FC2ブログ

自閉圏にこにこママのブログ♪ 

幼児教育・自閉症療育などの失敗、成功を書いています。転載OKです😘💕💕

Category: 子育て(日々のつれづれ)

四谷大塚 練習問題 国語 次男と小1プロブレム 

2012/10/31 Wed.

めんどくさかったので一緒にしました

対策授業の国語をやってもらったのですが、特に感想はありません本人も、本番しかやる気なさそうです

俗にいう、小1プロブレム・・・こちらの学校では皆無のようです。
参観日ごとに、担任の先生はいつもはもっとうるさい・・みたいなことを言いますが。。

支援級の子は次男のクラスは1人いて、とても大人しい子です。長男のクラスの加配の支援の先生は明るくて楽しい人なんですが、(会うたびに声をかけてくれ、今度はどの子が入学するの?4人いたよね。などと明るいです。※3人兄弟です)
長男のクラスの支援級の子は数人いて、多動の子は1人で結構動きますが、雰囲気としてはいちいちその子に気を取られることもなく、普通の風景としての印象でした。参観日でも。


次男のクラスの支援の先生は無表情で60歳過ぎているようです。

私は一日支援したことがないので言えませんが、色々思うことはあります。

次男は先取りをしていますが、学校が楽しくないということはないようです。授業を妨害するように答えを言いまくったり、まずないでしょうね。先取りしているからって、そうしたくなる本当の理由ってなんでしょうね。
ちょっと考えないといけないな・・と思います。

掛け算などもうできる子もいますが、授業を妨害する子でもないようです。

次男が様子を詳しく話せるので、100%合っているとしたら、良い子すぎてあとが心配です。
モンペアも割合的に多くなるということでもあると思います。

しかし私の印象でもこちらはケンカを全くさせないようで、小1くらいのころは大人受けの良い子ですが、高学年、中学になったあたりに心配な部分はあります。

長男が行っていた公立の幼稚園では、今と違う地区でしたが、公立だから行事があまりなく、遊びばかりで、けんかもしょっちゅうあったところ。砂掛け合い、言い合い、取っ組み合いは長男はなかったのですが長男自身もバトルしていたようです。
当時はいけないことだ・・・と先生に報告したりしていましたが、のちに、やはりそれが、良かったのだ。と思えました。いじめっ子も、年齢の上の子に十分やられているんです。(これが結構なけんかで殴り合い、取っ組み合い、1対1。親も、いちいち介入せず一生懸命、黙っています)そこの地域では。(小学校が隣)
しかし、思い切りけんかしたあと、すぐではないが、思い切り、仲良くもなりました。親同士もです。

今のおばあちゃん世代から、ウルサクなってきているので、今の子育て世代は本当に大変でしょうね。
関連記事

edit

CM: 0
TB: --

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

2019-10