FC2ブログ

自閉圏にこにこママのブログ♪ 

幼児教育・自閉症療育などの失敗、成功を書いています。転載OKです😘💕💕

Category: 療育方法

さくらいちご教室の療育はいつまで? 2 

2014/04/28 Mon.

前回の続きです。


4つ目は、
先天性で重度と思われるお子さんでしたら、最低2歳から始め、就学までうちの療育をやりきれば、高機能群(IQ70以上)には行けるかなと思っています。本当は健常域を目標にしているのですが、未だ渦中なのですみません
(まだ始めて1年しかたっていない教室ですので、しっかりした統計をだせません
重度の子に関しては、うちの最高年齢3年生まできてもらう・やりきることをお伝えしています。
もちろん、ご自分で全てできるのであれば通わなくても大丈夫です
今のところ、これが中々できないと言われる親御さんが多いです。しかしうちにきている時間は3時間ほどしかありません。あとは親御さんがやるしかないのです。

しかし、1歳や2歳で重度と言われるところはないに等しいですが。

中度のお子さんも同じ感覚で考えてもらうといいかと思います。
また、こういったお子さんらは、しっかり親御さんが障害受容し、半年に1度発達検査を受け、検査結果も追って行きながら全て同時進行で教育されることをおすすめしています。

間違っても、テスト内容を教えないようにしてくださいね。


5つ目は、
高機能自閉症やアスペルガー症候群の子、知的ボーダーの子も、ほぼ同じですが気づいた時からしっかり生活改善・外遊び中心の教育を始めることです。
モチベーションアップにつながるので、半年に一度発達検査をしながら進めていくと良いと思います。
毎日のようにうちの療育を頑張れば、(最低2年以上)健常域も夢ではないかなと思います。


お医者が診断をくださないのは、今後の生活次第でどっちに転ぶかわからない・・・という意味も含まれているからでしょう。
決して、何もしなくていいということではなく、パニックで虐待になるくらいなら、診断をしないでおくということもあるかと思います。


こういった高い目標があるので、教育の前に各種検査をお願いしているのです。
耳が悪いのに、言葉の訓練などをしても拷問にしかなりませんよね。
傷があるのに、手当をせずに方向違いの教育をしているのと同じです。
それでは教育の効果がありません。その子の大切な時間を無駄にしていることですね。
うちでお願いする検査は、
聴覚検査・口腔内の検査・目の検査・脳のMRIまたはMRA、血液検査、遺伝子検査などです。
また三重県内では、保険がきくところもあります。


なのでうちに来てくださる方というのは、覚悟が決まった方・・・ということです。
それ以前の段階の方は、私や私でなくても、誰に何を言われても腑に落ちないでしょうから、私ができることはその子仕様の教育プランをたてることと、来てもらった時にその子仕様で教育していくだけです。
これだけでも結構な時間がかかるので、申し訳ありませんが鬱状態の心のケアまではできません。
そのために、公の療育施設というのが存在するのだと、思います。

民間では、公教育ができないことをやっているので人員確保もできませんし、できることだけという形になってきます。
子どもの育成・・・これに特化しているということです。






さくらいちご教室の教育はいつまで? 3
関連記事

edit

CM: 0
TB: --

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

2020-07