FC2ブログ

自閉圏にこにこママのブログ♪ 

幼児教育・自閉症療育などの失敗、成功を書いています。転載OKです😘💕💕

Category: 療育方法

遺伝による発達障がいと、環境性による発達障がいって同じなの? 

2015/03/06 Fri.

題名の通り、遺伝性による発達障がいと、外的環境からの発達障がいは、症状としては似ていますし、診断名も同じになってしまうでしょうが、根本的に違うかなと思っています。

と言えども、赤裸々にはかけませんね・・・

外的環境とは、
・両親の年齢
・外的環境
・後天的なな傷による脳の損傷
などなどですね。


また、外的要因で、「アスペルガー症候群である」というパターンはほぼないかなと思います。
これ以上はかけません。

遺伝性の場合、生きる事自体がいっぱいいっぱいですので、発達障がいであり、なおかつ親になっているということ自体奇跡でもありますね。(良い意味でです)
親になった時に問題が発生する場合も多々ありますが。

しかし大半は、しっかり子育てしている場合が多いかなという印象です。
やはり、「自分が苦労したから、子どもにはしっかり育ってほしい」という思いが強いのでしょうね。

問題が重大化するのは、「第四の発達障がい」ではないかなと危惧します。
健常児しか育てていないと、子育てを甘く見るようになりますしね。
健常でも、障がいでも、子育ては甘くないです。

食わせて寝せれば体は大きくはなりますね。では心は?






関連記事

edit

CM: 0
TB: --

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

2019-07