[PR]弁護士検索 無料 アクセスカウンター

自閉圏にこにこママのブログ♪ 

幼児教育・自閉症療育などの失敗、成功を書いています。当ブログから得た情報をさくらいちご幼児教室・松尾香の書面による事前許可を得ずして出版・公開活動および電子メディアによる配信等により一般公開することを禁じます。(著作権)

Category: 脳科学

大自然と自尊心 

2015/10/04 Sun.

出典: http://bizlady.jp

「自分なんてダメだ……」。ある日、子どもがクヨクヨと悩み始めたらどうしますか? 思春期は自我や、友達や先生からの評価がドロドロと織り交ざった特別な時期。昔、「私なんて……」な心理状態に陥った経験を持つ方も決して少なくないでしょう。

とはいえ、「子どもには、できるだけ自己肯定感を強く持ってほしい」というのが多くの親の願い。

思春期に折れない心を育むために、働くパパやママは子どもが幼少期の頃からどのようなサポートができるのでしょうか。国立青少年教育振興機構の調査から、ある“大切なこと”が明らかになりました。



■子どもには多くの体験が必要

調査は、日本、アメリカ、中国、韓国の高校生に対して行われ、4か国に共通する結果が……。

それは、「アウトドア活動や虫を捕ったり、農作業を体験したりするなど、自然体験を多くしたものは、自尊感情が高い」というもの。

自然体験を多くしたグループでは、“自尊感情が高い生徒”が4か国平均で38.9%だったのに対し、自然体験が少ないグループでは、13.3%と3倍近い格差が見られました。

まさに今は、アウトドアに適した季節。自然に囲まれながらとりたての芋や生野菜を調理したり、みんなで協力して片づけたり、自然に溶け込んで遊ぶことは、子どもの心に良い影響を与えるようです。



■それでも深刻な日本の子どもの“自尊感情の低さ”

とはいえ、同調査では気になる結果も……。4か国の自尊感情を比較すると、日本の高校生の自尊感情が他国と比較して著しく低いのです。

日本の自然体験を多くしたグループは、1,844人中168人で、自尊感情が高い生徒の割合は、16.1%。残り1,676人の自尊感情が高い生徒の割合はなんと4%を切っています。計算したところ、4か国の高校生、合計7,645人の平均は20%程度ですから、日本の高校生の自尊感情の低さは深刻です。

“テストの点数”や“特定のスポーツが得意かどうか”“活発かどうか”が評価の大きなポイントとなることの多い日本の学校では、どうしても自信や居場所をなくしてしまう子どももいます。

そのため幼少期からアウトドアに限らず、課外活動や子どもの遊び場で大人からの評価から自由になって、いろんな体験を積んでおくことは自分に自信を持つきっかけになるのかもしれませんね。
関連記事

edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: 家族・男女・恋愛支援

電話・メールをいつ、受け取るかということ 

2015/10/06 Tue.

今は携帯電話が主流ですね。
一昔前は、家の電話がないと、クレジットも組めませんでしたが今は携帯があれば大丈夫ですね。

しかし・・・
いつ、受け取るか?

ということです。

私はお教室をやっていますのでメールなどは24時間請負っています。

しかし、携帯が鳴ってほしくない場所ではサイレントモードにしています。

当たり前ですよね

受け取る側に、主導権があるのです。
これを間違えると・・・

「何で電話に出ないんだ?!」

「すぐにかけなおせ!!」


もちろん、親の死に目や、
仕事でかかってくるだろうと予測できる場合、
明らかにこれからかかってくるという約束をしてある状況

これらの時はいつでも出られるようにしておきますよね。
死に目は予測できませんが。

これらを間違えて解釈し、自分の都合だけで相手に電話に出ることを強要する場合、

精神的虐待(DV)

となります。

これを未成年の相手にしたら、通報される対象ともなるということですね。
また、家族間の場合、子どもの前でそれをした場合も通報され、逮捕される要因ともなります。

結婚前であっても、ご自分の身近な人がこんなであればすぐに関係を断つことをおすすめします。




関連記事

edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: さくらいちご幼児教室の様子

アスペルガー症候群のかわいい女の子の教育 7 完結 

2015/10/15 Thu.

