FC2ブログ

自閉圏にこにこママのブログ♪ 

幼児教育・自閉症療育などの失敗、成功を書いています。当ブログから得た情報をさくらいちご幼児教室・松尾香の書面による事前許可を得ずして出版・公開活動および電子メディアによる配信等により一般公開することを禁じます。(著作権)

Category: 家族・男女・恋愛支援

くだらない結婚ならしないほうが良い 

2018/04/01 Sun.

療法のカテゴリーにも当てはまりますが、最も難しいことが男女の支援でしょうね。
このブログも匿名でもありませんから、書けることも限られてきますのでね。
どこまで書けるのかはわかりませんが、支援していけたら良いなと思います。

私は母にあまり教えられずに育ってきまして、父親の仕事は貿易関係だったので1年のうち30日ほどは自宅にいるのですがあとは海外でした。
幼いころから父親の悪口をきかされていましたので、本当に嫌いになっていました。しかもほとんど家に居ませんので余計にだったと思います。1~2歳の頃からずっとそうだったと思います。
母は他者に助言ももらっていたと思いますが、自分の癖や宿業などは強靭な遺志でもないと聴き入れることなどできません。
ずーっと何年もそうでしたね。
逆に考えると可哀そうな人でもあります。

母の言うがままに、私が父を嫌うようになると、嬉しいようでした。馬鹿ですね。浅はか。

これを私はずっと覚えていまして、子どもは近くにいる人間、特に母親の影響を強く受けるのだ。その通りになってしまうのだという知識を得ました。 (わかっていても長男を育てている頃は忘れているときもありましたが)

父はそのような仕事でしたので、収入は世間一般の2倍ほどだったと思いますが私は大学に行けませんでした。
せっかくお金があったのですが、母は料理ができなく、何不自由ない暮らしでも家事を一生懸命することもなく居ました。
私は自閉でしたので食べられるものが少なく、白いご飯にお酒のおつまみ(いかの塩辛、まぐろお刺身、のり)、お菓子で食事を済ませていました。
父は自閉症でしたが頭もよく普通の感覚でしたので、幼い私がこんなものを食べていることを、気にしていました。
どうにかならないのかなどと言う話をしていたのを覚えています。
しかしいくらうるさくて頑固な父親でも、子育てに関しては母親を尊敬していて口出しができないのです。
男性はぺちゃくちゃと話をする性質ではありませんし、それが正常です。


私はは医者になりたいという志がありました。
もっと初期には、音楽家になりたいと思っていました。
そりゃ自閉圏ですからね

音楽の道は、音大にお金がかかるので母が嫌がっていました。それを、私には向いてないからという理由で変更するように母は言っていたと思います。
父は、普通の感覚で、できるようになることを厳しく教えてくれる人でした。
私は背がずっと高いので、運動会などのリレーは1位を取るように練習してみたりしてくれていました。
走ることだけはできましたのでね。あとは背が高いのでその分人より早く走れるんです。
子供会のソフトボールも、よくキャッチボールをしてくれていました。


医者に関しても、母は大学を出ないといけないので私にはできないと暗示をかけていました。

ばかっぽい家庭だったんです。
しかし家に本は沢山ありました。活字は少ないですが、本がない家も沢山ありますからそれに比べればやはり勉強には苦労しない、理解することに苦労しない家だったとは思います。

でも私もバカの眷属なんですよね。
本当に、世代間連鎖を無くしたいと思っていました。
母のしてきたことと反対の子育てをしたいとずっと思っていました。

美容には興味がありましたが恋愛には興味がなく、母からも恋愛や結婚のことなど一切教えてもらってません。
結婚というのはただ、実家を離れるためのもの、またはできればしたほうが良い。という認識くらいしかありませんでした。


ちょうど私が19歳くらいから携帯電話が普及し始め、そのころPCも一気に普及してきましたよね。
私はもっていませんでしたが、すぐに携帯でネットの環境も見れるようになり、検索をすればすぐに何か文章が出る時代になったので本当のこと、真実を知りたい私には良い時代になりました。
うちの家族の浅はかさ、母のしてきた子育て、ほぼ間違っていたのだな。と解ってすっきりしたのを覚えています。
すっきりしたところで変わったわけではありません。

しかし長男を産んだのは24歳。まだまだバカの連鎖は続いています。簡単に変われないのです。
ばかっぽい子育てを90%ほどしてしまった長男です。今考えると、次男より愛想もよく、育てやすい子でしたしミルク育児でも私にくっついて甘えていました。ですが私が能力をつぶしました。

長男も眷属だったんです。しかし私がそうしたのだという気持ちしかありませんが。

一般的に母親はこう思うんです。しかし父親はそういう感覚ではないのです。
この辺をかみ砕いて説明していかないといけないなと思っています。若い人ですと、父親も同じように思って当たり前だと考えていると思います。
押し付けると家庭はうまくいきません。

また、責任を平気で転嫁する親も沢山居ます。


関連記事

edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: 家族・男女・恋愛支援

くだらない結婚ならしないほうがいい 2 

2018/04/01 Sun.

