FC2ブログ

自閉圏にこにこママのブログ♪ 

幼児教育・自閉症療育などの失敗、成功を書いています。転載OKです😘💕💕

Category: 自由保育後の様子

遊びほうけて入学後の様子 マラソン大会 

2015/12/01 Tue.

三男につきましては、年長の時点でさくらいちご教室を手伝ってもらっていましたので、年長時に会社員のような1年をすごしています( ;∀;)
トータルで能力があるのは次男かなと思います。
良い悪いではありません。
会社員のようなことを幼児期にしてきた子の予後も、楽しみです

マラソン大会  ものがかかってない、〇位になったら●を買うなどと言ってません
次男  1位
三男  9位


次男 1年生の時・・・3位  2年生  5位   3年生 げぼ
三男 1年生・・・6位



今日は次男にこの勉強を教えてもらいました。
お前逆やろ(*・`ω´・)ゞ


きょうだいでもさまざまです。
潜在能力を出し切るのが私の教育ですが、そうは言ってられない環境もありますよね。
各家庭でもそうですが。

今年は次男がマラソンの練習時から1位だったので、三男がプレッシャーを感じていたようでした。
普段は一番明るく、一番学校でも挙手をするようなタイプです。ノリが良く、外向型直観タイプです。
そういったことを、一番近くにいる保護者が察知してあげることですね。

わざわざ練習してまで・・・という雰囲気でもなかったのでそのままにし、当日は
「1位になることが素晴らしいことではないからね云々」
次男がいないときに、アドバイスしていきました。


帰宅後も、さっぱりと帰ってきたので良かったです(^-^)/
もやもやしたものがあると、帰宅が遅くなったり、帰宅後も親にびくびくするようになります。

根性論を出すときと、出さないときを見極め、女優・俳優になることです。

また、幼児期にたくさん外遊びもせずに、運動能力や地頭がよくなるわけがありません。
幼児期に遊んでなくても、塾に入れれば学習能力が上がるでしょう。しかし、社会性やEQは育っていないのです。勉強の意味すらわからないままかもしれません。









関連記事

edit

CM: 0
TB: --

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

2019-09