FC2ブログ

自閉圏にこにこママのブログ♪ 

幼児教育・自閉症療育などの失敗、成功を書いています。当ブログから得た情報をさくらいちご幼児教室・松尾香の書面による事前許可を得ずして出版・公開活動および電子メディアによる配信等により一般公開することを禁じます。(著作権)

Category: 日記

学会ネタ 見たくない人はスルーしてね 

2018/12/20 Thu.

読みたくない人は読まないでくださいね。


会合にて体験発表をさせていただいたもの。
3分以内にまとめてありますから、簡潔に功徳体験をかいています。
私が発信していけば、また何かおもしろくなるかなーと思いまして笑  全て楽しいか楽しくないかで過ごしています。私のうだつの上がらない話で元気になる人がいればそれで良いですからねー。



具体的なわかりやすい体験をこれから話していきたいと思います。
私は岐阜で生まれ育ち、学会3世です。
母方の明治40年生まれの祖母の入会で今に至ります。

しかし私の母が学会嫌いでしたので、しばらくは私は入会していませんでした。母の悩みが出てきたころ、私が小学校の低学年くらいの頃に父と入会をしました。また、きょうだいはいなく、一人っ子でした。

私が知っている範囲では祖母の時代から悩みの種類は違いますが家庭不和の悩みが常にあった家系でした。父も、自分の親と仲がよくなかったそうで、私は父方の祖父母は全く面識がありません。

母もまた家庭不和でした。
父と私は入会をしたものの、すぐに家庭不和は解決はしませんでした。

私は、家庭不和の中にずっと居ましたので、学会の素晴らしさはまだまだわからなかったものの、唯一信じられるものとして反発をすることなく、会合などはすべて参加していました。

それから中学時代では、関西創価高校を目指していました。しかし母は父を頼ってお金を捻出するしか方法がなかったようで、(普通はそうなんでしょうけど)父はそのような学費は出したくなかったようでした。だから母は、受験はさせてくれたものの、受かっても入学はできないからねと他の学会員がいないときに私に言っていました。

そのころの私の信心の力ではどうにもできずに、親のいわれるがままに過ごしていました。

授業料が一番安い、市立の関商工という学校にいきました。その頃から生活は荒れていきました。教学試験の3級も落とすほどやる気はなくなっていきました。
そのころは母は離婚して再婚していました。私と二人でアパートに暮らしていましたが母はほとんど新しい父のところで過ごしていましたので私は実質一人暮らしをしていたようなものでした。

しかし生活はあれていたものの、何かあると誰かが助言してくれるような環境でもありました。高校も辞めようかなと思った時には、私よりももっと荒れている友人に「高校は卒業しておいた方が良い」
といわれ、何とな~く踏みとどまりました。


その後も、進学をしたかったのですがそれも叶わずにいまして、就職することになりました。

学会活動では、会合自体は女子部の方が連れ出してくれていましたので、出ていましたが、人生に対して何のビジョンも希望もなく過ごしていたように記憶しています。

それから適当に希望を出して受けた就職試験は、当時は○○株式会社という社名でしたが今の○○のことです。
大手なのでだれも受けなく、私だけ受けてきたのですが、早々に合格しました。1996年の入社ですが、当時はバブルが崩壊して数年がたち、いよいよ不景気で就職も厳しいといわれていた時です。学校からも、受かるわけがないといわれていたところでした。


それから3月に卒業しまして、早速入社しましたが、車を自分で買い、毎月貯蓄して借り上げの家賃を払っていきながらの生活で、お給料がもう少し多い会社がいいなと思っていました。また、元々惰性で選んだ就職先でもあり、ちょうど1年ほどでやめることになりました。

特にやりたい職種もありませんでしたが、すぐに、○○グループの中の「○○株式会社」という化粧品会社に就職が決まりました。途中入社になるので最初は時給のお給料でした。
それでも○○の時よりは、給料体制はしっかりしていました。

