FC2ブログ

自閉圏にこにこママのブログ♪ 

幼児教育・自閉症療育などの失敗、成功を書いています。転載OKです😘💕💕

Category: くだらない話シリーズ

墓にもっていく話 

2016/12/03 Sat.

先日某会議で思い出したことがあります(^^)

ここら辺は自転車通学をしないのであれですが。
私は中学も高校も、遠~~い所に通っていましたので、自転車でした。
中学は部活は転々としていたので疲れることはなかったのですが、高校は厳しい所でしたので部活も盆正月しか休みがないような感じでした。

受験当日5教科すべて20分で終わらせ、ねていた学校です

いつかの帰り道。もちろん辺りは真っ暗。
疲れ果てていて、意識ももうろうとしていました(;^ω^)
よろよろ運転しながら、自宅付近の交差点にて、信号は赤。

「赤は渡っていいんだよね~~」
などと思い、渡ると、、、車のクラクションが立て続けに鳴りました('◇')ゞ
でも私は正しい渡り方をしたのだから、私に鳴らしているわけじゃないなあ~~と思いながら過ぎていきました。

そうです。疲れて、赤信号を渡っていいのだと間違えているんです(>_<)
そのことに気付いたのは数十分後かな?次の日だったかもしれません。


次の日。
校内で一番恐ろしい先生の授業にて。

「今日はおかしな電話がかかってきたわ~~(# ゚Д゚)」

「お宅の学校は、赤信号で渡らせる教育をしとるのか~~!?(# ゚Д゚)」

というから、

「高校で信号のことなんか教えるかぼけ!!家庭で教えることじゃ!!」

と逆切れして切ったそうで


赤・・・??赤信号・・・昨日赤だったな~~~
もしかして私のことか!?

とその時に認識し直したかもしれません(笑)

いや~~ヤバイやばいと青ざめてしまいましたね。
絶対正直に言わないでおこう!!と心に決めました!


その方も、私に直接叱ってくれても良かったのですが。なんで追いかけてこなかったのかな?
今では、夕方に中学校や高校の近くを車で通るときは、飛び出してくるものだ・と決めて、運転していますね。
なので20キロくらいですね。十字路の見えない道がある交差点ではほぼ止まります。
夕方はやはりほぼ飛び出してきますね。
飛び出しというより、信号無しの道を渡る際、車が来ているけども、疲れでその車の速度が速いのか遅いのか、認識できていないというイメージですね。

気をつけましょうね(^_-)-☆






関連記事

edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: 子育て(日々のつれづれ)

水泳大会その他 

2016/12/13 Tue.

大会お疲れさまでした。
三男が初・入賞しまして、良かったです。
先週に、9歳になってしまったので、せっかく8歳以下の部があったのに、一気に9.10歳の部に
運が悪い~~

じっくりと成果を感じないと、何しにきつい練習してるかわかりませんからね(笑)
スポーツの中でも過酷な練習ですよね。

まあ、ゆっくり進んで行けたらと思っています。

来月の大会は長男が最後の14歳大会なので出ろと言っておいたのですが、チーム自体で出ないとのこと(笑)
運が悪い~~

次男は、赤ちゃんかと思いました('◇')ゞ

先日書いた記事で、どんどん抜かされ、経験が浅い子にも抜かされという話は、今有名な子らではありませんよ。
いきなり三重が強くなりましたね♪良かったです。
その子らはうちより経験も長いだろうし、きつい練習もしていますから。
いつも見かけると、真っ先に挨拶してくれるんですよ♪うらやましいでしょ♪

てか、数年前からこうなることは予測していました。


高校の願書の清書をしたようです。懇談も。
なんで、前期入試があるのだろう??
5教科で勝負すりゃいいのに?前期で受からなくても後期の一般入試をうけられるそうで。
じゃ、受験料無駄っぽくないです?
学校側は、落ちることを前提で受けるとのこと(;^ω^) なんだそれ(笑) お金捨てているようなものになってしまいますね。
落ちる落ちると思っていたら本当にそうなりますしね~
落ちたら落ちたときに考えればいいですね。自信を持って取り組まないとね~
ぐずぐず言ってても仕方ないでしょう。日にちが近づいて来たら、開き直るしかないですよね。
私立はどこ受けても受かる気がしますが甘いですかね。なので近い所にと思いましたが行く気はないので先生の勧めるとこだけにしました♪ 学校の立場になって考えると色々見えてきますが。長男にもそれは伝えてあります。
自分だったらどんな生徒にきてほしいか?!
ということで面接と論文はかけますよね。

頑張りましょうね(^^)








関連記事

edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: さくらいちご幼児教室の様子

困り感があるのに、言うことを聞いてくれる子♪ 

2016/12/16 Fri.

