FC2ブログ

自閉圏にこにこママのブログ♪ 

幼児教育・自閉症療育などの失敗、成功を書いています。転載OKです😘💕💕

Category: 教育観

すぐにわかる嘘をつく子ども 

2014/01/05 Sun.

年明け早々、辛口記事です

全てにおいて、地域性があるのですが、幼児や低学年の子どもって、すごくわかりやすい嘘をついたり、誤魔化したりしますよね。
実は、うちの下の子二人は園に行ってないからか、そういった誤魔化しや嘘はほぼありません。

「グランド20週走れた」(明らかに嘘)
「先生に怒られない」
「夜7時まで外で遊んだ」
「アンフェア観た」

など、
「自分を大きく見せる」
「今目の前にいる相手より、上のことをいう」


ような誤魔化しや嘘を叫ぶ場面て、園などでもよくあることじゃないでしょうか。

みんな行ってますのでそれが当たり前になっているかもしれませんが、私は違和感があります。

また、常に言っているわけでもないのでしょうがこんな会話をしていると、まともな会話ができなくなりますよね。
これが弊害じゃないですか?
まともな会話ができないまま、思春期を迎え、ますます会話が減り、子どもが何考えているのかわからない・・・がオチでしょう。

しっかりと子どもと向き合っていると、4歳前後には大人な会話ができるようになります。
なので一緒に行動していても、幼児相手という感覚もなくなってくるんです。なので一緒にいても苦痛でもないですし、それがより、愛着を深めます。

逆にこれがいつまでたってもまともな会話ができないでいると、話相手にもならないでしょうし、いつまでたっても幼稚な話相手でつまらない・・・などと思うかもしれませんね。親がつまらないとストレスを抱えていると子どもにすぐに伝わります。

園や習い事で忙しくすごすことが王道ではなく、ゆっくりした時間こそが王道なんです。
ということを、わかっている保育士さんや、園だとこころ強いですね。

関連記事

edit

CM: 0
TB: --

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

2019-10