せっかくの若いご夫婦、築年数も間もない家、幼いかわいい子どもたち・・・
このような方々が汚い暗い家庭になっていくのを見たくありません。
独身の方々もね。

どこまで突っ込んで書こうか迷いますけどね(^_-)-☆

そういう方にたまにお聞きする言葉があるのですが、
「~~~結婚もされているので(正常です)」

という言葉。

結婚していたら、正常ですか?

私は違うと思います。偽善家庭、家庭機能不全など沢山ありますよ。
そのようになるくらいでしたら、独身を貫いた方が未だ正常だと思います。

父親とSEXをすれば、母親を殴らず機嫌が良いからするという小学生。
是のどこが幸せで正常なのです?
ばかですよね。

SEXをすると機嫌が良くなること自体、おかしいのです。

ラブホテルが、1~2時間の料金体制があるのは日本だけなどともいわれていますよね。
SEXと恋愛を甘く見ているのだろうなと恋愛に興味がなかったからこそ、思いますね。

1時間で何ができるの?(笑)

これが普通の感覚でしたら、不幸だなと思いますよ。というか不幸になってしまいます。

また、SEXは愛情の縮図と言われています。くだらないSEXしかしないのであれば、くだらなく扱われているということです。
しかし子どもが小さいときはそんなに時間をかけてできませんよね。
預ける場所があれば預けて、ホテルに行かれると良いですね。気分も変わりますし、入れて出すだけがSEXではありませんから。
創意工夫をしていくのです。
それくらいの話題も出せない夫婦だと、改善が必要でしょうね。絆もできてない証拠でもありますから。
そして結婚をする前に、いろんな異性とお付き合いをするべきですね。
”本当に大切に扱われること” の意味を知っているか知らないかは今後の人生を左右します。

だから、熟年離婚などがあるのですよ(笑)

話は変わりますが、子宮頸がん。
これは男性の精子の成分でなることが多い病気です。
大切に扱われているのであれば、相手の男は避妊はするでしょうし、風俗で病気をもらうばかもしません。
コンドームは、最初からつけるのです。最初だけ付けなくていいよね~~とかいう男性は、ご飯要員にしておきましょうね。
もちろんご飯をおごらせてあげるだけです。700円のランチじゃなくて、2000円のランチね。

風俗に慣れてしまっている方は、自分で動きませんよね。風俗は利用するものであり、影響されるものではないんです。
男性というのは、女性に喜んでもらうのが仕事で命なんです。それと自分の仕事が命です。
それを尊重するのです。女性を喜ばすことに幸せを見いだせないような男性は、もう男性ではないです。
女性的で将来はヒモになるかもしれません。

女性が全部するのが風俗ですから。もしも彼氏がごろんと寝ているだけが多い、女性が動くように仕向けるようなSEXの仕方であれば、移動要員にしておきましょう。もちろん何もせずに移動してもらうだけです。
逆に考えれば風俗に行くくらい構わないということでもあります。考え方はそれぞれでしょうが、”普通” の男性でしたら風俗の女性のことなどは数日したら男性は忘れるんですよ。知ってました?
”利用” するだけですから。なので絆ができていれば何も心配はないのです。

「普通」 の男性とは、相手と絆ができていて、相手を大切に扱っていて、相手は男性にがみがみ怒らない、疑わない、たまには男性を放置し一人にしてあげることができる、いつも明るく聡明な女性が相手の男性のことです。

だから、生活に不満があったり悩みがあると正常ではない、不健康。ということですね。
独身でも既婚でもそうです。

男性でも、”愛” ”絆” は大切にしますよ。女性を痛めつけることはしません。正常な男性であればですが。
女性とは違った形ではあるかもしれませんが、大切にするのが正常な人間の雄です。

また、例えばしっかりした男性でなくてもまだ20代なら、変わる可能性もあります。
しかしそれが30代、40代であれば確実に変わりません。現実を見ることです。
本来なら女の子は家庭でこのようなことは教えられると思いますが、そうでない家庭も多いでしょうから、書いていきますね。
近い方は直接お話もできますのでね。

良い家庭ですとお父さんがこのようなことを、男性目線で教えてくれるところもあるようですね(^^)
羨ましいですね(^_-)-☆

皆さんが幸せになりますように。





関連記事

edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: 子育て(日々のつれづれ)

次男 入学式♪2018 

2018/04/07 Sat.

