FC2ブログ

自閉圏にこにこママのブログ♪ 

幼児教育・自閉症療育などの失敗、成功を書いています。転載OKです😘💕💕

Category: 療法

大人の発達障害 

2019/01/05 Sat.



最近は、発達障害のまま大人になってしまった…という方のお話を聞く機会があります。
大人になるにつれて、症状は複雑化しますから私は大人の療法には手を出しません。お金をもらってまで療法などしませんが、ブログに書くくらいはするということです。

わからないからです。
そしてサイコパスとか、犯罪者、DVをする人の症状とも似通ってきますので、見分けは難しいんです。


人は、発達障害とか関係なくほとんどの人に当てはまると思うのですが、自分の欠点が見えていません。見えていると思っていても、間違っていることがほとんどか、見えていない部分の方が多いという場合があると思います。

まあ、人のことを言える立場ではないんですけどね。
暇なので書いています。

私も発達障害のまま大人になった部類ですが、うまくやっていますのでね。
しかし大概は自殺に追い込まれたり、生活自体が難しかったりするようです。

そして子供にもグレーゾーンがあるように、大人にも薄い、濃いという程度の差があります。

もちろん、薄い発達障害であれば困ることはその分少なくなるということです。

私は、頭の中がうるさくてもいいじゃない?
と思えるようになりました。うるさくしたくないときは意識してストップをかけるんです。
それはその人に合うやり方があると思うので、思考を停止できるようなものを発見するしかありません。
私は基本的には、うるさいまま、居させます。それが本来の自分なのですから受け入れることでストレスは軽減されることもあるからです。

年末年始はスーパーか歯医者しかいかず、家事をして家に待機していることも私にはとても苦痛なのですが、意識して時間が早くすぎるように工夫することもしています。
結婚自体が向いていないんですが笑


人の下心や建前、見栄が見えてしまうことも、対人関係を避ける理由になっているのでしょうね。全部の人の下心は見えないと思いますが発達障害があると、大概わかりますよね。
これって本当は分かりたくないですよね。
人の振りみて我が振りなおせ。という教訓にしています。

見返りを期待している人の醜さは、本当に苦手です。
程度の差はあると思います。少々のことなら許せるのですが、返す言葉からなにからなにまで自分の思ったように返ってこないと気に入らない人などもいますからね。
そういう方たちは、自分がそんなだと気づいてないかと思います。


子供は全くそれがないですから、子守は大変でも子供が好きなんですよね。

自分はいったいどれくらい、周りを不快にしてないだろう?ということも意識しています。
常に笑顔でいられる人を見本にしているのですが、中々うまくいきません。気づくと真顔だ!と。
私は真顔が怖いので、笑っているのがふつうにならないといけないんですよね。


また、片づけられない。ということもネットニュースで目にします。片せないこともあるでしょうが、片づけすぎる。ということもあると思いますよ。


関連記事

edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: 家族・男女・恋愛支援

寒いですね 

2019/01/12 Sat.

去年から体に気を使って生活をしてきたからか、インフルになってもだいぶ軽く治まるようになりました。
19歳あたりからずっと体調を崩しても一人で乗り切ってきましたので、運転できずに病院にもいけませんでしたが、もう終盤です。

今は子供らがほとんど手伝ってくれますからね。ありがたいです
反抗期の長男もふつうに手伝ってくれますし、新聞配達の時間には私が気になったようで起きていました。
まあ最初の1~2日は死ぬ寸前で配達しましたけど( ´艸`)

西区なので子供に頼めないですしね。かといって交代してもらうのにもう遅い時間だったので配達はしっかりいこう!と決めていました。
主人に頼めば、自分は悪者にならない人ですから口ではいいよとはいうでしょうが、
責任を持って配れるか。という所が任せられないのでしっかり自分で責任をもってやっています。
路駐に関しても、時間帯にしろ、色々責任はありますよね。

でも平日は主人もいませんし、それが終わればずっと寝ていられるので薬で治さずに免疫で回復できているようです

主人に言うと、待ってましたとばかりに平日に休もうとするので言っていません。生死の瀬戸際でしたら仕事中断は当たり前なんですが、とにかく休みたいという気持ちが大きいようなので、やはりちょっとイタいですよね

