FC2ブログ

自閉圏にこにこママのブログ♪ 

幼児教育・自閉症療育などの失敗、成功を書いています。転載OKです😘💕💕

Category: 療法

大人の発達障害 

2019/01/05 Sat.



最近は、発達障害のまま大人になってしまった…という方のお話を聞く機会があります。
大人になるにつれて、症状は複雑化しますから私は大人の療法には手を出しません。お金をもらってまで療法などしませんが、ブログに書くくらいはするということです。

わからないからです。
そしてサイコパスとか、犯罪者、DVをする人の症状とも似通ってきますので、見分けは難しいんです。


人は、発達障害とか関係なくほとんどの人に当てはまると思うのですが、自分の欠点が見えていません。見えていると思っていても、間違っていることがほとんどか、見えていない部分の方が多いという場合があると思います。

まあ、人のことを言える立場ではないんですけどね。
暇なので書いています。

私も発達障害のまま大人になった部類ですが、うまくやっていますのでね。
しかし大概は自殺に追い込まれたり、生活自体が難しかったりするようです。

そして子供にもグレーゾーンがあるように、大人にも薄い、濃いという程度の差があります。

もちろん、薄い発達障害であれば困ることはその分少なくなるということです。

私は、頭の中がうるさくてもいいじゃない?
と思えるようになりました。うるさくしたくないときは意識してストップをかけるんです。
それはその人に合うやり方があると思うので、思考を停止できるようなものを発見するしかありません。
私は基本的には、うるさいまま、居させます。それが本来の自分なのですから受け入れることでストレスは軽減されることもあるからです。

年末年始はスーパーか歯医者しかいかず、家事をして家に待機していることも私にはとても苦痛なのですが、意識して時間が早くすぎるように工夫することもしています。
結婚自体が向いていないんですが笑


人の下心や建前、見栄が見えてしまうことも、対人関係を避ける理由になっているのでしょうね。全部の人の下心は見えないと思いますが発達障害があると、大概わかりますよね。
これって本当は分かりたくないですよね。
人の振りみて我が振りなおせ。という教訓にしています。

見返りを期待している人の醜さは、本当に苦手です。
程度の差はあると思います。少々のことなら許せるのですが、返す言葉からなにからなにまで自分の思ったように返ってこないと気に入らない人などもいますからね。
そういう方たちは、自分がそんなだと気づいてないかと思います。


子供は全くそれがないですから、子守は大変でも子供が好きなんですよね。

自分はいったいどれくらい、周りを不快にしてないだろう?ということも意識しています。
常に笑顔でいられる人を見本にしているのですが、中々うまくいきません。気づくと真顔だ!と。
私は真顔が怖いので、笑っているのがふつうにならないといけないんですよね。


また、片づけられない。ということもネットニュースで目にします。片せないこともあるでしょうが、片づけすぎる。ということもあると思いますよ。


関連記事

edit

CM: 0
TB: --

page top

2019-01