FC2ブログ

自閉圏にこにこママのブログ♪ 

幼児教育・自閉症療育などの失敗、成功を書いています。転載OKです😘💕💕

Category: 療育方法

それって本当に多動症?? 

2014/07/11 Fri.

「発達障害」と、「多動」

という言葉だけが一人歩きしている状況ですね。

だから、なんでもそれに当てはめようとする人が増えています。

どんな根拠でそう思うのか?
ということです。

障害名をいえば、理解されることももちろん大切です。障害名をいえば、PTAをやらなくてすむなどという考えも、どうなんでしょう。逆に障害を隠すことも、どうなんでしょう。

幼児は大体が、じっとしていないものですね。
大人しい子どももいますが、一概にいえないです。
極端に大人しい場合、知的障害や自閉症が隠れている場合と、
親御さんが動きたくない人であり、従順なお子さんであれば親御さんの言うように動かなくなります。(社会的参照)
動かないとは、字義通りではなく、外に行きたい・動き回りたい感情を無理やり自分で封じ込めたり感情を押し殺すということでとても危険な状態でもありますね。


動いて動いて大変だった・・・・
とは言うけれど、どの程度の大変さか、見ていないとわからないわけですよね。
端的に捉えてはいけないです。
その方の、主観越しにみて、決めているわけですからね。

多動という言葉が一人歩きしてしまうと、多動でもないのに、幼児期の子どもをみて多動だとか言い出す人も出てきます。
それが害ですね。

でも、本当に多動や障害で、大変な子育てをしている方もいますからね。
そこは認めないといけないことで、難しいのです。

まあ、本当に障害があれば、ブログなんてやっている時間はないでしょう。
親以外の大人の助っ人がいるかいないかにも、大変さは変わってきますね。
愚痴を聞いてくれる人がいるのといないのとでは、雲泥の差です。

関連記事

edit

CM: 0
TB: --

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

2019-11