FC2ブログ

自閉圏にこにこママのブログ♪ 

幼児教育・自閉症療育などの失敗、成功を書いています。転載OKです😘💕💕

Category: 教育観

外と自宅とでは子どもの態度は違う 

2014/05/18 Sun.

5時起きはキツイですっ
これで真っ暗な中運転だと死んでしまいますね
今は日が長いので、ほぼ夏と同じくらい朝も明るく、気持ちが良いですが私は早起きすると体調が悪くなります



~~~~~~
子どもが、自宅と幼稚園や学校での態度が違うことは、育児において基本のキだと思っていたのですが、みんながみんなそう思っているわけではないのですね。
驚きです。


これも一口ではいえないことでもあり、違いすぎることも良くないでしょうし、全く一緒の子もいないかと思いますし。
この文章でも、色々な意味が含まれているのです。
教育産業は、この、色々な意味が含まれていることも書かないといけない時代かも、しれません。

子どもは、嘘をつきますし、でも嘘で固めた虚言癖の域になることはよくないですね。
全く嘘を付かない子はいるのでしょうか。
嘘をつくことが、悪いことでもありませんし、自然な成長です。
しかし、犯罪や重度のいじめをしていて、していないなどの嘘はいけませんね。

何が原因で、虚言癖ができてしまったか、追求してかないといけません。

また、子どもが話すことが本当だったとしても、実際に現場を見ていないわけですから、
じゃれあい→けんか→大揉め

ただのじゃれあいが、すごいけんか~~と解釈しているかもしれませんね。
それをいちいち、真に受け、教育委員会に報告していたら、この先どう生きていくのでしょう。

また、親が大げさに反応するのを見て、わざと事を大きく言って親を試す・反応を面白がることもあるかと思います。
ここが、親力を試される所でもあると思います。
子どもが100点をとることだけが、親力ではないのです。

子どもの言っていることは信じたいのが親です。しかし、実際に見ていないことをどれだけ想像できるかわからないですね。
特にコミュニケーションが少ない地域では。

本当に聞き出したいことがある場合は、それ相応の話し方というのがあるのではないでしょうか。
会話会話といいますが、学校であったことを、根掘り葉掘りきくこととは違いますよね。

状況を説明させることだけでなく、それが本当のことであるか、逆誘導尋問をするなり、また心はどう感じたか・気持ちを聴いたり、それを膨らませて明るい話題に持って行ったりするのが親力ではないでしょうか。
いちいち暗い話題に持っていかないようにしないと、子どもも逆の発想すらできなくなってしまいます。
それが、社会的参照でしょう。

自分の子どもが言っていることが正しくて、他人の子どもの言うことが間違っている・・・などという付き合いをしていったら、友人をなくしてしまいますし、子どものコミュニケーション能力が育たないでしょう。
育たないからといって、一々周りのせいにし、周りにクレームをつけていっても、行く先が知れています。

親とは、子どもをエリートにすることだけではないはずですね。


次男三男らも嘘をつきますがまだすぐわかる嘘ですし、他人を悪くいう嘘はないです。
長男も、真実の聞き取りはできますのでね。
また、何かあれば言い返したりしますでしょうし、水泳仲間でも遅い・下手などと言われたこともあるようです。
年下の子からも言われたこともあります。長男も言っていることでしょうしね。
目の前での出来事だったので、その時はちょっと注意しようかな・・・と出ていこうとすると・・・自閉圏内の長男はなんて言ったと思いますか。

「何も言わなくていい・それでいいのだ」
と私を止めました。

本人らは、気にしてないのです。小学生チームであれば上下関係より、仲間を意識しなければいけないという暗黙の了解があるようです。私は高校時代しかスポーツをしていなかったので上下関係しか頭にありませんでした。

挨拶代わり・声かけの域のようです。
いちいち親がしゃしゃり出ないで良い場面もいくつもあるのです。
それで、コミュニケーション能力が育っているのです。
いくら良い幼稚園や学校にいっていても、いちいち親がしゃしゃり出ていたら、育たないのと一緒です。

少し言われたくらいで、何もできなくならないように育ててあげるのも、親の役目ですね。

現在は水泳仲間の仲も良いですし、正直、学校仲間でもこれくらいの強さがあると頼もしいだろうと思います。
被害妄想的になってしまってないか、実際に見てもいないのに、決めつけていないか、熟考しないといけません。


関連記事

edit

CM: 0
TB: --

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

2019-10