FC2ブログ

自閉圏にこにこママのブログ♪ 

幼児教育・自閉症療育などの失敗、成功を書いています。転載OKです😘💕💕

Category: 自閉症スペクトラム・アスペルガー

WISKー3 心理士による結果の違いと周りの反応 

2011/03/24 Thu.

7歳5か月

言語生IQ 77
動作生IQ 79
全IQ 76

群指数
言語理解 80
知覚統合 79
注意記憶 82
処理速度 86 下位検査の結果なし。下位検査の存在も知らない状態。

「差がないので、発達障害でもないし、でも、普通クラスでは厳しいんじゃないかなあ~」
「勉強の先取りができているって、言いましたが、嫌がってない?」 「はい」
「???」←病院の反応

病院での検査でしたし、私は疑っていましたが、信用するしかないのかなと、その頃はほとんどパニックでした。

私は良いとして、危険なのは周りの反応!
学校に検査結果を知らせると、疑いもせず、信用しきっているのです。そら、それが普通かもしれないけどさ。教育者であるなら、とはキツイですね、支援学級担当しているのであれば、ちゃんと気づいてほしいです。そう、専門家が少ないので、親がしっかりと子供を正しくみつめる事が大切ですね。じゃないと、もし、検査結果が間違っていたりと、その子にとってとんでもない支援をしてしまうかもしれません。

学校の反応
去年の担任から・・「放課後に補習をしたらどうか」
支援学級の先生にそうだんしてみます。といわれましたが私には何も連絡ないままです。
今年度の担任・・・授業中、問題をするたび、長男のノートをチェックしていたようです。懇談の際には「計算が遅い・◯◯ができない。これからどんどん難しくなるのに、家でも補習してください。のような、焦り感のある事ばかり。


私のほうは、「支援学級にいかなければならないなら、連絡くださいね。
計算がみんなが早いのは、意味もなく公文やそろばんにいきだしてるからですよね。私は読解や社会の問題のほうが今は大切かと思っています」 なぜか、この辺は2~3年生から行き出すコが多いです。見栄・恐怖心からでしょう。

担任が焦っているので、わざわざ割り算の筆算も教えてましたが4年生でやるんですね。3年生の勉強も今考えると、本当たいした事ないですね。3年生まではほとんど遊びから習得するような課題ばかりだと思いますが・・・。ご存知長男、分数、即理解してます。3人きょうだいの家庭なら、お分かりですね。

病院での診断をうけて、知的境界線とのことで過ごしていましたが、長男の様子はというと・下校してすぐ宿題をやり、ランドセルと文房具を放り投げて遊びに飛び出していって・・・どうみても勉強に困っている様子はありませんでしたが。なので、最初はパニックでしたが、病院の結果はちょっと違うな・・・というか、基準をIQで決めるんであれば、IQはもっと高いだろうなと確信が出てきました。

長いので次回続きをかきます。これと、今の反応のあまりにも違う周りの姿を書いておいたほうがいいと思い、記事にしました。次を書かないと意味がわかりませんね。

WISK3 心理士による結果の違い②
関連記事

edit

CM: 0
TB: --

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

2019-07