Category: 教育観

勉強を苦痛にしない ① 

2013/03/22 Fri.

DCIM1108.jpg
三男が勇んでやっていました。普通のチャレンジ1年生です。延々と2学期までこれが続くんでしょう。
しかしカラフルで見ていても飽きないですね。三男も考える力に変える予定です。

DCIM1109.jpg
進んでない次男の考える力プラス講座。やっと8月号の穴埋め。
下はまだです


そもそも、勉強って、嫌なものでしょうか。
私も育ちが悪いのでそんな好きではありませんでしたが、英語の勉強だけは勉強という感覚でなくて3大欲求のようにやっていました。
個人経営の塾に行き出してから、たぶんテキストが良かったのだと思いますが、成績もぐんと伸びた時期もあります。家で良くやっている教科はそれに比例して伸びました。

「勉強って嫌いだよね~」と、周りの大人が言い過ぎていないでしょうか?

また、東海地方によくあることですが、
「子ども3人て大変だよね~~自分の時間がない」
「男の子3人て最悪だよね~」
「女の子3人もいらない」

こういう風に表現してしまう会話も多いかと思います。
しかし、これを言わない地域もあるんですよね。

しかし冗談で言っているつもりでも、弊害ばかりです。その子どもも、やってもいないのに「子育てが大変な作業=苦痛」と勝手に悟り、
同性の兄弟が生まれると、運が悪いなどと言い出したりします。

これが、伝承なんです。軽はずみに、子どもや赤ちゃんの前で下品な事を言わない方が良いと思います。
そもそも、子どもの前で、こういうことを言うのって、子どもに失礼ですよね。こういう積み重ねが、子どもを成長させるか、停滞させるかの違いだと思います。

自分の時間が無くなる事は想定して、大概の人は産んでいるはずですよね。

私も、環境の変化(県をまたぐと習慣や常識が全く違う)や、子どもに障害があるかないかは想定できなかったですが。

きつい言い方で申し訳ないですが、このブログを最後まで読んでくださる方は、普通の親御さん・保育者より一歩進んでいるということですので、ぜひ自信をもって子育てしていただきたいと思います。

勉強嫌いにならないコツをいつか書いていきたいと思います。
関連記事

edit

CM: 0
TB: --

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

2019-09