それから正社員登用試験というのがありまして、それは中々受かることができないと言われている試験でもありました。
その試験も、入社して1年ほどで合格でき、正社員となりました。
在籍年数にかかわらず昇給も毎年ありましたし、ボーナスのランクが4段階ありまして、最低ランクのボーナスで月給の□ヶ月分が年2回、営業成績で振り分けられるのですが最高ランクだと詳しくは忘れてしまいましたがボーナスだけで年間○○万円以上もらえる会社でした。
その会社には8年ほどつとめました。

紆余曲折ではありましたが、不景気のなか誰もが知る大手企業に入社できていたこと、節目のような時に具体的に教えてくれる人がいたことなど、学会員でなければこれほど護られてなかっただろうなというお話でした。

また面白い体験を話していきます!



関連記事

edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: 日記

忍耐 

2018/12/22 Sat.

もうすぐ年末ですね。
引きこもりの始まり始まり~


三男もマラソン大会ほぼドベまで運動能力もさがりまして、土日は引きこもっています☆

1日や2日くらいでしたら良いのですが3日以上だと私は発狂寸前になります笑

まあこれも忍耐ですね。
せっかくの時間なのでブログでも更新しようと思います。


関連記事

edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: 療育方法

方法ではない幼児教育 

2018/12/30 Sun.

○○ができるようになるために、□□をする。

確かにこうした目に見える結果も必要なのですが、幼児期においてはそうではありません。

目に見えやすい、テストの結果しか重視しない教育をしないことです。

日本はまだ、幼児30人くらいで先生が一人という幼稚園や保育園が主流ですよね。
しかし一人一人の子どもを尊重し、成長を促してくれる海外の幼稚園では、すでに先生一人につき、幼児が数名。という設定だそうです。

土台がしっかりしている子どもは、あとから何が起きても崩れることはありませんから。





関連記事

edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: 自炊 料理 お菓子

節約するには 本能を意識すること 

2018/12/30 Sun.

節約など、個々人でモノサシはそれぞれ違いますから、云々いえることではないんですよね。

誰でにも当てはまることを書いていきますね。

「食品の廃棄を出さないこと」
ですよね、このブログを読んでくださっている方はもうされていると思います。

もう1つ。

人間は飽きるようにできている。ということ。

食事などは1日3回あります。毎日欠かすことはないですよね。
それを毎日のように、「今日は特別♪なにを食べるかなー楽しみ♪」
といちいち豪華な食事を期待しないことです。

本能を意識して、いずれ○○を食べるんだから、今は□□にしよう。と意識するのです。
周りのものが意識できないのであれば、誘導していくことです。口でうるさく言っても動かないと思いますから、誘導してあげるのです。操作ではなく慈悲です。
子どもは良い方向に行くのは当たり前ですし言えばわかろうとはしてくれますよね。言葉で説明しても良いかと思います。


そこを意識しないと、どんどん食費が跳ね上がります。そして食へのありがたみ、感謝の気持ちがなくなっていきます。
毎日寿司やステーキだったら本当のところどうなんでしょうね。と意識する。

メリハリをつけるだけの話です。
一人暮らしでしたら簡単なことですが、他人がいると難しいでしょうから詳しく書いています。


そして、冷蔵庫にあるもので調理する。
なので
全員同じメニューにできないことも出てきます。
どうしてもご主人が同じメニューじゃないと嫌がるようでしたら、それはそれでまた違う工夫をします。


今の時期でしたら、年末年始で食べ慣れているものを食べますよね。家庭によって違うのは当たり前なのであれですが、おせちを始め、うちでしたらおせちは主人が食べませんのでないですがお刺身、黒豆、伊達巻き、お雑煮。お刺身。なくなったら、カレー。という順番です。


普段はお刺身はあまり食べませんから、うちにしたら豪華。な部類になります。
なので30日、31日の昼までをそこにあるものでいつも通りに調理するようにするんです。こつは、貧乏くさくしないということです。笑 ネタではありませんよ。
節約だからといって、貧乏くさくするのはどこの主人でも嫌がることだと思います。

