[PR]弁護士検索 無料 アクセスカウンター

自閉圏にこにこママのブログ♪ 

幼児教育・自閉症療育などの失敗、成功を書いています。当ブログから得た情報をさくらいちご幼児教室・松尾香の書面による事前許可を得ずして出版・公開活動および電子メディアによる配信等により一般公開することを禁じます。(著作権)

Category: 教育観

子どもが親の財布から金をとる 

2017/04/02 Sun.

一部抜粋させていただきました。


聖教新聞  2017年 4月2日 6P

「親と子のこころの世界」



子どもが親のお金を抜き取るという相談は少なくありません。
こうした相談への回答として、「空腹時に目の前に食事があれば食べてしまうのと同じで、子どもの手の届くところに財布を置く親が悪い」

という、親の不注意を原因とする声も耳にします。

ただ、親が十分に気を付けても、また厳しく叱っても、繰り返す子どもはいます。

私は臨床を通して、盗む衝動が出る子どもは、過去に親から自分の物を取られた(奪われた)体験を持っている子どもが多いと感じています。

子どもは親が思う以上に早い時期から自我が芽生え始め、自分の物と他人の物とを区別できます。
しかし、親の中には、子どもを別人格と捉えられず、子どもの物は自分の物という感覚で、勝手に使ってもいいし捨ててもいいと思ってしまう方もいるのです。

大人からしたら捨てるべき物でも、子どもにとっては宝物であることはよくあります。幼児でも、勝手に自分の物が捨てられれば大変なショックです。
子どもが自分の大事な物を親に勝手に捨てられることと、親が子どもにこっそりお金を抜き取られることは、同質のことなのだと思います。

つまり、親から物を奪われた体験がある子どもは、人の物を取ってもいいと学んでしまっているのです。

通常、物を奪われた体験がない子どもは、人の物を取るという発想すらありません。
自分の物がしっかりと守られているので、人の物を取る必要がないからです。

その物が大切であるという子どもの思いを受け止め、共感した上で、どうするべきかを話し合いましょう。

質問では、子どもがウソをついてまで親のお金を取るとのことですが、ウソをつくことは非常に面倒なことです。
「お金が必要だ」
と直接、親に言えないのには子どもなりの理由があるのでしょう。

