FC2ブログ

自閉圏にこにこママのブログ♪ 

幼児教育・自閉症療育などの失敗、成功を書いています。転載OKです😘💕💕

Category: タンデム授乳

虫歯、インフルなど身体状況 16歳、13歳、11歳 

2019/02/03 Sun.

長男16歳はほとんどミルク育児です。
6歳で虫歯9本ありました。
私がへたくそ育児で、歯磨き自体もなにもかもへたくそだった要因もあります。

ここ数年は年に1~2回、皆で定期的に検診&歯垢取りにいっているので虫歯はありません。
歯と歯の間に隙間がないので、糸ようじでも磨くようにいわれます。

インフルは、小学校6年生まで、毎年クラスで1番くらいになっていました。
中学校になってからはかからなくなりました。
肺が弱い気がしています。


次男13歳は虫歯1本治療済み。
インフルは生まれてから1回かかりました。
私がインフルでも、うつりません。そら、気をつけてはいますが。


三男11歳は3本治療済み。
三男は3~4歳で、母乳は卒乳しています。短かかった印象です。1歳から、戦隊ものが好きで、将来戦隊に入るのに、おっぱいなど飲んでいられないとのことで終わったこともあります笑

インフルは何回かかったか忘れました。数回です。
小学3年頃から、絶対に学級閉鎖にならないクラスのようなことになり、現在もぴんぴんしています。
閉鎖になったらなったで仕方ないよね~みんなが授業遅れるわけだから心配ないねー家でまったりあれしようこれしようね。と言っているのですが、今は諦めています笑




関連記事

edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: さくらいちご幼児教室の様子

医者に一生話せないと言われている子が挨拶しました 

2019/02/03 Sun.

以前の記事

重度知的障害を伴う自閉症で、一生話せないと言われている子ですが、私はアスペルガー症候群だと思っています。3歳半です。
身体的な検査は済んでいます。頭部のMRIもやっています。異常なしです。


自閉度は重い方で、この自閉は遺伝であると思っています。
重いのですが、親御さんは素晴らしく誰もが羨むお仕事もされています。ご実家も、自閉っぽい方を除けば良い環境です。自閉症を持っている方の影響はあるようですが、上手に生活をされていると思います。


なのでご両親が持っている自閉の部分も、受け止めて改めていきながらゆったり教育している状況です。

単語を話すのは以前から少しずつあったのですが、先日はお父さんに、
「おはよー」

と言えたそうです。自分からです。

喋ってんじゃん?ヤブかな。その程度で医師免許もっているんですね。


それから、ママにもいってみて♪

と問いかけると、もじもじして、口パクだけしたそうです。


この自閉症の症状、おわかりでしょうか。

これがこちらの子の自閉症の困り感の部分です。
まだ幼稚園もいってないので困ってはいないかもしれませんが。
症状の1つですね。


一般的に話さないと、知的障害であると言われます。
しかし、知的障害であるなら他の症状も見ていかないといけないんです。
話せないだけでは知的障害だと言えません。

こうして間違えられる子は過去にごまんといただろうなとは思います。

★素直さがない
★失敗をすることを親の前でも恥ずかしがる
★親御さんがいないと寂しいこと、生活できないことはもう理解していますが、まだ一人で生きている風


のちに出てくる自閉症の症状と似通っています。
しかし幼児なので見分けが難しいんです。

だから、話さないということです。話したくない。話す必要がないと思っている、下手くそに話したくない。という気持ち。


今の段階で無理にでも言葉を出そうと思ったら、保育園に放り込むことですね。今は同年代の子どもは好きになっていますから、ほかの子どもとコミュニケーションを取ろうと思ったら嫌でも話さないといけません。
そして自閉の部分はどんどん取れていますから、知能的にも平均か少し上ですし、物事の理解もしていますし本も沢山読んでもらっていますし自分でも見ます。そこまできているので、保育園に放り込んだら話すだろうなと予測できるんです。

そこを利用するのですが、きちんと外遊びや自然の大切さを理解しているおうちです。
盆栽のようにひん曲がって育ってしまっては勿体ないと思っています。
なのでここまできたら、台風にも揺るがない大木のような子に育ってほしいですよね。

子育てて大事なのは、
「待つ」

こともとても大事だと実感しています。

自閉関係なくですね。せっかちでは、子どもの教育においてはマイナスにしかならないと思っています。






関連記事

edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: タンデム授乳

卒乳のメリット 

2019/02/05 Tue.

