FC2ブログ

自閉圏にこにこママのブログ♪ 

幼児教育・自閉症療育などの失敗、成功を書いています。当ブログから得た情報をさくらいちご幼児教室・松尾香の書面による事前許可を得ずして出版・公開活動および電子メディアによる配信等により一般公開することを禁じます。(著作権)

Category: 教育観

人間が育つ敏感期 時代に合った子育て 

2018/05/16 Wed.


どのように育てようが、食わせて寝せれば大きくなりますよね。子どもって。
各家庭の勝手ではありますが。
私は気持ちの良いことばかり書いても仕方がないと思っているので、聞きたくない場合は見ないでくださいね。
するしない、訊く訊かないは個人の自由かなと思っています(^^)


幼児期は手足を大きく使って伸びる時期ですよね。
同時に脳も成長しているということです。

子どもを連れての移動は面倒なこともありますが、いつまでもベビーカーを使っていては足腰は弱りますし、同時に脳の成長もあまりしていません。
逆にそうしないといつまでたっても、どんくさいよく転ぶ子になります。
人込みの中と、公園や自然の中ともちろん対応を分けるのです。

そして自転車は今はあまり使わないかと思います。
就学してから乗れるようになっても遅くはないでしょう。
自分が育ってきた環境とは、今は違うということを、しっかり客観視するのです。

コツは自分がそうだったから。ということで、今の子どもにもそうさせないことですね。
時代が違うんです。

何も、オール5を取るためにそうしたほうが良いと言ってないのですが、普通の成長を望むのであれば、歩調を合わせて一緒に歩き、公園などで大きく体を動かして遊ぶことですよね。自分の足で走って歩くのですよ。

靴も薄手の物が良いです。感覚が解ってない時期なのですから。
痛い、きつい、ゆるい、固い。
当たり前ですが解りやすく子どもは言わないですよ。 
自分の足の動きをしっかり感じながら過ごすから、感覚がしっかり育つのです。
自分の空腹、満腹もわからないまま、小学校に上がる子も今は多そうですね。
健常でも障害でもそう大差ない時代ですね。


そして親御さん自体が少しは危機感を持って生活しないと、何もできるようになりません。
自分のふるまいが、実は周りに嫌われているということもわからないまま、死んでいく人も多いでしょう。


自覚するのです。虐待事件やその他色々もここは多めだ。ということも。それは、親元に居ないから。などという理由ではないですよ。
そんな人は世界中にいくらでもいますから。
子育てに、何か適していない事柄があるということです。それをしっかり見るのです。わからなければ訊く。相談する。同意してくれる人ばかりに聞くことも、第一歩だと思いますからそれでも良いと思いますよ。
精神的に弱いと、同意してくれる人を無意識に選んでキープしておくものですから。

私も弱いですよっ

良いとか悪いではなく、自覚し、認めるのです。そこで、今自分は何ができるか。

それを子どもは見ています。
お母さんは料理がおいしくない、作りたくなさそう、不平不満が多そう、お父さんは○○…などと子どもは言いませんよ。
両親のふるまい、感じ方、価値観、全て真似をして育ちます。
こういうことは私だけではなく、園の先生方や小学校の先生方も知っていることです。あえて言ってないだけですよ。
家庭内のことは実は筒抜けです。
外で親御さんの言動を、そっくりに真似していますからね( *´艸`)



今テスト期間で中学校も高校も早く帰りますよね。

自転車の左側通行が守れてない高校生の多い事。
言われてないのでしょうね。事故を起こして今は億単位の損害賠償が請求されることを。
ここで、うちのこ大丈夫かしら??と思った私に近い方は大丈夫だと思います(^^)
私がよく見る子たちは、しっかり左側通行していますよ☆
少し無理してるかな??と思う、あまり私と近くないおうちの子は、疲れ切って左側通行していないところを見たことがあります。
(余計わかりにくいですね

松尾さんにあった事ある~~? と聞いてみれば、あー○○に見たわ。とか言っていれば、あてはまる子たちです



敏感期を過ぎて、精神も成長していなく、犯罪を犯してしまうこともやめてほしいですよね。
100点を取るためではなく、人間として普通に全うできるように育てるために工夫して育てるのですよね。


精神は目に見えませんよ。テストの点数は見えますが。

もちろん、私が完璧だということではありません。
今、何ができるか、自分のふるまいも反省しつつ過ごすようにしています。
子どもも外でどのように生活をしているかわかりませんしね。

楽しみましょうね。
しかし、楽しむためにはいくらかの規制や厳しい事も必要なんです。


関連記事

edit

CM: 0
TB: --

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

2018-09