[PR]弁護士検索 無料 アクセスカウンター

自閉圏にこにこママのブログ♪ 

幼児教育・自閉症療育などの失敗、成功を書いています。当ブログから得た情報をさくらいちご幼児教室・松尾香の書面による事前許可を得ずして出版・公開活動および電子メディアによる配信等により一般公開することを禁じます。(著作権)

Category: さくらいちご幼児教室の様子

新鮮な教育をすること 

2017/09/05 Tue.

お疲れ様です


とりあえずいただいたメールを載せますね。
早く言語化しますね。お待ちくださいね。






「普通の人…は先生以外を指しました。先生が普通でない…というとちょっと失礼な言い回しに
なってしまいますね。すみません。
人に対しての感性が普通より鋭いという意味での普通でない。です。褒めてます。
…普通とは、普通の感性の方々…例えば○○市の療育、大学病院の先生などを指しました。

「話し言葉は殆ど分かってない」と判断され、◆◆の微妙な表情の変化など見ませんから。
恨み節ではなく、自閉症の見立てって本当に難しいので、知識だけではいけない
経験と感性必要な職業なのだなと感じるこの頃です。余談でした。」




関連記事

edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: くだらない話シリーズ

小学生の頃のおもひで 

2017/09/07 Thu.

私が小学生の頃は、40人クラスで3組までありました。
1年生の頃の担任は、45歳くらいの女性で今でも覚えています。
幼稚園が、当時はすごく厳しくて、朝マラソンから始まり、給食は残さない、発表会の猛練習、運動会の組体操など・・・
今の小学校でやっていることを前倒しでやっていましたから。

卒園したわ~とホットし、小学校はどんな怖い先生やろね。と皆が思っていました。
しかし私のクラスの先生はとてもとてもやさしかったんです(;´∀`) 皆がホッとしていましたね(笑)

しかし、隣のクラスは30歳くらいの女性の先生でしたが、すごく×10怖い先生で、毎日怒鳴り声が聞こえていました。
あの先生じゃなくてよかったねえ~~などと言っていました。
優しい担任の先生も、その先生に、
「そんなに怒らなくてもいいんじゃない」 

というようなことを、何度か言っていたのも見ています。

もちろん、忠告など聞くはずはないですが(笑)

そして怒鳴りは習慣化。自閉圏でしたが、あまりに怒鳴り声がありすぎて色々習慣化しましたね(笑)
まあ、笑い話です。本当は守られていたのですが学会員でないと通じないので飛ばします。

普通は怒鳴り声など、すごくびっくりする音なのですが。

クラスは、外国籍の子も居ました。なんの変哲もないクラスでしたが。
やられたらやり返す時代でしたね。

3年になり、新築の小学校へ。
35歳くらいの女性の先生になりました。私は、国語のテストは当時、30~40点くらいでした(笑)
自分でもヤバイな・・・などと思っていて、周りの点数を見ても大体70以上でしたからね。

見かねた先生が、教え込んでくれました。普通の国語の時間にね。
私も恥ずかしいとかの話ではない危機感があったので、よーく聞いていました。
そして周りの子どもらも、どうして私が、長文読解でそういった答え方をするのか分析してくれていました。
読解は全部×なので、30点とかになります。

覚えているのは、
「答えを書くスペースがこれだけしかないのに、なぜたくさん書くのか」

(そんな考え方があるんだー)


「聞かれたことだけを答えればいい」

(普通はそうですね。それがわからなかった)


「長文を、要点ごとに何か所かに分けて、囲んでおけ。すると、最初の5文字もすぐわかる」

(視力は良かったですが、視機能が悪かった。しっかり見える化しておくと、答えやすいことを知る)


というものでした。その通りに解答すると、しばらく時間はかかりましたが、9割取れるようになり、クラスもホッとし( *´艸`)
勝手に支援級にする私。

教えてもらったことは、数日かかった感じですね。
女性の先生らは放課後喫茶店にいますので、喫茶店でもその話というか読解についてよーく教えてもらいました。
「サンドウィッチ・・・・・卵サンド・・・」