子どもへの叱り方を悩む前に、まずは親自身が子どもの物を勝手に奪ったことはないか、そこに思いを馳せてみることから始めたらいかがでしょうか。

親のこころの変化が、きっと子どもの言動に変化をもたらすと思うのです。
~~~~


補足です。

自閉圏内であったり、知的障害(およそ70以下)であると、自我が芽生えるのは遅くなります。

また、親御さんにも自閉症や知的障害があり、とても頑張ってこられた方々は障がいがあるとは自身も家族も解らないままですね。
自分の物と人の物、違うんだよ。という理解がないまま、親になっているケースもありますね。
こういった症状と言いますか、行動があると、「パーソナルスペース」 も、少し異常であったりします。
それゆえ、色々苦労しがちです。

そのままの状態でいると、子育てを頑張っているにも関わらず、上記の記事のような子育てになっていまいますよね。

まあ、健常児であるのに、男の子がああだ、女の子がああだこうだと、性別や人数で勝手に大変だなどと決めつけてしまっている方々は、問題外ですよ。いつでも親元に居て、何かあったらすぐに自分の親(じいちゃんばあちゃん)と外食に行き、愚痴をこぼしているようではね。


育て方は連鎖しますから。連鎖しないわけ、ないやん?
あなたの娘が、「男の子なんて馬鹿で単純だから、子育てしたくない」 と言ったらどうします?
「うちの旦那、バカだから嫌い。」などと。

だから、早いうちからしっかり教育をしたほうが良いのです。

こういった記事は、親が~親が~~と何かあるとすぐに親が悪い。
と勝手に決める、今の特徴的な窮屈な子育ての要因ですが、さっぱりとさらっと受け止めてみるのも、1つの手かもしれませんね(^_-)-☆


考えすぎない、また自分がこう思うのだから、人もこう思っていると思う。
と決めない。
そうすると、いろんな意見をしっかり訊くことができるようになりますよ。
その次の段階で、いろんな意見や考察を、考えることができるのだと、思うんです。
何が正しいか、正しくないか。子育てにおいては、何が正しそうか、正しそうでないか。これはちょっと・・・良いのはわかるんだけど。どうかな?
というようにね。

自分の言いたいことだけ言って、訊きたいことだけ訊くのは、幼稚園以下です。
あなたは幼児ではないですよね。

何だか面白くない記事になってしまいました(・´з`・)










関連記事

edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: 家族・男女・恋愛支援

危険がわかっているのに、教えない 男女も人間関係 

2017/04/02 Sun.

何度も言いますが、
「適齢期に結婚することだけが、子どもを産むことだけが、幸せではありません」

ね(^_-)-☆

人間としての本能でもありますが、賢く生きましょうね。

男女も、1つの人間関係です。


極端に貧乏な男はありえませんし、ヒモもあり得ない。
しかし、貧乏は人生の宝物でもありますね(^_-)-☆

わかりやすい方法としては、女性はきちんとした男としか、SEXできないように作られているんです。
ホテル代も出さない男と、できます?(笑)できませんよねえ。
出す女性は、どこかおかしいのだと思います。

男女とも生活において、SEXを軽視している時点で、良い人間関係はできません。

付き合ってと言われていないのなら、SEXしたらいけません。
男の住所氏名、電話番号、会社、が本物である上、まあ相性が良い、違和感がないようであれば一緒に時間を過ごすことも良いでしょう。
しかし、私たち付き合ってるの?などと男を問い詰めないことです。

きちんと付き合ってと言わないなら、それ相応の相手をしてあげれば良いのです。
男にしてみれば、今更言わなくても・・・と思っているだけのこともありますが。


ましてや、ずっと一緒に居たいと思っても、本当に彼のおむつを変えれます?
本当かなあ?

こうして想像すると、本当に好きなのか、結婚したいだけなのかがわかります。


題名の犯罪についてですが、こうした犯罪、罪というのは、人間関係の中から発生しますね。
相手がいるから罪になるので当たり前なのですけどね。

解っているのに、教えないなどの行為は、普通に罪になります。
大概、知らなかった~~と誤魔化しますが、環境要因などプロ(警察)が調べればすぐにわかってしまうことですが。
どんな人間関係でも、こんな罪について考えるような関係にはなりたくないですよね。








関連記事

edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: さくらいちご幼児教室の様子

大学病院の健査前に、歩いちゃった♪ 

2017/04/03 Mon.

知的障害故、歩かないと市では判定されていた子。

3月31日、歩いちゃった(^_-)-☆


詳細は避けますね。個人が特定されると困りますので。


検査は、全身をしますから歩いたからと言ってしないわけではありません。
医療的な治療が必要でないと、医師から判断していただければ、思い切り教育していけますからね。

医師も、「自閉症か知的障害か、診断が出る前に決めつけない」

と言っておられました。




関連記事

edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: くだらない話シリーズ

短気は損気 

2017/04/06 Thu.

入学式でしたね。
おめでとうございます♪

最近はお父さんも来られるおうちが多いようで。

私は本部役員なので学級委員決めに行ったのですが・・・~

不景気なのか、イライラして疲れているお父さんが多い印象でした(笑)

どうしたんや?


三男の頃なんて、お父さん方が合う人合う人、おめでとうございます!と自ら挨拶していましたけどね。
みんなにっこにこで(^_-)-☆ええ学年や~と本当に思いましたね。

まあ私もイライラしているときもありますが、怒っているときはお父さん方と同じ言動(笑)
でも転換するように努力しています。



立候補もなし('◇')ゞ うそぉ~~  そんな大ごとな話じゃないんですが。
昼からさくらいちご入れとるではよして~と言いかけたわ(´艸`*)

でも、怒っていると良いことがないですよね。
男性は特に体にきますから。





関連記事

edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: 自由保育後の様子

遺伝 

2017/04/09 Sun.

アラフォーになってしまいました。
次男と三男らが色々作ってくれました♪


IMG_20170409_151251.jpg

パフェなのですが写りが悪いです。SIM電話に変えてから機種も一番安いからか、もう壊れそう&カメラ機能が悪い('◇')ゞ

私が小学生の頃も、次男と同じくらいの歳の時、お菓子つくりにはまりました。お菓子つくりの本にもはまりましたね
本ももしかして私が持ってたものと一緒かもしれません。
私の母は、自分以外のものはすぐに捨てる人だったので私の過去のものは手元にありませんので何とも言えませんが。
こういうところで遺伝てすごいなと思います。
教えていないのに、いくらが好きなところもね





三男も次男の真似をして、アイスクリームを
三男は食べることが好きなので、もともと色々作っています。お菓子つくりには向いてないようですが(笑)お菓子は全てきっちり量を計らないといけないんですよね。三男は目分量で料理するので

長男は、朝一でおめでとうと言ってくれました。よく、気を使えるようになってきました


私の母は岐阜に居ますが、とりあえず先日電話がありました。

「今月ピンチやで、お金できたら送る~。で、長男は高校どうだったの?」
だそうです('◇')ゞ今頃。

こんななので、卒入学祝いなど、ありませんよ。

今日は今日で、
「おめでとう~いくつになった?」
本気で私の年齢がわからなかったようです。
「そういうことを言う、親は少ないと思うよ。」

というと、反抗だけはまともなことを言うんです。自分を守るためなら、頭を使える。
基本的に私との間にオキシトシンが作用していないようです。帝王切開で、ミルクでしたからね。
それだけでなく、IQが低いと思うので、育児<娯楽
になってしまうんです。
知的に少し遅れがある場合、自分が気持ちいいか、良くないかで行動を変えてしまいます。
たとえ赤ちゃんが、育たなくても、遊びに行ってしまいます。その先が、どうなるかわからないのです。

こういったことが起きるので、早期から、色々な視点から物事を眺めることと、1つのことについて、考える癖をつけるそのうえで、成功体験を積む。ことですね。
時間は24時間しかないことなどね。これは少し高度ですね。

IQの低めな母に、アスペルガーの子ども。最悪な組み合わせで、育てる方にも同情はします。
もしかして多いパターンかな?という気はしています。
IQが低い女性って、清潔でさえあればモテると思いますからね。男性全般も、わかりやすい女性を好みますから。
精神力や生きる力がある男性はそういった女性は選ばないと思いますが。
わかりやすい女性でなくても、”信頼・信用できる精神” があるからですね。


主人は私がほしいと言っていた、家庭用品をくれました。
とても有難みがわかりましたね('◇')ゞ












関連記事

edit

CM: 0
TB: --

page top

2017-04