FC2ブログ

自閉圏にこにこママのブログ♪ 

幼児教育・自閉症療育などの失敗、成功を書いています。転載OKです😘💕💕

Category: 療育方法

広い場所で大声を出して遊ぶことは脳を活性化させる 

2014/02/24 Mon.

カラフルな遊具ができるだけない場所で、大声をあげて遊ぶと、子どもの脳をとても活性化できます。

文章で書くと簡単なのですが、裏を返すと、何もないところで子どもをある程度遊べるように誘導しなければいけないことでもあります。
遊具がないと、遊べない子どもになっていたら、またそれを変えるのは難しいです。
できるだけ小さいうちから、何もない場所でも遊べるように誘導してあげるといいでしょう。
健常児も、障害児もです。


今は、カラフルな遊具がたくさんありますので、発達に気がかりがある子は、気が散る原因にもなっていると思います。
子どもが、絶えず笑顔でいることだけが、大切ではないです。
このポイントが理解できれば、親子療育ももっと効果も上がるだろうと思います。


一言で声を出すといっても、様々な筋力がいることですね。
まず腹筋、胸筋、表情筋、などなど。。また、声を出すということは、口腔内が忙しくなるということで、唾液もたくさんでます。ということは・・・?虫歯予防にもなっているということ。
口腔内の機能が悪かったら、話言葉にも影響しますね。その予防にもなります。

それからやっと、学習ということです。

関連記事

edit

CM: 0
TB: --

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

2019-09