女性って、仕事に対する姿勢、こういう所でもジャッジを下しますよね。逆に顔が不細工でも、仕事に対する姿勢も普通に責任感があれば、すごくかっこよく見えるものですよね。

休みたいだけで、2日以上は家事はできない主人ですかし。産褥期も私はありませんでしたしね。
さすがに新鮮だからか知りませんが、1日くらいは主婦になってくれますよ。それ以上は労る理由もないでしょうし、できないようです。絆もあまりできてないうちに結婚すると、こうしたことが出てきますよね。


手伝わせる際に、子供に愛想を尽かされる原因は、
やらせすぎ。
恩義せがましい。
ということがほとんどだと思います。

子供が、もっとできるぞ。と思っているうちに、ありがとん💖うれしいよ✨と終わらせてあげるんです。

子供の親殺しのネットニュースでも、こういった記事をよく見ますよね。







主人が平日はいませんので洋食が増えました。


2019011212284495c.jpg

次男作タルト生地。



長男も受験まで9ヶ月しかないので今ががんばり時です

偶然学校も応援してくれているので、気合いを入れないといけません。偶然とは、今まではなんだか進学校ではなかったようでして、本当に受験できるの?と知人に言われたからですが。
私の印象では、学校全体的に学校自体を良くしたい!という思いが今はあるかなと思っていました。

私は商業科だったのでほとんどやってないのですが、長男は進学コースにいるので中堅レベルの普通科と同じようなところまではやるそうです。部屋をたまに掃除するときに、机をみましたら、私でもやったことがない数学をやっていまして、じい~ん。としました笑




次男は音楽隊にもいかず土日は無趣味な主人につき合っています。
確かに年齢からして先に亡くなるであろう主人ですから、土日くらいは私もおもてなしをしてあげたいですね。



自分史歴代で一番絆ができていたであろう人は、やはり私が行きたいか行きたくないかわからないような所に連れて行きませんでしたし、私は子供以外の人とは離れる時間が定期的にほしいのですが、そういうのも塩梅よくしてくれていましたね。
新聞配達にしろ、色々合致できただろうなと思いますが。

今の生活も自分で蒔いた種ですから、価値のあるものにしていきたいですね。

すべてやりきって、早くアスリートに戻りたいですヽ(´∀`)ノ




関連記事

edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: さくらいちご幼児教室の様子

良くしたいか、しなくていいのか、決めるのは本人 

2019/01/27 Sun.

障害は治らないと言われていますが、少しでも良くしたいと思うことは間違っていないと思うんです。
良くしたいか、そのまま惰性で療育センターにいくだけなのか、決めるのは本人ですよね。
1歳や2歳では決定権はないのと同じですが。

本人や、その家族が決めることであって、他人がとやかく言うことではないですよね。

家庭によっては、いくらでも手伝ってくれる祖父母や身内がいたり、特別児童手当はもらっていきたい、など良いとか悪いとかではなく色々なプランもそれぞれあるのは当然です。


多くの人は、どんな仕事をしいていようが、自分が良くなること、儲かることしか考えられないと思います。
心の余裕がないんです。

だから、本当にその子供が将来どのようになっていくのか、本当に考えている教育者はほとんどいないかと思います。




関連記事

edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: 療育方法

外遊びの時間と優秀な人材に近づくことは比例している 

2019/01/27 Sun.

外遊びの時間と、自閉症の症状が取れていき、知的障害であっても知能が伸びていくこと、これは比例します。

また、年齢が低ければ低いほど、比例していきます。

長時間の外遊びは、よっぽど頭を使い、子どもがかわいいと思わなければ慣れるまではきつい時間になります。
なぜかというと、自分の子供を育てるのは、当たり前と認識されているからです。

しっかり育てて当たり前。という風潮なのです。

だから、給料もでませんし、ボーナスもでません。当たり前ですがあえてかいています笑

だから、つまらないと思ってしまう人が出てくるんです。そこにあるもの。に価値を見いだせない人は特にそうですね。
そして、無駄な時間だと勘違いしてしまいます。無駄な時間だと、父親が言ってしまう家もあるかと思います。最悪。
今、瞬間瞬間をしっかり生きている人は、そんな風には思わないと思います。