長期母乳育児で卒乳ですと、早期から子どもがよく言うことをきくようになると思います。
子どもが生きていて、言うこともよくきく。こんな有り難い話はないですよね。

それだけではなく、母親の方の考え方も子どもに合わせて丁度良い思考ができやすい状態になるのではないかなと思っています。

だから、親子、両者が塩梅よくなっているんです。
いうことを聞きやすいから、馬鹿親みたいに支配するでもなく、ミルク育児の子どもが悪いと決めつけるのでもなく、子育てが良い方向に向かいやすいのだなと思います。

もちろん、母乳だけあげていれば良いわけではないですが、生きる上で基礎となることが母乳育児なのかなとも思えます。


自閉症などの症状があれば、尚更大事になることがわかるかと思います。赤ちゃんの時から治療をしているようなものですからね。
健常児であっても差がでてくるのですから、最善を尽くしてあげたいですよね。


母乳育児ができなかったら諦めるのではなく、今からできることをすれば良いですよね。

以前にも書きましたが、今から母乳にもっていくことができなければ、抱っこや触れる時間を増やすことです。

なぜか、子どもをできるだけ抱っこしないようにする方法や関わらなくて良い方法ばかりはびこっていますが。
好きで産んでおいて、今度は抱っこしたくないとか面倒くさい育児をしたくないとか、おかしいですよね。

だから夫婦仲もおかしくなるんですよ。だから、第二の家庭を作るんですよ。

子どもがそこにいるだけで、付加価値がなくても。幸せと思えるかどうか。そういうところを、まともな男性はみているんですよ。いちいち口に出さないだけでね。
まともじゃない男性はみていませんが。
あなたのご主人は、まともですよね。

女性だけに言うことではないですけどね。親になり、子どもがそこにいるだけで、幸せと思える人が本当に幸せなのだと、思います。
思えない人は、不幸ですよね。

関連記事

edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: 子育て(日々のつれづれ)

対応に感謝 

2019/02/09 Sat.

たまに、三男が傷を作って帰ってきます。
すってんころりんしたのかな。と思って訊くと、
すってんころりんしたんだよ。と言うと思いましたら言いませんで。

手がでる学年カラーなようでして喧嘩でした。うちの場合は責任どうこうより、何があっても手を出さない!と決めてしまうとまた大変ですから、臨機応変に教えています。
殴られっぱなしになるということですもんね笑

以前は、取っ組み合いで過熱し他のフロアまで行ったそうです。
そのときにある先生に少々みられたそうです。
もちろん、三男とかになると見つかるような真似はあまりしません。
さっと喧嘩をやめます。

しかし相手は大人ですから、雰囲気でもうばれているとは思います。

私はその話を聞いたとき、やべえー問題になるかな
などと思いました。

しかし、問題にならなかったんです。
喧嘩は引き分けな感じでした。

少々の取っ組み合いを、見逃してくれた先生に、感謝です。

自分の子どもが傷を作って帰ってくるのは私は心配になります。毎回心配するような喧嘩はありませんが。

どういう喧嘩をしたか見てないわけですから、余計心配ですよね。想像が膨らみすぎるというか、みなさんそういう経験はあるかと思います。
見ていたら放っておくことなのか、判断できるのですが。見てないのに何ともいえないのですが、すっきりはしません。

なので担任の先生か、親御さんに言おうか迷いました。
が、めちゃくちゃ仲が悪いということではないので、普通の男の喧嘩ですから、黙って収めました。

次男と三男からは正確に出来事を聞き出せますのでね。おそらく間違いではないと思います。
話さない子どもが大半だと思いますが。または事実ではないことを話したり、話を盛る子など。
なぜ子どもが話をしてくれないのか、どれだけ盛っているか確認する方法も、書いていきたいと思います。


私はいわなくて、問題にしなくて、良かったなと今は思っています。
見かけた先生も、黙っていてくれて子供らは本当に貴重な経験をさせてもらえているなと思いました。

こうした経験も、必要だとは思いますのでね。
運が良かったです。

今は何でも裁判ー賠償ーとかになるので何もしないのが普通なのでしょうけど。

関連記事

edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: さくらいちご幼児教室の様子

外遊びを始めた親御さんの感想 成果 

2019/02/16 Sat.

汚い庭ですみません💧💧

親御さんに、外遊びや規則正しい生活習慣を実際にやってもらった感想です。
私の視点にはない、わかりやすい表現をされていますので転載させていただきました。



「うちは、言葉が出ないのが一番心配ではありますが
私もさすがに外遊び三年目に突入しますので
自閉の根底の部分、困り感の根っこが外遊びで良くなるんだなというのは分かってきてはいますし
そこは放っておくと伸びないまま、恐ろしいなというのも感じています。

最近、視機能もまた良くなりました。シャボン玉を見え方が変わったようで、その時は本人も歓声をあげて喜んでいました。そんなのも何年か外遊び連れて行かないと分からなかった気付けなかったと思います。

言うなれば、外遊びで伸びるのは木の根っこの部分で
単語とか生活動作とかそういうのは葉っぱの部分で、葉っぱにいくら水や肥料かけても木は育たない 
根っこにかけないと駄目なんだと、、根っこを育てればいつか葉っぱも生えてくるんだと
そう思ってやっています。」


成果も書いていきます。
関連記事

edit

CM: 0
TB: --

page top

2019-02