ムシャ・・・食べながらよーく聞いていましたね。みんな同じこと言うんだな。と思っていました。

ではそのやり方で行こう、ということですね。

それからは中の上あたりに居ることはできました。
逆に私立受験用の漢字とかができなくなっていきましたね。


運が良かったな。と思います(^^)


学校は勉強するところですから。
わざわざ金を出して、おんなじ勉強しに行く必要はないですよね。
金と時間は限られていますよね。

先日もママ友がそういう話をしていて、確かにそうだな。とハッとしましたね。

「勉強するところがあるのに、なぜ塾にいかないといけなくなるのか。塾なみにでも厳しくやってほしい」
と。

あ、そうですね。気づいていたようで気づかなかった。
高校も夏休みに補習もしてくれますし、長男がいっているとこは、冷暖房があるのでくそ暑いときは教室を使ってよいそうです。
どんどん、そういうのも利用することが良いですよね。
授業料を払っているのですから。

塾にいってて成績があれでは、ちょっと工夫が必要ですね。
塾は保険屋さんじゃないんです。
活用するもの。塾に行く目的は?

知ってていっている人ってどれくらいいるかな(;´∀`)









関連記事

edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: さくらいちご幼児教室の様子

困り感は、強化されていくもの 

2017/09/09 Sat.

子どもの発達で、ん??
と疑問に思うのは、まずはお母さんです。

ん??と気づいたお母さん向けに、書いていきますね。

気付かなくても、たまたま良い環境で育つ子も大勢いますからね。



一般的に、ネットや書籍で出回っている症状というのは、1歳~3歳の自閉症や知的障害の子やダウン症の子には当てはまらないことが多いです。

その理由としては、まだ症状が柔らかいと言いますか、強化されてないからです。
脳が柔らかいんです。それはどういうことを指すかというと、いっくらでも成長を促すのは、可能。ということですね。


1歳~3歳の時点で言えることは、

「そういった症状が強化される因子は持っている」


ということです。

これは、私にも詳しくわからないこともありますが。

1か月ほど見させてもらわないと詳しい成長の予測はできませんが、大体診断名は面談の時点で出させてもらっています。
私は診断できないので、見立てをしています。


しかし、症状が出そろうのは、4歳半~ですね。特に工夫した生活をしていないと、出そろいます。
1歳の子と、4歳の子では、成長の速度さえも違ってきます。
あまりかけないことですが。
なので一緒にレッスンもできないことが多いです。
本当はそれくらいの歳の差でも、たまにでしたら良い影響があるのですが。

健常の成長が多くなってくると、今度は、もっともっとと、子どもの成長に欲が出てきます(^-^;
しかし、初心に返りましょうね(^_-)-☆ 焦ったり、子どもに対して要求が多すぎてもいけません。




関連記事

edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: 療育方法

健常の育ちと、困り感がある子の育ち 乳幼児期~ 

2017/09/10 Sun.

一人目だと、中々違いも解りにくいかと思いますが、その都度訊ける人に尋ねるのが一番です。
初めての子育てを、一人だけ、また夫婦だけで籠ってしてしまうのは、健常児であっても危険だなと思っています。

これは親元でぬくぬく育ててね。という意味ではなく、頼れる人、言える人を見つけて、どんどん発信していきましょうね。
ということです。
またいくら親元であっても、お母さん自身が、自分の育ちは心から感謝できるのか、そうでなかったか。
をしっかり見極めてくださいね。
そうすると、おばあちゃんを信じて良いことと、反面教師にすべきことが見えてくるかと思います。

「親」 といえども、色々いますからね。

なのでいったん、留学などをすると地元の有難みと特性が理解できて良いと思うのですが。
ご主人が転勤があるお仕事であれば、就学まではついていくとかですね。
なければ自分で広げていくと良いですね。

例えば・・・私は岐阜市、育ちは関市でしたが、身内で固まることはなく、横の付き合いはありました。
町内も、”班” でしたが、引っ越しや新築や工事の際は、班が違っても向こう3軒両隣。

