FC2ブログ

自閉圏にこにこママのブログ♪ 

幼児教育・自閉症療育などの失敗、成功を書いています。転載OKです😘💕💕

Category: 自閉症スペクトラム・アスペルガー

子どもがよく転ぶことについて 

2011/12/16 Fri.

私は異常に転んだ・・・と書いてきましたが、文字では伝えられないと思います。
その事についての検索が多すぎるので気になっていました。早くから、療育するのが良いのは確かですが、そればかり考えてもいけないとも思います。
目の前の子どもそのものを見ていかないと、対応し様子がないからです。

3才で転ぶのは当たり前です。これも、毎日一緒にいないと(一緒にいる時間がある程度ないと)わからないんですよね。今時でいえば、園に、特にくわしく子どもの様子を書いてくれるようにお願いするなど、でしょうか。お母さん本人が、他の子どもも見れる場所に積極的にいくなど。

例え、子どもが沢山いる場所に連れていっても、遊ぼうとしなかったり、隅にいただけでお母さんの方が参った・・・・でも、子どもがそれを楽しめていたのなら、立派な療育・教育だと私は思います。だって、その子はソレをしたかったのですから。(無理やり幼稚園に入れて、帰りたかったために隅にいたのは別)子どもがしたい遊びをすることが一番の療育にもなると思います。幼児は、お母さんよりも賢い所があるとも思っています。だから、私は遊び方を子どもに任せているのです。
当たり前ですが、命に関わること、TVゲーム系、DVD系はあまり長時間はよくないかな・・・と。

あとは、お母さんの苦痛を避ける事も必要かなと。たくさんの友達がいても自分の子どもだけポツンだったら、しんどくなりますね。だったら、閑散とした場所にいけばいい。今は子どもが少ないから、簡単に見つかりそうですね。冬は風邪予防でみんな外に出さないし。
それも立派な療育だと思います。
ずっとポツンとも限らないと思いますし、これもその子仕様です。友達・集団にこだわるなら、時を見て友達まずは一人から始めるなど。。

私が転んできたのは、大怪我でした。小学校高学年でも、大怪我をするということは、自己防衛ができていなかったということです。それが、障害、ともいえるかも、しれません。

幼児は転んで当たり前です。うちの子どもらは、3才前半まで転んでいましたが、それから受け身が上手くなり、転んでも怪我(たんこぶなど)をする事はなくなりました。同時に転ばなくなりました。1歳代はたんこぶだらけでした。

うちは早い方だと思います。今時の過保護な生活では、もっと遅くまで転んで怪我する事も多いと思います。

次男は、切り傷もありましたが、一応病院にいくと、「縫わないと傷が残る」などといわれましたが、1回だけ、断って帰ってきたときがありました。傷は縫った所よりもきれいに治り、治りも早かったです。やっぱり毎日一緒にいる家族の判断の方が正解だったりもします。
関連記事

edit

CM: 0
TB: --

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

2019-10