FC2ブログ

自閉圏にこにこママのブログ♪ 

幼児教育・自閉症療育などの失敗、成功を書いています。当ブログから得た情報をさくらいちご幼児教室・松尾香の書面による事前許可を得ずして出版・公開活動および電子メディアによる配信等により一般公開することを禁じます。(著作権)

Category: タンデム授乳

完全母乳育児にしていく道のり 

2012/12/19 Wed.

まず、、「赤ちゃんに優しい産院」でないと完全母乳にもっていくのは難しいです。

10か条でしたっけ・・それが掲げてある産院ならよさそうですが。私も3回しか生んでないのでちょっとあれですが。
インターネットで勉強してもやはり実際、見て触って助産師さんの赤ちゃんの触り方や誘導の仕方など学ばないと見当がつきにくいかもしれません。
また、いつでも相談できる母乳外来が近くにあると産院では母乳を推進していなくても、心強いかもしれませんね。

自閉症の子が母乳が嫌いなのではなく、「肌に触れる」事が苦手で、抱っこでしかあげることができない母乳を嫌がることがあるとのことです。単純に物事を考えないことです。

母乳自体は、お母さんが変なものを食べていない限り、甘く味もおいしいようです。私のは砂糖水のようでしたが食い過ぎ?

生まれたての赤ちゃんに、30分以内に授乳させることが重要です。
三男を産んだ産院は、というか地域は母乳が流行っていない?地域でしたので30分以内に授乳することも助産師さんにブーイングでしたが強行しました。笑
2回目に授乳するときは、教えもせんと上手に飲むようになりました。
30分以内に授乳しているから、できることなのです。


長男を産んだ産院は完全ミルク派で、産んですぐに赤ちゃんと離されました。
母乳育児も結構さかんな地域でしたが、適当に産院を選んでしまっていました
何日か後に授乳でしたが、飲ませるのに、とても難しかったです。
まず赤ちゃんがおっぱいの方を向かない。三男は勝手に向きました。首も座ってないのにね。
それに、母親は産んですぐは眠くならないんですよね。なのですぐに寝る必要もないようです。動いていいわけではありません。


長男は抱っこは嫌いではなかったです。

抱き方を工夫し、おっぱいを押し込む・・・という感じでした。他のお母さんもそうでした。
時間が決まっていて、3時間ごとに来るように言われ、赤ちゃんてこんな人工的に育てるのかと不信に思いましたが、兄弟もいませんでしたし、子どもの世話を全くしてなく赤ちゃんも初めてでとても戸惑いました。

飲み残しがあるとなんやらかんやら言われ、飲ませたあとに搾乳していました。しかも100くらいは出さないといけないと言われ、産んだ直後でそんな出るわけないし、出る人はでるでしょうが、

飲む量は赤ちゃんが決めるので、赤ちゃんが健康に育つように大概の母親のおっぱいがそうできているようです。

何もわからないので、延々絞って体力消耗・矛盾ばかりしていました。

しかし何日か経つと、母乳が軌道にのり、赤ちゃんも母親を求めるようになる印象で、授乳時間が2時間とか短くなってきました。(母乳の子は短くて当然です)
それくらいから産院も何も言わなくなり勝手にやってね状態。

とても戸惑いながらの育児でした。
しかし、助産師さんは優しかったです。ただ言われていることをこなすしかできないのだろうと思います。
助産師さんもいろいろで、三男を産んだところは最悪でした。
赤ちゃんを人形のように扱うのです。本人はプロだ・ということを見せたいのでしょうが、私は最低だと思っていました。
30分以内の授乳をさせてくれたただ一人の助産師さんが、母乳の知識があるような方でした。

次男の産院では10か条がある産院でしたし、母乳育児が当たり前な地域でしたので母乳にもっていきやすかったです。

母乳育児が流行っていない地域での母乳はやりにくかったですね。そういう因果もありますね。
でも母乳育児が流行っていない地域の子育ての仕方は全体的に正直あまりうまくないです。ごめんなさいね。

~~~
母乳の味に関して嫌がったことと言えば、
唐辛子や香辛料が多く入っているのもを食べたときはとても嫌がっていました。

一言で嫌がる…といっても様々な要因がありますので、ネットの情報だけで解釈しない方がいいですね。


関連記事

edit

CM: 0
TB: --

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

2018-12