FC2ブログ

自閉圏にこにこママのブログ♪ 

幼児教育・自閉症療育などの失敗、成功を書いています。当ブログから得た情報をさくらいちご幼児教室・松尾香の書面による事前許可を得ずして出版・公開活動および電子メディアによる配信等により一般公開することを禁じます。(著作権)

Category: 自閉症スペクトラム・アスペルガー

人の相談にのるということ 

2013/01/16 Wed.


同じ境遇の人でないと、深く理解してもらえるということは少ないですね。
同じ境遇でないと自分の利益なしで理解してあげるという精神さえも、生まれないでしょう。
それがデキル人はそうそういないだろうしまずは私がそうなりたいですが。
大概の人が何の得があって、そうするのか・・・という所に行きついてしまいます。


長男の困り感をわかってくれる人がいないですね~
ここで書くと勘違いされて根性論でどうにかしようとする人も出てくるので私の愚痴吐き場がないです。

高機能自閉症といえば、怒りっぽいという表現ですが、それだけで犯罪につながるのではないと最近思います。
勘違いしないように育てるのが前提の前提・基本のきですが、二次的なもので犯罪につながる恐れがあるな・・・という印象です。高機能だと社会性も遅れているとはいえ、ついてくるものですよね。
だから、○○したらこうなる・・・ことも薄々わかることでもありますので、軽はずみに犯罪を犯すことはないと思います。
でもどうしても、親の方が(支援者)いつもいつも元気はつらつでいられないので、怒ってしまうことが多くなるんですよね。これが積み重なるとヤバいヤバい・・・と言い聞かせて冷静を保つようにしています。

長男に対してオキシトシンが作用してない弊害もあると思います。
オキシトシンは本当障がい児にも重要だと思います。

しかしまったく療育を受けてない高機能の人は犯罪を犯す可能性も高くなると危機感を感じます。
全く親や周囲が気づいてない・または障がいを認めてないと、要は勘違いしたまま
成長するということでもあります。なので本人は悪気はないのですが犯罪につながってしまう・・・という事が起こりやすくなる印象です。


親も大変ですね。
親が健康で体力もないと、やっていけないです。
なんせ無給ですからね~
人は当たり前のように、自分で選んだ道・と言いますが。私は選んでないわ~~

何年も、何年も2つ同時にすることが苦手ですから助言をするのもやってない人にはわからない。
頑張っても、給料が出るわけでもない。自分の子どもを育てるのは当たり前のことですから。
これだったら一生仕事していた方がどれだけ楽か。

父親がそれを認め、称えてくれるならまだがんばれますがうちみたいに理解してくれないと滅入るどころかさらに起き上がっていますが 笑
たまには旅行でもつれていくか・・・とかなるどころか、この寒時期に主人の実家に行きたいとか言い出したり 笑
(毎年GWに帰省と主人ルールがあります)
実家の義父母は高齢で、行くとしたら私は家政婦になるということ。今より疲れること。
殺したいんやろか??と思いますが。
どうして疲れるかというと、単純に作業をするから・ではなくて、
「やって当たり前」という態度をされるからです。
嫌らしい話ですが人間関係って、そういう所からなっていますよね。
理論とか方法が重要ではなくて、気持ちや態度の方が重要なんですよ。

こういうのも、ある意味、ABAでもありますよね。
SST・社会性のレベルがかみ合ってないとまたトラブルが起きることでもあります。


人は私の事を苦労性と言います 笑・・見下されてますね~
やはり当事者・経験者でないと気持ちはわからないでしょう。


幼児や低学年は得意なんですが小学生はお手上げです~
幼児さんは自信がありますので、ぜひうちの教室にきてくださいね~~
関連記事

edit

CM: 0
TB: --

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

2018-12