FC2ブログ

自閉圏にこにこママのブログ♪ 

幼児教育・自閉症療育などの失敗、成功を書いています。転載OKです😘💕💕

Category: 療育方法

言葉が遅れていること 様々な能力・環境・保護者 

2014/02/18 Tue.

一言で、言葉が遅れているといっても沢山の要因がありますね。

○1.6検診で引っかかったのか
○3.6検診で引っかかったのか
○就学前検診で引っかかったのか
○特別支援学校を拒否して普通クラスに入れてしまい、子どもが二次障害になったのか
○1歳1語文、2歳2語文、3歳3語文のおおよその目安より遅れている
○年齢が進んでも、言葉以外のやり取りができないのか
○年齢が進んでも、子育てが大変なままなのか
○はい・いいえの受け答えができないのか
○緘黙か
○虐待ゆえの遅れか
○虐待ゆえの緘黙か
○虐待はしていないといえども子どもにとっては虐待になっているから緘黙なのか、知能が遅れて言葉が遅れているか


ざっとあげただけでもこれだけあります。
なのでもっとあるということです。きりがないのでやめますし、療育施設などであればすでにやっていることと思います。

子どもの置かれた環境も違えば、どこで躓いているのかも違います。
なので、さっと見てこの子は言葉だけ遅れているから大丈夫だとか、検査しなくていいなどと煽るのは犯罪行為に近いものですね。
ネット上でもそうですね。
また虐待に抵触するのであれば、秘密保持の義務はなくなります。



関連記事

edit

CM: 0
TB: --

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

2020-07