FC2ブログ

自閉圏にこにこママのブログ♪ 

幼児教育・自閉症療育などの失敗、成功を書いています。転載OKです😘💕💕

Category: 教育観

多数派に所属しないと過ごしにくい 遊びも同じ 

2014/01/10 Fri.

正月は岐阜へ帰省しまして、年末年始と公園に子どもがたくさん集まっていました。
木枯らしがふこうと、幼児・小学生・(中学生も)が外で遊ぶのは当たり前なんだ~~
という、雰囲気にとても遊びやすかったです

多数派が、「外で遊ぶのが当たり前」だと、遊びやすいのです。
しかし、その逆だと、遊びにくいですね。

しかし外で遊べない子が室内でなにをしているかといえば・・・ゲーム・TVでしょうね。

四日市でも地区によって違うようですね。
四日市の街中では、放課後も子どもがちょろちょろしていますよね。
小学校しか遊ぶ場所がないからか、学校が賑わっていますね。
習い事で忙しい子も多いかと思いますが、お金を使わない県民性だと思うのでそんなに習い事もぎっしりではないでしょう。

県地区もけっこう放課後子どもが右往左往しているようです。

川島は外遊びする家庭は少なそうです。

ときわは、転勤族が多いので多様でしょうね。

菰野地区は当たり前に遊んで居ます。
菰野は、今は他から引っ越してきた人も多くなってきていますので、引きこもりの家庭も多いかと思いますが、外で遊ぶ子につられて一緒に遊ぶことが多くなるでしょうね。良い循環です。

鈴鹿の公園も賑わっています。鈴鹿にくると、子ども好きが強くなるようで鈴鹿に出かけると、散歩の方から、何か貰うことが多いですそして挨拶をする大人が多いです。

亀山も同様です。

いなべは、四日市に似ているかもしれません。
それ以上北にいくと、岐阜と似てきています。

四日市の人は挨拶をしない人が多いです。
そして子ども嫌いな人が多いと思います。
しかし、市役所はとても対応が良いと思います。私の中で歴代1位です

私もきて6年になりますから、無視されたり挨拶をして驚かれたりするとめんどくさいので挨拶しなさそうな人にはしませんが、挨拶をする地域だけはしています。

どうして、挨拶までもしなくなるんでしょうね。
マイナス思考の傾向がありますよね。

一般市民がそうであれば、教師や公務員、議員なども同じような考えである・・・ということまで考えないといけないんです。
ここが、危機感です。
エピソードはたくさんありますが、赤裸々に書かなくてもここまでで連想ができるかなと思います。
子ども嫌いな保育士・小学校教諭って・・・どんな連想ができるでしょう。






関連記事

edit

CM: 0
TB: --

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

2019-10