コツとしては、店のように、できたてを出す。
ということです。主人は出来立てが好きでそれでないと食べ物ではない。くらいの勢いです。主人は極端ですが、これは口や態度に出さないだけで、どれだけ優しいご主人でも皆が思っていることだろうな。と思います。

たとえ芋を揚げただけの天ぷらでも、揚げたてをだせば豪華に見えます。
揚げ物はメインですから、それ以外はすでに出してある状態ということです。



話は戻りますが、カレーが済む頃は、3日あたりになっています。
その辺から、普段の通りの食事に以降しますので、正月で色々飽きているときですから、食事も品数を変えずに胃に優しい質素なものにしてきます。
今の旬のもの、常備野菜で賄います。


なるべく私も残り物を食べるようにして廃棄を出さないようにしています。まあどうしても残り。ということや好きでないメニューなどでは吐き気がしてしまい、捨てることもたまにありますけどね。

無理せずに楽しんでいきましょうね。


関連記事

edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: 療育方法

イベントをつまらない勉強にしない 本当は答えを聞きたくない子ども 

2018/12/30 Sun.



大人が先に答えを言ってはいけませんね。
子どもは、自分で考えたいんですよ。
二次方程式の答えを考えたい幼児。ではありませんよ笑

なぜタコの頭は大きいのか?
雪が降ると水位が上がるのか?

子どもは自分で考えたいんですよ。

大人のありきたりな答えなど、知りたいと思っていません。すぐに答えを言って、詰め込もうとするから、つまらなくなるんです。

アスレチックでもそうですね。
人混みでなければ1つのアスレチックを飽きるまでやっても、良いわけですよね。
閑散としている場所でも、大人は、1つやったら次にいくのが当たり前。とします。

子供も、すでにどこかの園に行っている子は、そう教えられているので当たり前のように次から次へと移動します。
そして終わると、「もうやるものがないから、つまらない帰る、あそぶものがない」

と考える力0な意見を言ってしまいます。

同じアスレチックをやっても、このような乏しい遊び方では、運動能力はもちろんあがりません。
そして外遊びによって様々な能力を上げることもこれでは無理です。


幼児のうちにこのような発想では、寂しいですよね。
視点を増やし、視野を広げるのです。すでに子どもの視野が狭い場合は、周りの大人が広げてあげるのです。
それくらいは意識すれば誰でもできると思います。


年齢が低ければ低いほど、改善しやすいです。

アスレチックに関しては、何度もやるから、運動能力もあがるんですよ。
習い事でもそうですよね。何度もしませんか?
習い事と違うのは、遊びながら自分の頭を使って、危険のないようにやるから、色んな能力があがるんですよ。

ぼさーっとやっているだけでは、何も伸びません。

アスレチックだけではありませんよね。ブランコでもそうですし、滑り台でも、走りながらやったら高低差をマラソンしているようなものです。

そこにあるものに、価値を見いださないと無意味な時間になります。

子どもを育てるということは、物やお金を保証するのではなく、そこにあるものを価値とできるかできないかの習慣なんだと思います。


物や金で保証した子育ての末路は、ニュースなどで話題にもなっていますからよくわかるかと思います。

一般市民が、小遣い30万など渡すことはないかと思いますが、額は違っても大差はないと思うんです。
金だけではないかと思います。
習い事たくさんさせてやっているんだから、ありがたいと思え。ということも行きすぎると当てはまりますよね。

(かといって習い事をゼロにすることではありませんし、極端な貧困ではいけませんよね)

年末年始、暇な時間もあるでしょうから、外遊びの際はゆったり遊べると良いですね。
朝10時前に公園などにいけば、ほぼ貸し切りで遊べると思います。


勉強系を詰め込みたいのであれば、これができるようにならないと上手に誘導できないと思います。たとえ保育士であっても。
年末年始は暇なのでめんどくさがらずに書いていきますね。



関連記事

edit

CM: 0
TB: --

page top

2018-12