FC2ブログ

自閉圏にこにこママのブログ♪ 

幼児教育・自閉症療育などの失敗、成功を書いています。転載OKです😘💕💕

Category: くだらない話シリーズ

子供の頃の遊び 3 

2011/10/16 Sun.

3年生から、新築の小学校に行き、一気に児童数も1学年60人に減り、2クラスになりました。以前は、3~5クラスはありました。
女の子の友達もいましたが、たいてい男の子と放課後遊んでいました。でも普段遊ぶ子供は決まっていてたまに一緒になる子は羽目を外す・という印象がありました。
宅地にしてある所で追いかけっこになり、下に車庫がある作りの宅地だった為、私は後ろを見ながら走っていたので3mくらいの高さから落ちてしまいました。足首の骨にひびが入っただけなんですが。
女の子の友達が前の家のおばさんをよんできてくれ、母を読んでくれ、病院にいって処置してもらいました。
追いかけた男の子がお母さんと挨拶にきてくれ、かなり心配をかけてしまったようです。私も後ろを見て走っていたんだから悪いのですから。親的には「追いかけっこするな」とまとめていましたが、そうはいきませんね。子供の私も聞いてないんですけど。
それからは、4年生になっても5年生になっても、何かある度にその男の子が私の世話をしてくれ、今思うと申し訳ない気持ちです。
野外学習や、なんやかんや、私とわざと同じ班になり、私はどんくさかったですから、手を引いてくれたり、世話などをしてくれていました。足くらいすぐ治るんですけど、4~6年生あたりが一番自閉症の症状が出ていた時期でもありましたから、単なる世話役にさせてしまっていました・・

これだけ、外で走り回っても、発達障害てのは、簡単に運動神経として発達させてくれなかったようです。(でも結局中学から、一気に何でもできるようになりましたが)

幼児期から成果を出している自分の子どもを見ていて、発達障害は難しいな・・・と思います。

何年生か忘れましたが、女の子どうしで、「町へお買い物をしに行く」のが流行っていました。親抜きってことです。土曜日の午後とかですね。でも、出したくない親の子と、すったもんだがありました。しょうがないですね。

校区外へでること・・・禁止だったか・・・それさえも、忘れてしまいました。禁止だったけど、甘かったかな??


一応新築で家を買いましたが、情けない事に、オバケ・が出る家だったようです。いつも寝る前に、天井がピシッとかいうんです。低学年だった私は、
「うるさくて眠れない」
というと、
「本当うるさい音やな!!!無視しとけ」
という母。どうしてこんな家に・・・と今では笑い話ですが。姿も見たことないし、うちらが仏教を始めてからそれっきり。でも毎日ありました。怒りっぽい父に、傲慢な母、だから悪い霊が寄ったんでしょうね。

高校生で離婚してますのでその家には、10年しか住んでいません。成人してからその家の前を通る時がありましたが、一緒にいた友人が霊感がある人で、車庫に怒った人がいた・・・そうです。一応実家なんですけど・・・実家にオバケが住み着いているとは~~父が一人で住んでいるようです。でも籍を入れている人がいるようで、財産は私にはまわってこないです。そんな、一人っ子(私)もいるし、やっぱり私は子どもに残してあげれる財産を。と、特に思います。
関連記事

edit

CM: 0
TB: --

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

2019-07