で、挨拶は当然していました。

比べたらいけませんが、こちらは横の付き合いは利害関係以外ほとんどありませんよね。
新しい人が多い、桑名は少し違うかと思いますが。岐阜と愛知が混ざっている印象です。
亀山から南も、このあたりとは違うな。と思います。
南の方はかなり田舎ですし、縦に長い県ですからどうしても人口が集中的になってしまいますからね。本当に過疎化が進んでいる地域は、助け合って子育て。という考えが強めかもしれません。
どちらかといえば、四日市や鈴鹿より虐待事件はありませんよね。

また、うちの近くも建設し始めましたが、誰が施工主が知りません(笑) 建設会社も知らない。

しかし、岐阜は例えば・・・静かに昼寝したいときなど、たたき起こされるような感じですね(笑) お喋りが好き。ですね(*'ω'*)
こちらでは本当、良い意味でそっとしておいてくれるので、休みたいときは楽です(笑)

などなど・・・・


健常の子の育ちと、困り感がある子の育ちで代表的な大きな違いはというと、

「自分の命に対する危機感の差」

ですね。

健常児は、0歳のときから笑えるようになると笑いかけてお世話する人を喜ばせる行動をしますよね。この行動も、命を守る行動なのです。生きる力。

でも、困り感があると、このこともすごく遅くなります。
ダウン症、知的障害、自閉症、大概遅れます。(大雑把に書いてます)


また、
「歩けるようになると、親を無視してどこへでも行く」
親が優先順位で1番ではなく、自分が1番になっているからです。
だから母乳育児をしていると、この矯正も楽にできるんです。母乳はあなどれません。
母乳を飲まないと腹が減って動けないでしょうから、飲みに戻ってきますよね。徐々に、大切なお母さんだ。と教育していけるんです。
歩けるようになっても、母乳は飲みますからね。


「歩けるようになると、動いている車を触りにいく」
ミニカーと間違えていることもあります。
すぐに理解できることでもないので、教育を始めてもしばらく続きます。

自分の大きさや、車とおもちゃの車の区別がついてないこともあるでしょう。



細かいことは沢山ありますが、公開して良さそうなことだけを書いています。




関連記事

edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: くだらない話シリーズ

義実家へ帰省♪ 

2017/09/13 Wed.

夏休みは楽しめましたか?
今年は雨ばかりの異常気象でしたが・・・・

うちは毎年お盆に、義実家へ行きます。
車で行くと、12時間ほどでしょうか。福岡ですからね。

しかし車の長時間はしんどいですので、私と子どもたちは新幹線、主人だけ車で今年は行きました☆
しんどさはそれぞれですからね。

義父がなくなって初盆でしたので、一日中、礼服でさっぱり知らない人をお出迎え、お茶出しをしていました。
義母は、自分が話したいことは沢山ある人なので、よく話をしています。

しかし、そんなに親しくないであろう人も何人かいらっしゃり、そういう時は静かな空間になっていました。
しかし、結構話も上手なんです。知らないような人がきても、適当に話を振ってましたのでそれはすごいな~~
と思いました。
そして来る人の多さ。何か良いふるまいでもしないとそんなに来ませんしね。
90年近くもこうして来たのですから私の知らない何かはあったのでしょう(笑)

子どもらは、観光などもできませんから、一日中家に籠っています。ボオ~~~
毎年そうなんです。
主人の弟が来てくれるときは、外に出してくれるので母子ともに助かっています(笑)

帰りも新幹線だったのでとても楽でしたね。
体調はいまいちで血管浮腫で所ところ、ただれていたり、唇が腫れて口角も傷だらけ。
私は子供たちに元気をもらってますから、これからですからね~~~
元気いっぱいですよ☆
心配いりません。


学校で、ディズニーとUSJに行ったことがないのはうちの子どもだけ~~~
というような話を聞きました(笑)

そういえばディズニーなんで初めて付き合った彼と21歳の時に行ったきりでしたね(笑)
忘れてました~~~(''◇'')ゞ

中学校の修学旅行でいけるで~~と励ましておきました(笑)
長男も修学旅行で、初・ディズニーでしたから、大喜びでしたね。
高校は沖縄だそうですね。月々の引き落としで修学旅行代も落ちてますから、こつこつためて、楽しんできてほしいですね☆








関連記事

edit

CM: 0
TB: --

page top

2017-09