FC2ブログ

自閉圏にこにこママのブログ♪ 

幼児教育・自閉症療育などの失敗、成功を書いています。転載OKです😘💕💕

Category: 勉強

考える力プラス講座その他 

2014/03/26 Wed.


次男の考える力の4年生です。
4年生から、再申し込みが必要だそうです。中学受験コースだそうです。
一気に、量が増えました
手付かずで、溜まったテストを一気にやっているところです。

考える力のまとめ冊子が3月号でついてきたので、プライドに悪いですが長男に渡しました。
ひねった問題なので、公立のものしかやったことがないと難しそうです。
算数はまあできていて、失礼しましたという感じでしたが、国語に躓きがあるとわかりました。
ひねった国語は、間違えやすいようです。
教える時間ができてよかったです。


DCIM1968.jpg
三男の考える力1年生です。
文章題ですが、先取りしているなら、とりあえずこういった文章題ができるか・・・・で良いと思います。
これ、簡単そうに見えるのですが、けっこう躓くと思います。
年長さんや1年生の子にやらせて、4問簡単にできたら先取りさせてあげるべきだと思います。(年長さんはそのままこれで。)
こういうひねった問題は、クイズと一緒ですから。
いつまでもつまらない問題をさせるよりずっと良いです。
しかし学校では意欲的に取り組む姿勢を、必ず教えないといけません。

DCIM1969.jpg


3月号は、実力テストです。いずれも、遅くなっても努力シールはもらえるので出すといいですね。
タブレットは、誰でもハマりますね。
私は、タブレットはおすすめしません。はじめだけ飛びつき、本当に忍耐力がついていなければすぐに飽きて再度溜めるでしょうね。
ひとり親家庭などは、いちいちメールでお知らせが入るので、子供のことを忘れないモノができていいと思います。
しかしひとり親でもなければ、メールのお知らせまで要りますかね。

うちは、今まで通り封書で採点に送って居ます。
次男も、三男も赤ペン先生にお手紙を書く欄は、必ず書いています。
待っているという気持ちがあるようです。私は何も言わないのですが。
また、封書の用意をしたら、自分たちで出しに行かせています。
数枚ためると重いので、ポストではなく窓口に行かせて居ます。
入学説明会で、「学校から自宅までの道を間違えないようにしておいてください」

などという説明がある時代です
子どものお使いって、貴重になってきましたね。



関連記事

edit

CM: 0
TB: --

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

2019-12