FC2ブログ

自閉圏にこにこママのブログ♪ 

幼児教育・自閉症療育などの失敗、成功を書いています。転載OKです😘💕💕

Category: 自由保育(実践していること)

外遊びと運動能力・その他能力の関係 

2011/11/03 Thu.

いい論文を見つけましたが、転載していいのか、何もわかりませんが。転載せずにすればいいのかしら。
私が自分の中で考えて実践してきた事が、正しいっていわれたみたいで嬉しかったです。(子育てには正解はないともいうが)
また、次男三男の成長の理由がわかったような気がしました。私は、誰かの真似や、事前に調べて育児をしたくないタイプなので、みんなと一緒・ということにも、全然価値をおいてません。でも、それなりにもちろん覚悟・がいることなんです。ホント。又の名を、頑固・(内向型思考タイプかな)・・といいます。

ある大学の論文みたいなもの・・・
戸外遊び・・・人間形成の基礎だそうです。いまいちぴんとこないですが。。

フレーベルも、戸外遊びを推奨していたそうですね。幼稚園の文具の会社名としかしりませんでしたが・・・・

幼児期の運動能力は、未分化だそうです。
幼児は、筋力や持久力などの能力要因はそれぞれ独立した能力ではなく、一体化しているそう。だから、ジョギングすれば持久力が身につくということはないそう。逆に、幼児期になにもしなくて、時期がくれば、ジョギングすれば身につく・ということではないようです。幼児期にしっかり遊ばなかったら、青年期に同じ練習量をしても差がつく・ということでしょう・・・
ある思想家たちは、日本の幼稚園の保育の在り方を批判しているそうです。全てではないですが。私もそう思う・・・からこうしているんですけど。
うちの子どもについては・・だからなんでもできるようになってきたんですね~~という印象。泳ぎと外遊びって何が関係あるんだ?と思っていました。

幼児期は、調整能力の敏感期だそうです。
・協応性・平衡性・敏なんとか性のこと。漢字が読めませんでした。

青年期(11歳~)に、エネルギー生産能力が発達するらしいです。
・腹筋をきたえたら、腹筋が強くなるってやつ。

幼児期に、中枢神経の発達が著しい時期なので、神経機能と関連のある調整能力が伸びるそうです。
幼児期に中枢神経の敏感期・・・だとしたら・・・・???妄想が膨れ上がる私でした。

特殊な反復練習は、発達の未熟な身体の部位に障がいを引き起こす危険性の指摘があるそうです。
だから、習い事だけしてても・・・・

遊びといっても、大人に指図される遊びではなく、自由遊びが重要みたいです。
ということは、場所の確保・気温・色々必要なことは今の時代はありますね。場所の提供くらいが、親にできることかなと思います。
人混みで、自由にさせれないですしね。東北にすんでいた頃、気温が0度あれば、1時間は外遊びしていました。
マイナスはちょっときつかったですね~。インフルエンザにもかかったことありませんでした。長男は幼稚園にいっていましたが。


そういう遊びをしていくと・・・第一に、社会性が向上するらしいです。
幼児は広い空間で自由にのびのび動くので、攻撃性が減少すると報告されているそうです。
え??社会性?だとしたら・・・・妄想が・・・

第二に、学習意欲、能力が向上するらしいです。
だから勉強できるんですね~~ 私の頭では外遊びと勉強がどうつながるか、さっぱりわかりませんが・・・私の能力も向上しないかしら・・・
関連記事

edit

CM: 0
TB: --

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

2019-09