お久しぶりになってしまいました。
デリケートな問題なので気軽に書けないのです。

現在幼稚園年少さんです。4歳です。
先日の発達テストでは、言語が110にまで伸びました。
医師の診断では、広汎性発達障がいとのことでした。

私との出会いは、3歳になったばかりの頃でした。
入園などの進路については、私の方からは、
・年中から入園させるか、お母さんが頑張れるなら年長から
・保育園に年中から入れ、週3ほどのペースでの集団生活にし、基本的に自由保育での教育
をとおすすめしていました。


親御さんの考えは、
・やはり下の子も居ますし、自由遊びが複数の子どもを連れて実行しにくい
・園生活で、補助の先生がついている状況であるが、運動会などで順番に並ぶことができたたけでもすごくうれしい・成長を感じる
・年長からは、公立の幼稚園に入れるかもしれない(周りにそういった家庭が多いためでしょう)

とのことです。


当然親御さんだけでなく、親御さんの祖父母なども居ますし、このご家庭ではまず周りから離れて園に入れないで教育するという考えには及ばないようでした。
私にできることはすべてやらせていただきましたし、私の知っている限りの情報もお伝えしました。
あとの選択は、ご家庭になります。

この教育をどう生かすかはご家庭によりますので、私にはこれ以上は何もいえません。

突き放しているように感じるかもしれませんが、そういう意味ではなく私一人でやっている教育ですのでそうするしかないのです。

私も3人、同時に自由保育をしてきましたからその自負はあります。


とりあえずその状況の中で実行してもらっていることが、
・休日の外遊び
・幼稚園後の外遊び2時間ほど(住宅街の中の公園が中心)
・電池を使わない室内遊び、TVをあまりつけない
・車のDVDはつけない

です。
幼稚園や、市の教育委員会とも面談をされているようです。
私にもここの面談に参加してほしいとおっしゃっていましたが、ただでさえ幼稚園などに、
こんな教育、幼稚園を休んでまで行ってほしくないなどと面と向かって言われる状況で、私も”仕事”だけしていれば勝手にごはんが出てくる生活でもありませんし、私の子どもの世話も私以外居ませんから、今の状況では有識者との面談はお断りしました。

人と違う事をするという事は、嫌われてなんぼですからね。気にもしていませんが、守るものが男性のように仕事だけではないからということです。仕事だけに没頭できる状況になれば色々広げていきますよ。


今の女の子の状況は、幼稚園で周りに刺激され、模倣がうまいので言語も上がっているようでした。
後は、その中身ですね。模倣だけでは足りませんから、行動1つ1つの意味を伴わないと、洗脳や暗示にかかりやすいままです。
病院では、視覚支援を勧められたようですが、どうして視覚にたよるかと言えば、話言葉の理解が苦手であったし、意味を伴わない生活ですから資格に頼るしかないのです。

だからと言って、4歳の時点で視覚支援だけでは不十分ですよね。
視覚支援ができたのは、話し言葉の理解を苦手なまま成長させたり、意味を伴わない、周りが喜ぶだけのABAをした結果、
意味を伴わない毎日の生活になり、そのまま成長してしまい臨界期を過ぎてしまい、視覚支援しかなすすべがなくなった状態であるかなと思います。
困り感は、0歳からあるのではなく、生活環境によって強化されるものだと思っています。
(0歳からある困り感もあります。)
だから、強化されないうちに早いところ教育をしましょうというのが私の教育です。

教育の効果は、目には見えません。
これをやったからと言って、テストの点で表示されるわけでもないです。発達検査がありますけどね。
でも私はこの教育をしていきます。

とりあえず完結です。





関連記事

edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: さくらいちご幼児教室の様子

うれしい成長♪ しっかり遊び、子どもと向き合う親御さんたち 

2015/10/29 Thu.

こつこつ、外遊びと工夫した関わり方、工夫した室内遊びと頑張っておられる親御さんの子が、成長していくとすごくうれしいですね

成長が数字や目に見えてわかるとやりやすいのですが、それまでは悶々としやすいですよね。でも、それを乗り越えて毎日毎日、まーいにち、なんにもないやんとダメ出しされる自然公園に出かけて関わってくれたんだなあ~~と思うと本当にうれしいです。

また、通っている保育園や幼稚園なども巻き込んで、特別に外遊びをしてもらっている子もいます。
これは素晴らしいことですね!
もちろん親御さんに持病があるとか、どうしても抜けられない仕事を持っているなどがあれば、通いながら教育していくしかありませんから、できるだけ園をやめるようにとは言いません。

しかし、頑張れる範囲であれば、徐々に日数を減らし、時間を8時間から4時間に減らす・・・徐々に退園していく方向へとおすすめしている方も多いです。
託児が必要でしたら一時保育などを利用すれば良いですからね。

幼児期の1日は大人の何倍も貴重な時間なんです。
ランチしてる場合じゃないんですま、たまには良いですよ(笑)
これを理解しているかしていないかでも、子どもの予後は大きく変わるのでしょうね。







関連記事

edit

CM: 0
TB: --

page top

2015-10