FC2ブログ

自閉圏にこにこママのブログ♪ 

幼児教育・自閉症療育などの失敗、成功を書いています。転載OKです😘💕💕

Category: 子育て(日々のつれづれ)

参観日♪ 

2012/11/12 Mon.

先日は参観日でした
いつ行っても良いのでしたので、土曜でしたしほぼずっといました。主人と交代で。

三男は七五三イベントに。

長男は家庭科でエプロン作り。
手先が不器用というより、動作が遅いのでほぼ一緒に作りました。あんまり一緒にやると恥ずかしがるのであれですが・・・
最近の小学校は中学みたいで、専門の教科の先生が教えるようです。先生は2人いるので昔に比べたら楽だろうと思いますが・・・支援の子は先生が一人つきっきりですが、

普通の子ら→ちょっと遅い子ら→支援の子

ちょっと遅い子らが本当に何の支援もなく、不憫やなという印象でした。私がいなければ、もう一人の先生は長男のようなちょっと遅い子らにつきっきりになるんだろうと思いました。

しかし、やることもそう難しくなく、私がいなくても十分できる範囲ですが、となると、できる子(は、この学年にはそんないない印象ですが)が暇する日程だな・・と、集団教育の難しさを感じました。
私が教師だったら次々と案が思い浮かぶのですが。

去年のクラスより、静かになっていて、驚きました。担任がしっかりしているのだろうとは思いますが。

1年生の次男のクラスは道徳や、算数、昔遊びなど。
昔遊びは手伝ってくださいとのことでしたので、一緒にやることに。
室内遊びが苦手なので、ゴムとびのとこに。
子ども等は、班ごとに5分間隔で移動していくというもの。

集団だと、その行為をする以前に、本当にあわただしくて準備だけで終わってしまう印象ですよね。

ゴムとびはただ飛び越えるだけでした。

集団を扱う先生らの、特徴がわかりました。

「フィードバックが少ない」

です。
全ての先生ではないにしろ。
家庭科ではちょうどミシンをかけているときに、担任が現れ、ジーっと見るものですから長男は視線に気が散る。大きな声で、バカにするように、
「見とかないかんで!」
見るだけ見て、フィードバックなしとは、先生らしくないですね。
視線を定まらせることが簡単にできるのなら、苦労しませんが。
私も嫌味を言おうと思いましたが、やめときました。
私もイケメン以外にじろじろ見られるのは嫌いなんですよね。

私は嫌味も瞬時に思いつきます

ゴムとびでは一人飛ぶ毎に、もっと声かけてもいいんじゃない?と思いました。他の遊びでも。他の教科でも。
飛んでいる方も、面白くなくなりますね。
私の声だけが聞こえている状態・・・一緒にゴムをもっていた先生はさっきの長男の家庭科の先生で、新卒っぽい。

子どもって、声をかけてタイミングを計ったりするので怪我防止にもなるんですよ。どんくさい子だと特に。
次男の番になり、次男は私のお尻のとこらへんがいいかなと高くすると先生もびっくり時間がないからはよやらせてあげて。。

他の子らもどんどん飛んでいきました。やっぱりこういうのが一番盛り上がりますよね。子ども等は疲れ知らずでどんどんやっていきます。というか助走が足らない・狭い。。

途中支援の子がふらふらと来ましたが、みんなに、あっちとか言われ、担当の先生のとこいけと。
別にいいやん~適当な私に飛ぶように言われ・・最初は飛べませんでしたが、数回後にきちんと飛べ、笑っていた子も黙り
1年生にもなって少し順番違ったくらいでわ~わ~いわなくても死にはせん。

その子は、体がふにゃふにゃしていて、運動させるのも気を付けなければいけないのだろうか。。とか思っていて、でもすぐにマスターするところが、運動の敏感期だな!!!今、もっとさせてあげればいいのにと思いました。

初めて、その子の支援の先生の笑顔を見ました。いつも無表情なので、関わってほしくないのかな・という印象だったのですが。かまっても、良かったのですね。
関連記事

edit

CM: 0
TB: --

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

2019-11