FC2ブログ

自閉圏にこにこママのブログ♪ 

幼児教育・自閉症療育などの失敗、成功を書いています。転載OKです😘💕💕

Category: 教育観

モンテッソーリ教育・○○式育児など 過去記事 

2014/01/14 Tue.

気になった事を。
発達障害に関する検索がやはり多くて、思いつきで書いているので誤解されていたら・・・と気になりました。
発達障害=モンテッソーリ・シュタイナー教育・ヨコミネ式などがいいということではありません。

ずるずると色んな事があって、今に至っているだけなんで、初めからモンテッソーリだの、なんだのと真似して育児はしていません。一人一人、違うのですから・・・。
自閉症スペクトラムでも、重い子もいれば軽い子もいる。軽く見えるだけで、案外重い子もいます。

軽く見えて、案外重い子は、受動型の子です。これは確実ではないかな。
でも、本当にわかってくれる、先生・お医者はほとんどいないでしょう。期待しないほうがいい。それこそ、受動型の子だけは、インターネットで調べて調べて・・・のほうがいいと思います。
愛着障害に関しても、理解のあるお医者はほとんどいないでしょう。

学校の先生に、検査をしてもらいましたが、「軽い子です。もっと困ってる子がいる」
といわれたが、WISCの本をよむと、長男の数値が軽いとは到底思えない。通級の先生でさえ、そういう。




ゆったり育児を始めたのは、次男から。それから、長男も引きずりこみ、今に至ります。たまたま、私がしていたことが、モンテッソーリ・シュタイナー教育・ヨコミネ式と似ていただけです。
ヨコミネ式なんかでは、時をみて、学習や評価できる運動(跳び箱、競争、なんだかんだ)を取り入れるのですが、発達障害のコにはどうでしょうか・・・
モンテッソーリ・シュタイナー教育・とことん遊んで、共有共感してくれば、すごい成長をみせるかもしれませんが、私だったら、
評価される事柄・は、しないと思います。
もちろん、その子仕様なんです。

6才までに、運動神経の発達がなんとか・・・も最近知りました。0~6才が、運動神経の敏感期ということなんですね。3才までは何とかの敏感期・・・などなど、、、という事は、幼児期って最重要時期ということですね。

でも、子供は敏感期だからといっていかにも運動神経がよくなりそうな事したり、いかにも言葉が上手くなること喋ったり、算数っぽいこと・・・しないですよね。でもそれが発達を促しているんでしょう・・・。そこが、一番大切なことと思います・・・。
だから、塾や習い事に入れたりしちゃうのでしょうね。でも、習い事では100%その子の能力は発揮されないと思います・・・。





こちらの記事はよく読まれていますが、3年ほど前に書いたものです。
保育士なりかけになった今、確かに私のやっていることは、こういう育児法に似ている部分がありますね。
しかし、私はそういうのに頼るのではなく、その子に合っているかいないかで判断しています。
○○式育児というのは、1つの模範として参考にするまでですね。

ゆっくり気の済むまで考えて、大人の見栄や監視のないところで遊ぶ・・・・
こんな当たり前なことが今ではできないでいます。
これほど、知能や能力がアップすることはないというのに。
習い事に入れただけでは、大した成果がないのはそのせいですね。

関連記事

edit

CM: 0
TB: --

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

2019-10