おめでとうございます♪

人生最大の体調不良で参加してきました~♪

男女の支援も、わかりやすく書いていきますのでお待ちください。
くだらなく扱われていない女性は、色々なことに上手に手を抜けたり幸せな気持ちになる事の方が多いですからね(^^)
皆さんにそうなってほしいと思います。


長男の頃はあっという間に卒業、入学・・・してしまったという印象なのですが、次男に対しては思い出がたくさんある落ち着いた親子関係の中の行事の1つという感じで、1つ1つの出来事が感慨深いのです。

長男に対しては、もっと○○してあげれば良かった・・・などと後悔する思いが多かったです。

次男に対しては、どんどん羽ばたいてね。という明るい気持ちがあります。

少なくなった子供たち。そして2つの小学校から来るだけなので知った人ばかりです。
しかし・・・どこかで見た・・・誰だっけかな~~
声だけ聴いたことある!
という事が多い私でして、どこかでみた!と思われる方が数人いましたが、思い出す事ができましてこちらからご挨拶もできました~ヽ(^o^)丿
良かったです~(笑)

どこでお会いしたか覚えていたので良かったです ホっ。
特徴がある方だったからですが(;^ω^)

先生方も、三男も含めてですが、良い方ばかりで小学校から11年くらいたちますが、嫌な思いをしたことがないのは本当にありがたいなと思います。
高校もそうですね。高校は来週からなのでまだわかりませんが。
去年長男の先生とは喧嘩をしてしまいましたが ごめんなさ~い。


落ち着いている学年で良かったですね(^^)
次男にとって楽に接することができるお友達と一緒になるだろうと思い込んでいたのですが、離れましたね
長男は何も言わなくても持ち上がり、仲良い子と一緒にしてくれていました。次男は・・・あれ??
みんながみんな、そのようにはできないのですね('◇')ゞ

色んな友人もできると良いですね。
女の子はもともと仲が良いですが、中学生ですからね。同性の友人と仲よくする時期に入りましたのでね。

次男が女の子とも仲良くできるのは、女の子があれだけ多いですから、人生の土台をつくる小学生の時期は、男女分け隔てなく仲よくしないと、友人のバリエーションが少なくなると思いましたので、こんこんと仲よくしなさいと、言っていました。
だから男女分け隔てなくできるだけですよ♪

次男は背のことを気にしています(笑)
お隣の小学校で170センチくらいある子がいるとか、○○君は今16?センチ。などとそんなことは良く知っています(-_-;)
今日はお隣がその170センチくらいある子で大うけしました( *´艸`)



体調が悪いと性格まで変わるのですね。
更年期障害、(その他波及して色々)になってしまいまして、性格が変わったのか、おしゃれする気にもならずにとりあえずそこにあるスーツで出かけました 人生で初、フィットネスに行ってない日々が続いています(笑)

どんだけ健康やて。

人生初、湿疹アザだらけの体。疾患から波及しているようなので、治っていけば消えていくものです。
美容部員だったので肌に何かある事自体、ありえないのですが、実際になってみると、こういったことで苦しむ気持ちを理解できて、経験出来て良かったなどと思いました。

髪型もどうでもよく、むしろ長くて邪魔だななどという気持ちになったり、病気で苦しむ方の気持ちが少しでも理解できてよかったです。

段々、毒も出し切っているな~~などという感覚もあり、治りつつはあります。
仕事ができないほどではありません。

皆さんが幸せに過ごせると良いですね♡

関連記事

edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: さくらいちご幼児教室の様子

返せ 

2018/04/09 Mon.

2歳の時に出会いまして、外遊びを頑張ってくれた子です

先日無事に小学校に入学しまして7歳になりました。

療育手帳を返却したと、ご報告がありましたヽ(≧∀≦)ノ

そういえば今日は私の誕生日でして、最高の記念日になりましたね~(^_-)-☆
良かったですね


関連記事

edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: 自由保育後の様子

モルディブ 

2018/04/20 Fri.


私が新婚旅行に行ってないので、次男がしっかりした職業に就いてから、モルディブに連れて行ってくれるとのことです


あざ~っす(ノ´▽`*)b☆
関連記事

edit

CM: 0
TB: --

page top

2018-04