FC2ブログ

自閉圏にこにこママのブログ♪ 

幼児教育・自閉症療育などの失敗、成功を書いています。転載OKです😘💕💕

Category: 自由保育後の様子

親と違う道を行く 

2014/06/11 Wed.

先日は三男の学年の参観日でした。

三男は先生が質問する前や、質問したら即手をあげるようで驚きです。
挙句の果てに、「本当にわかっているの?」
と聞かれていました。。
その時もうんと即答していました。。

三男の言い分は・・・(自宅ですが)
・いつもすぐにわかる質問だから言われなくてもわかるものばかり
だそうです。。。

手を挙げない子用に、間違ってもいいのだ・・・と教えられていますしね。

誘発されて手をあげる子も数人いるようです。良い循環ですがそれでもあげない子はあげないらしいですね。

まあ、うつ病の通りがかりの人にきついことを言われてもほぼ1日で平気な三男ですからわかるような気がします。
うつの人に、突然いらいらをぶつけられる(被害妄想)ことは、本人は結構なショックですよ。
やられたことがある人にしかわからないと思います。
私も会社員時代に、隣で仕事をしていた同僚がそういう目にあい、数日かなり落ち込んでいましたから。
被害妄想だとわかっていても、ショックなのです。
無意識の罪も、罪になるのです。
何もしていないのに、「お前が盗んだんだろ!!」と女性に怒鳴られていました。

隣の私の方が動けなくなったりしましたからね。

次男は・・・
提出物をギリギリに出すこと、に嫌悪感があるようです。
私は間に合えば良い・・・と思っているので、次男に急かされます。

社会でうまくやれるタイプですね。

学校のCRTテスト?でしたっけ。。よく聞いたら四谷大塚ほど難しくないそうです。

子どもらのいうことに、すでに私がついていけなくなっています。

というわけで、緘黙の腹から生まれて、こんなになり幼児期の親子関係・環境は人間をどんどん伸ばすということですね。






関連記事

edit

CM: 0
TB: --

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

2019-09