FC2ブログ

自閉圏にこにこママのブログ♪ 

幼児教育・自閉症療育などの失敗、成功を書いています。転載OKです😘💕💕

Category: 教育観

完璧に育てようと思わない 

2013/01/24 Thu.

最近暖かくて動くとすぐ暑くなるのですが気のせいでしょうか



DCIM0978.jpg

最近の育児では、とにかく「完璧に」育てるような風潮がありますが子育てではそんな甘くないと思います。
完璧といってもそれぞれの視点がありますが。

誰でも、子どもが犯罪者になるとは思ってないだろうし、そうさせたくないとも思っているでしょう。
それくらいでしたら良いですが行き過ぎると子育てが楽しいものから実験のようになってしまいそうです。
子どもは、親の思っていることが伝承しますから理科の実験のように育てているとすると、いざ子どもが親になったときに、他人や自分の子どもにもそうするようになっていくと思います。

実験ではいくら権力やお金があろうとダメなんです。心がないと。

その家庭の育て方の伝承もありますし、難しいところなのですが。ずっと引っ越しせずに親元にいると転勤族の単独な子育ての仕方は想像できないでしょう。その逆も。同居の家庭の気持ちも私にはわからないかもしれません。
でも、いつ病気になっても病院にもつれていける環境だろうな・・・とは思いますが。うちみたいに誰にも頼めないと、救急の時間に病気にならないように特に気を付けています。
それに入院ですね。入院などできるわけがないのでしないように気をつけていました。


今でさえ、色々思うことがありますが私も1人目を育てているときは完璧にしようとせずに周りから吸収するようにしてきました。長男が1歳なり立てで仕事が休みの日に公園に連れていったことが数えられるほどしかありませんが。
そこに保育園帰りの3兄弟に会ったりしてましたが、素直に下手に出て一緒に遊んだものです

私も3人ほしかったので、同性の兄弟がほしかったのもあり、よくお話しもさせてもらっていました。
近所でしたが地元の人ではなかったようで、私も仕事ばかりでしたので連絡先も知らずそれっきりでしたが。

今の若いお母さんって、子どもの人数で相手をみている傾向があるような気がしますが気のせいでしょうか。。
うちが3人連れていると、一人っ子や1人目のお母さんは絶対うちと仲良くなりたくない・・・という方が多いかもしれません。
理由は様々ですが、3人いる人にダメだしやアドバイスをされたくない・・・などが大きな理由かなと思います。
自分は自分なりに完璧にしている・・・と思いたい?のでしょうか、または人付き合いが苦手であるとか。

私もあまりうるさく言いたくないですが子どもがやはりかわいいので言いたくなってしまいます。
アドバイスをしようとは毛頭思ってないのですが、求められればします。


福島では、いよいよ私も次男を妊娠し、今までのように親や親せきがいない全部自分でやる子育てになりました。その最初だけ、大変だなーと思っていました。

健診にいくにもお腹が大きい中、一人で長男を連れていってました。(当たり前なんですが)でも福島では地元の方も、親にべったりまかせっきりではないようで、殆ど同居でしたがお母さんが2人も3人もつれて歩き、まだ歩けない子だったらおんぶしたりスリングにいれたりしてこなしているのを見て、私もまねしていきました。


なので、お菓子をあげないとか管理が難しい育て方は無理な状況のようでした。でも、福島の子育てってとてもうまいし、子どもがとても良く成長している子が多数います。小学生が、2~3歳の面倒見れるのですよ。兄弟がいなくても。
それが、当たり前な地域のようでした。そして、ケンカもするしすぐに友達もできます。幼稚園では軽度ではない自閉症の子がクラスにいました。先生は1人でした。でも、うまくいっているのです。
私は引っ越したばかりでしたのでよく長男に注意をしていたのですが、福島の方にはそんな怒らなくていいと、よく言われていました。

福島だったら、発達障がいでも普通に幼稚園に行っても、療育になるくらいの上手さ・かもしれませんね。

娘さんが跡取りの家ではまだじいちゃんばあちゃんが仕事をしているので、幼稚園に1年しかいかせないとか、全くいかせないとかも普通にありました。大体一人っ子ではないので下の子がいますし、家の敷地も300坪とかそれ以上とか公園も大きかったりして。当時はそんな子育て、邪道だ・・・思っていたのですが今では王道だ・・・に、変わりました 笑
その子らは中1なっています。何もしてないようでしたが、入学前には一通りできていました。元気かなあ~

また、他の地域のお婿さんをもらったママ友は、ひいばあちゃんまで同居でしたが子育ては1人でしていました。そして色々なボランティアも親としていました。多分ママ友の親御さんがそう誘導しているのだろうと思います。
いくら跡継ぎでも甘やかしてはいけないというか。子どもは3人です。


認可外保育園もあったようで、よく公園でお会いしていました。
認可外の特権の少人数保育で先生らも愛想がよく、よくお話もしていました。子どもたちも十分外遊びして生き生きしていたのを思い出します。
まあ福島の事ですから、補助金も出ているのでしょうね。
こちらでも四日市や菰野で認可外保育園らしき人たちに会いますが、あいさつは全くしないですね。よく外遊びしている園ですが。普通は団体利用するのであれば、来ている保護者にあいさつするのは常識でしょう。目も合わせない人が多いです。
これでは補助金の申請がしにくくなってしまいます。 笑!
さすがに四日市でも認可園の先生らは挨拶してくれます。


また、福島のママ友が3歳の二人目の子に、母乳を上げていて長期母乳育児を知らなかった私は、珍しいと思いました。母乳など1歳くらいでやめるものだと思いこんでいたからです。私が長期授乳に至ったのはそのママ友の影響もあります。
歳が近い兄弟を育てるのはそんな難しいことでもないですし、大人になって兄弟仲が悪くなるようでしたら育ちがやはりちょっと変なとこに行ってしまったのでしょうけど。。それも兄弟の歳が近いからとか、一概にはいえないことです。 でも、一人っ子の子育ては、色々な面で楽で親の思った通りに育てやすいですが逆に難しいとは思います。



関連記事

edit

CM: 0
TB: --

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

2019-09