完全母乳育児も必要です。
母乳90%を卒乳まであげている母親は、その子どものことが想像よりはるかに、愛おしいと思えます。

ミルク育児では考えられないくらいの差です。

誰でも食わせて寝せれば大きくなりますよ。どのように大きくなるかは知りませんが。

母性ははじめからあるのではなく、育むものです。こういったことも、よく言われていますよね。しっかりと受け止めるのです。

母乳で育てていると、子どもとの時間は無駄だとはあまり感じないと思いますしね。


外遊びは、気温や季節で、できることが変わってきますよね。だから、季節に合わせて外遊びを工夫していくのです。

関連記事

edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: さくらいちご幼児教室の様子

知的障害の幼児教育 本能以外で頭を使う習慣をつける 

2019/01/30 Wed.

幼児期から、食べる、寝るなどの本能的な行動が主になります。

乳幼児期には、母乳やミルクを飲む量が少なかったり、甘い食べ物などを知る前は、離乳食も小食なことがあるかもしれません。
母乳を飲む量は、1歳を過ぎても50CCとかの時もあります。正常です。ミルクは1回で200CCも飲んだりしますが、母乳は違います。
出てないのではなく、飲む量は子どもが決めるのです。
おわかりのように、200CCも飲めば、消化に時間がかかりますから次に飲むまでの時間はたくさんあきます。
母乳は消化が早いのもあり、ミルクのように時間はあかないのが普通です。
何度もあげているのが普通なことです。
こうして、母親としての感情も育っていくのです。


母乳に関しては、カンガルーケアをして産後1時間以内にきちんと母乳をあげていれば、知的障害であっても母乳育児は普通に軌道にのると思います。


知的障害があると本能的な欲求、食べる、寝る、排泄、いずれは性欲、
こういったことを叶えることが生活の中心になりやすいです。

そこで、幼児期にどう教育することが必要かということです。

母親が、この子、ん??
と気づいたら、すぐに外遊びと規則正しい生活、ゆっくりした時間を確保するんです。

お分かりのようにこれは健常児であっても必要なのです。
健常児がきちんとした生活をしなかったら、ただのどんくさい子になるだけですが。(それも嫌ですよね)

外遊びと、規則正しい生活、電子的なおもちゃなし、ゆっくりとした時間を過ごしながら、本能的欲求以外のことに目を向けることを親御さんがし向けてあげるんです。

絵本、ありをつぶす あ、間違えた、ありの観察、キャンプ、海、親御さんとガールズトーク、色々することはあります。

本能も大事なのですが、それ以外にももっと楽しいことがあるよーということを初期に教えてあげるのです。体に染み込ませると言いますか。

それから大体4歳を過ぎましたら、考えることが楽しい!!という風にもっていきます。

考えることを、生活の一部にするのです。3大欲求の中に考えることを入れてしまうような感じにします。

考えて結果をだしたり、仮説を立てるには、本は必ず要りますよね。幼児期はググるのではなく、本を資料として与えるのです。
すべての子どもは視野が狭いですから、いきなりネットとかではなく、まずは本を破れるほど好きにみさせてあげるんです。読めるようになれば破れるほど読ませてあげます。
読めなくても、良いのです。外遊びと規則正しい生活、ゆっくりした時間を過ごしながらみているうちに、どんなに知能が低くても、読めるようになります。
逆に言えば、人間というのはそれくらいの強さがあるのです。
まあ、黄金期にきちんとした教育ができるかできないかは、ほぼ親御さんに依存している部分はありますが。


ネットというのは、本などを腐るほど読んでいるから、虚偽などを見分けられるんですよね。
本を読む経験がないうちに、ググっても意味のないことかと思います。

幼児期には自然がたくさんある場所で季節に合わせた外遊び、規則正しい生活、電子的なおもちゃなし、ゆっくりとした時間を過ごせるように頑張ってくださいね。



関連記事

edit

CM: 0
TB: --

page top

2019-01