FC2ブログ

自閉圏にこにこママのブログ♪ 

幼児教育・自閉症療育などの失敗、成功を書いています。転載OKです😘💕💕

Category: 教育観

現代の子どもの居場所がない 

2012/11/20 Tue.

「決定権を誤解する子 理由を言えない子」
発達障害がある子に誤解をもたせない育て方のポイント

かもがわ出版
湯汲英史
小倉尚子

少し抜粋させていただきました。

「最近は、子どもは「良い子」という「職務」を期待されているように感じます。求められているのは、素直で従順な子どもの役。落ち着かなかったり、ケンカをしたり、勉強が嫌いな子どもの役は、厳しくNG(ノーグット)が出されます。当たり前ですが、子どもは仕事や役をこなすために生きているわけではなく、「素直で従順」がうまくできない子がいても不思議ではありません。実際には、そういう役をし続けられない子どものほうが多いと思います。ただ「いい子」を求める大人の力は強く、幼児期から子どもたちはその役を必死に演じ続けているように感じます。その演技をうまくできなかった子が、クリニックに来ています。不適応とされる子どもや青年の中に、本来の子どもらしさや、青年らしさを見ることがあります。しかし、そのことは無視され、認められることはありません。

親もまた、「立派な親の務めを果たす」役を強要されているのかもしれません。子どもと同じに、周りから「立派な親」を期待され、それがうまくできないと非難されます。
親は、子どもと同じようにまわりから、NGをいつつきつけられるかわからず、不安で仕方なかったりします。今の時代は、多様な価値観といいながら、実際には単一の見方が「世間」に強く存在します。


~~~
子育ては、人間を知るという意味では、親にとっても学びのチャンスです。学ぶことで、自分自身の人生も深みのあるのもにもなりえます。どうぞ子育てで豊かに学び、深く、長く楽しんでください。」




どこに行っても、子どもの居場所自体がなくなりつつある気がします。
兄弟喧嘩もだめ、自分から勉強して、○○大会のときだけ1位を取り、静かに黙って過ごす、子供向けのイベントの時だけは騒いでほしい。

これってどうなんでしょう。弊害は何になるか、考えるのも嫌になります。
関連記事

edit

CM: 0
TB: --

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

2019-10