毎夜発熱している私です
今日は良く効く薬だったか、発熱しませんでした

熱出しても、寝ていられないですからね。

もう慣れましたが。あのブラック会社にいるときもそうだったな('◇')ゞ
ここの会社にいたら、今後どんな会社に行こうと、うまくやっていけるよ。
と先輩に言われました。
そら当然やね・・・・あんな恐ろしい人材ばっかの会社はそうそうない。

ある老人ホームで。
よく、大変な仕事のわりに給料が少ないなど言われていますね。
でも、すごく太っている職員が多い老人ホームがありますよね。大変だったらそこまで太りませんよね。
大変だといっているわりに、本当に大きい。100キロとかじゃないですか。
拡散思考をしないので、自分だけが、大変だと思っている。
その体型を維持しようと思ったら、相当な食費だよね・・・・と不思議です。
なので太っている人は、お金持ちだと思います。素晴らしいことですよね。
老人ホームの太っている人は、給料がほとんど食費で消えるのではないですかね。
また余計なことをいうから怒られる。


困り感がある子も、しっかり自分の苦手なことを頑張ってくれると、カワ(・∀・)イイ!!と思えます(^^)
その子の特権でしょうね。周りの大人を虜にするという。
子どもによって、態度や話し方を変えています。当然ですね。
気配を消したり、薄くしたり、そっと歩いたり、今できそうなときはうちの子どもを育てたように厳しくなるときもあります。

そうすることによって、その子の持っている可塑性を十分出しやすくすることができます。

自閉症は悪ではないのです。
しかし、どの幼児でもそうですが、なぜか多数派と同じ行動ができるようにと、その方向に向かっていくんです。不思議や~~
私が自閉症は直さないかんよなんて、言ってませんしね。むしろ自閉でなにが悪い?と言ってそうな私ですしね。
人間は、人間の中でうまく生活できるようになる・・・という本能があるのかもしれませんね。




関連記事

edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: 教育観

教育されていない困り感のある方たち 

2016/12/21 Wed.

知的障害の子でも、きちんと教育されていると、IQが平均の子なみに、生活習慣ができたりしますよね(^^)
そこら辺の社会性ゼロ人間より、社会性は高いですし。

周りの人に、結局は好かれ、余計生きやすくなるわけです。そして味方が沢山になります。
人間は一人では生きれないのです。

好きなだけ食わせて大きくしたり、異性に対する対応も教えなかったりすると、周りは迷惑ですよね。
親がぽっちゃりであると子もそうなりますが、限度というものがありますからね。多少は似るので仕方ありませんよ♪




自閉症が少しでもあると、他人の物がほしくて仕方がないですよね。
そうでない子もいますが、別の困り感が大きかったりします。
でも大体、他人の言葉や行動に、影響されます。

教育されていないと、「盗み」になります。


また、他人が食べているものを、同じものがほしくて仕方がない。
これが幼児ならわかいいで済みますが、良い大人だったら、友達で居たくないですよね(;^ω^)
迷惑ですよね。いちいち自分のものをあげないといけないなんて。

自分が大変な思いをしたのだから、他人もするのだ
という、単純思考。
もちろん、他人の立場にたってものを考えるとか、自分がやったからといって、他人に押し付けるのはやめようなどと、思えない。
その周りにいる取り巻きも、同じ罪。
なので外見が乏しくなっていきますよね。
女なのに~~

大変ならすぐ帰りゃーいいのに、いつまでも居る(笑)

結局一人で何も決めれないし、できない。


こんな大人にさせないでおきましょうね(^_-)-☆






関連記事

edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: 教育観

随筆 「創価一貫教育の大城」 から 

2016/12/22 Thu.

 いかなる国の人びととも、慢心にも卑屈にもならず、一個の「人間」として、堂々と誠実に交流できる「実力」と人類に貢献しゆく
「開かれた心」を持つことだ。

 そのためには、「世界を知る」ことが欠かせない。知らないことが、偏見や先入観を生む。
学ぶ勇気が、自分の心を世界に向かって開くことになる。
語学力も大切だ。

ともかく、日本の小さな物差しではなく、地球規模のスケールで考え、手を打っていけるリーダーが踊りでなければならない。

私が 「君たちの舞台は世界だ」 と語り、学園生や創大生に、世界の指導者や一流の文化人や芸術と触れ合う機会を数多く作ってきたのも、そのためである。




関連記事

edit

CM: 0
TB: --

page top

2016-12